花王が開発した美白成分「カモミラET」とは?



美白化粧品などスキンケア商品の成分表示でよく目にするものに、「カミツレエキス」があります。

これは、大手メーカーの花王が植物のカミツレから開発した人工成分であり、正式名を「カモミラET」といいます。


このカモミラETには、注目すべき美白作用が認められています。様々な美白成分が存在しそれぞれ美白へのアプローチは異なっていますが、カモミラETの作用は、よりシミの大元に迫るものなのです。

そんなカモミラETとはどのような成分なのか、その美白・美容への効果の詳細や、副作用などのリスク面についてもチェックし、美白ケアに生かしてください。


カモミラETってどんな成分なの?


カミツレという植物から抽出

花王によって発見されたカモミラETは、カミツレ葉から抽出される成分です。「カモミラETを知らなかった」という方もいるかもしれませんが、これは同じ成分でも呼び名が統一されていないためです。

開発元である花王やそのグループ企業の商品で使用される際には「カモミラET」と表記され、花王以外の企業商品であれば「カミツレエキス」といった名称で表記されます。この名前であれば、見覚えがあるのではないでしょうか。

カミツレというのは日本名で、英語ではカモミールやカモマイル、フランス語ではカモミーユと呼ばれています。ハーブのカモミールティーや、アロマオイルとしてよく知られていますよね。白い花びらの可憐な花がイメージできる方も多いと思います。

様々な作用を持つハーブ・カミツレ

カミツレエキスは、カモミールの花、茎、葉などを混ぜたものから抽出する有効成分であり、さらに分解していくと、カマズレン、アズレン、フラボノイド、ビサボロールなどの成分から構成されます。

カマズレン、アズレン、ビサボロールには抗炎症作用、フラボノイドには抗酸化作用があり、さらにビサボロールには、抗刺激・抗菌作用が認められます。


よってこれらを含むカミツレエキスにも、炎症を鎮め、酸化・刺激・菌の増殖を防ぐ働きがあるほか、保湿、血行促進といった効果、さらには美白効果が期待できます。

アトピーなどのアレルギー性皮膚炎に良いほか、保湿作用が肌のバリア機能を高め、血行促進作用が毛穴の引き締め、痒みや日焼け予防など、美肌に役立ちます。


植物由来で刺激が少なく安全性が高いため、カモミラET・カミツレエキスは多くの化粧品に利用されていますが、キク科の植物なので、菊にアレルギーがある方は注意が必要です。


美白・美容への効果は?


シミを作る指令そのものをブロック

カモミラETは、厚生労働省にその効果を認められた美白成分であり、他の美白成分とはちょっと違ったアプローチで美白をもたらす点が特徴的です。

日焼けのダメージを受けると、皮膚ではメラニン色素を作る指令が出されます。肌を黒くすることでその下の皮膚組織をさらなるダメージから守るためです。


メラニンが大量に作られても、肌のターンオーバーによって定期的に排出されていけば、また元の白い肌に戻っていきますが、排出されないまま沈着するとシミになってしまいます。

カモミラETは、紫外線を浴びた際にメラニンを作るように指令を出す物質・エンドセリンの働きを阻害します。これにより、メラニンを作れという指令そのものがなかったことになり、シミの元が生成されるのを防いでくれます。


これは、「浴びてしまった紫外線をなかったことにしてくれる」と見ることもできます。紫外線は雲や窓を通過して、曇りの日も室内にいても、一年中降り注いでおり、常に肌ダメージの心配があることを考えると、このカモミラETの働きは美白にとって理想的と言えますね。

肌のターンオーバーを促進

カモミラETには、シミの予防だけでなく、出来てしまったシミの改善効果も期待できます。カモミラETの持つ肌のターンオーバーを促す作用によって、シミの元が古い角質とともに剥がれ落ちていき、少しずつ、白く美しい肌に近づけてくれます。

その他の美容効果は?

先に挙げたカモミラETの抗酸化作用はアンチエイジングをサポートし、抗炎症作用によって肌荒れ改善を期待できます。血行の促進によって肌に栄養が行き届けば美肌に役立ちますし、美白にとって欠かせない保湿機能があるのも嬉しいですね。


リスクや副作用はあるの?


副作用はないがアレルギーに注意

植物由来の成分であるカモミラETには、副作用の心配はなく安心して利用することができます。コスメやハンドクリームなど、様々な商品に広く配合されていることからも、その安全性の高さが伺えます。

しかし体質によっては、アレルギー反応が出て赤くなる、腫れる、湿疹が出るといった可能性がないわけではありません。使ってみて少しでも反応がある場合には、すぐに使用を止めるようにし、悪化する場合皮膚科を受診しましょう。

美白成分として重宝されるカモミラETですが、あまり安価な製品であったり品質が怪しいものでは、成分が純粋でなくそのような肌トラブルが起きやすくなります。安心して使用できる正規品を選ぶことも大切です。

入浴剤としても利用できるカミツレエキス

美白化粧品で利用するのも効果的ですが、入浴剤に利用すると全身の肌ケアに役立ちます。水に乾燥したカミツレを入れて火にかけ、沸騰したら火を止めて10分ほど蒸らして葉を捨てれば、カミツレエキスの出来上がりです。

150~200ml程度を目安にして、浴槽に混ぜてください。


煮出さなくても、カミツレの葉を目の細かいネットに入れてそのまま浴槽に浮かべるのもいいですね。カミツレの入浴剤で、すべすべの美白肌を手に入れましょう。

カモミラETをはじめとした美白成分の効果は、美白化粧品での日々のお手入れで試してみてください。ネットの口コミサイトで、安心して使えるカモミラET(カミツレエキス)配合の美白化粧品を探してみてはいかがですか?

<カモミラET(カミツレエキス)の美白効果とリスク・副作用について まとめ>

  • 花王が開発した植物由来成分
  • 美白効果の他、抗炎症、抗酸化、抗菌など様々な効能
  • メラニンを作る指示を出すエンドセリンを阻害
  • ターンオーバーを促し既存のシミにも効果
  • 副作用のリスクはないがアレルギーに注意
  • 美白化粧品や入浴剤でも利用できる