色白は要注意?日焼けしやすい肌質の方のための美白対策!



特に夏場は日差しが強く、日焼け止めや日傘・帽子で日差しカットをする女性も多く見受けられますよね。しかし、日焼けをしやすい肌・しにくい肌があるのをご存知でしょうか?

間違った解釈によって日焼けを許してしまう恐れがあるので、美白肌を導くためにも、正しい日焼け対策について知っておきたいところです。

日焼けしやすい体質の人は要必見!ここでは、紫外線に特に注意したい肌質について、また正しい日焼け対策をまとめてみました。


日焼けしやすいのはどんな肌質の人?



年々キツくなる紫外線をいかに浴びないか皆さん工夫されていると思いますが、そもそもどんな肌質の方が焼けやすいのでしょうか?

1.日焼けのタイプは2種類ある

日焼けのことをおさらいしますと、「サンバーン」と言われる紫外線B派(UVB)が皮膚に炎症を起こさせることと、「サンタン」と言われる紫外線A派(UVA)が瞬時に肌を黒くすることの2種類があります。

多分皆さんは後者側を日焼けと認識している方が多いですが、黒くなるのは身体が素直な反応を起こしている証拠なので、サンタンを起こすタイプは寧ろ健康的で良いことです。


というのも、紫外線を浴びると皮膚はそのダメージを緩和するためにメラニン色素を増やします。メラニン色素はシミの元でありますが、実際には紫外線の影響を抑えるために存在しているのです。

そのため、サンタンの状態は、皮膚が正常に機能していることになります。


対して、黒くならず赤く炎症を起こすタイプのサンバーンは、メラニン色素が作られないため、紫外線のダメージをダイレクトに受けることになります。

白人など色白の人ほど、サンバーンは起こりやすいと言えます。


まとめると、日焼けしやすいのはサンタンを起こすタイプですが、後々シミやシワなど日焼けによる悪影響を受けやすいのはサンバーンを起こすタイプとなります。

2.日焼けしやすい肌質は?

日焼けの定義がわかったところで、次は肌質です。日焼けしやすい肌質は、ずばり乾燥肌です。

日焼けは紫外線により起こりますが防ぐためには日焼け止めを塗りますよね。実はその日焼け止めが肌を乾燥させる原因になっているのです。日焼け止めには、落ちにくいように皮脂や汗のベタつきを抑える働きがあります。


その為、皮脂のコーティングが少ないので、肌の水分が逃げやすくパサパサになりやすくなるのです。肌が乾燥すると、紫外線の刺激を受けやすく、より日焼けしやすい肌になり、悪循環が生まれます。

なので、肌質改善が日焼け防止に繋がるので、「夏だから」「皮脂が出やすいから」で肌ケアを疎かにせず、常に保湿をしっかりして潤い肌をキープしましょう。


日焼けしにくい肌質になるための美白対策とは?

日焼けする・しないのメカニズムがわかったところで、どうしたら日焼けしにくい肌質になるのか気になるところですよね。

そこで色々な対策や効果をまとめてみました。

1.日焼けしにくくする為には?



日焼け対策でまず重要なのが肌質改善です。特に乾燥肌の方はいくら日焼け止めを塗っても、肌に水分がない為紫外線を吸収してしまい、結果黒くなったりシミシワの原因になります。

保湿成分がたっぷり配合された化粧水を肌に染み込ませることで、内側から潤い紫外線に強い肌が出来上がるので、季節問わず保水・保湿をしっかりと行うことが大切です。


また、日焼け止めは一度塗ったとしても汗や皮脂で流れてしまうので、こまめに塗り直すことを心掛けて下さい。

大体2〜3時間置きが理想とされていますが、もし塗り直すのが手間だなって方は、UVカットのパウダーも販売されているので、軽く上から叩くだけでも違います。メイク直しの際に行うことで、より防御率の高い肌へと変わりますよ。


後、日焼けを大きく左右するメラニン色素が肌に残らないように、肌のターンオーバを促すことも、日焼け防止に繋がります。

例えば、夏でも冷えないように湯船で身体を温めたり、マッサージで血流を良くしたりと血の巡りを良くするだけで、ターンオーバーが促せます。

2.日焼け防止効果のある成分は?



日焼け対策は日焼け止めを塗るだけではありません。

実はある栄養素を摂取することで、日焼け防止に繋がり、結果焼けにくい体質に変化させることが出来ます。

ちなみに日焼け防止に良いとされる成分は、

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE

と言われています。


ビタミンAやビタミンEには抗酸化作用が含まれており、肌に悪影響を及ぼす活性酸素を除去する働きを持っています。シミやシワ等、肌を老化させる原因である為、摂取するだけで若々しい肌へと変わります。

また、ビタミンCは美肌に必須な成分です。日焼けの原因であるメラニン色素を減少させる効果もあり、尚且つ肌にハリツヤをもたらしてくれるので、積極的に摂取しましょう!

3.美白化粧品の選び方



日焼けしにくい肌にする為にスキンケアは必須ですが、より白肌にするには美白化粧品を使うと効果が高まります!

そこで、肌作りに必要な美白化粧品を選ぶポイントや効果等ご紹介致します!

ポイントは、

  • 保湿力の高いもの
  • ビタミンC誘導体配合のもの
  • 刺激が少ないもの

です。

保湿は日焼けしにくくする為に非常に重要なポイントです。

特にセラミドやコラーゲン・ヒアルロン酸等の保湿成分がたっぷりと含まれた化粧水や美容液で肌ケアをすることで、潤いを閉じ込めることが出来、日焼け止めの効果を最大限に高めることが出来ます。


また、ビタミンC誘導体配合のものを使用することで、シミやシワを緩和する働きが得られるのと、メラニン色素を減少させる働きもあるので、炎症を抑えたりサンタンにより黒く焼けた肌も元の肌の色に戻るよう促してくれます。

刺激が少ないものと言うのは、例えばアルコールや着色料のような肌に刺激を与える成分が入っていないことです。


紫外線を浴びることで、肌はかなりのダメージを受ける訳なので、ケアする化粧品に刺激があるとより赤みが酷くなったり、腫れ上がったりしてしまう可能性があります。

そうならない為にも、成分表記を確認してから化粧品を選ぶことをオススメします。

<日焼けしやすい肌質の方のための美白対策!まとめ>

  • 日焼けにはサンバーンとサンタンの2種類ある
  • 黒く焼けてしまうより、赤みが出てしまう方がシミ・シワを引き起こしやすい
  • 実は、色白の方が日焼けによるダメージが大きい
  • 乾燥肌だと日焼け止め効果は軽減してしまう
  • 日焼け対策に必要なのは、保湿とビタミン補給
  • 色白肌になるなら、美白化粧品が一番有効的!