美白成分、t-AMCHA(t-シクロアミノ酸誘導体)について


いつも鏡を見るたびに気になるシミやそばかす。

シミやそばかすのないきれいな肌にできたらなって思いませんか?


もう年齢も年齢だし…と思っている人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

思い立ったら早速シミやそばかすを退治する努力をしてみませんか?


シミやそばかすを退治するには、美白成分の入ったスキンケア用品を使ってみましょう。

今回は美白成分、「t-AMCHA(t-シクロアミノ酸)」についてご紹介します。



t-AMCHAってどんな成分?

t-AMCHA(t-シクロアミノ酸)とは、どのような成分でしょうか?詳しく見ていきましょう。

t-AMCHAとは?

t-AMCHAは美白効果のある成分で、「t-AMCHA(ティーアムチャ)」という読み方です。

t-AMCHAというのは資生堂の商標名で、「t-シクロアミノ酸」や「トラネキサム酸」のことを指します。


t-シクロアミノ酸はリン脂質に分類されるもので、大豆や卵黄などの原料から抽出されます。

美白効果の他に肌荒れを防ぐ効果もあり、これについては後ほど詳しく紹介します。

資生堂が開発した美白成分

t-AMCHAは大手化粧品メーカー、資生堂が開発した成分です。

2002年に厚生労働省より「美白有効成分」として認可を受けています。


厚生労働省より認可を受けている美白有効成分は20種類ほどありますが、実はこのうちの5つは、資生堂により開発された成分です。

<参考サイト>
成分に関する用語「美白有効成分」|資生堂


t-AMCHAの美容効果は?


(その1)美白効果

肌は紫外線を浴びると、肌を守ろうとメラニンを生成します。

このメラニンが分泌される際、脳からは紫外線を浴びたという情報伝達物質「プロスタグランジン」が分泌されます。


t-AMCHAには、このプロスタグランジンの生成を抑える働きがあります。

つまり、脳に「紫外線を浴びた」という情報が伝わらなくなるため、メラニンの生成が抑えられるのです。


またt-AMCHAは、女性ホルモンの影響でできる「肝斑(かんぱん)」にも効果があります。

肝斑に効果のある美容成分はかなり限られているため、レーザー治療などを受けたくない女性にとっては、かなり嬉しい効果ですね。

(その2)肌荒れ防止効果

t-AMCHAには、肌荒れを防ぐ効果もあります。

肌荒れを引き起こす物質のひとつに、「プラスミン」というタンパク質分解酵素があります。


t-AMCHAにはプラスミンの生成を抑制する働きがあるので、ニキビや肌荒れの予防にも効果が期待できます。

また乾燥肌の予防にもなるため、肌のバリア機能が高まり、健康的な肌を保てるようになります。


t-AMCHAに副作用はある?


最後に、t-AMCHAの副作用について確認しましょう。

副作用は「ほとんどない」?

t-AMCHAの副作用については、これまで重大なものは報告されていません。

資生堂により成分が開発された際のレポートでも、「3か月の使用テストにおいて、副作用は全く認められなかった」としています。


<参考サイト>
新規有効成分「t-AMCHA」の開発|資生堂


ただしこの成分に関しては公開されている情報が非常に少ないため、注意が必要です。

資生堂で開発されたt-AMCHAですが、現在は「4MSK」や「m-トラネキサム酸」を主成分とした化粧品が主力となっており、t-AMCHAを配合した化粧品は現在販売されていません。


以上、美白成分「t-AMCHA」について紹介しました。

美白におすすめの化粧品は、下記のサイトでも多数紹介されていますので、ぜひ参考にしてみてください。


<美白成分、t-AMCHAについて まとめ>

  • t-AMCHAは資生堂が開発した美白成分で、「t-シクロアミノ酸誘導体」を指す
  • 厚生労働省から認可を受けている「美容有効成分」
  • t-AMCHAはプロスタグランジンの分泌を抑えるため、メラニンの生成が抑制される
  • t-AMCHAは肝斑にも効果が期待できる
  • t-AMCHAには美白効果の他に、肌荒れを防ぐ効果もある