【美容成分代表!】ヒアルロン酸の美白効果や摂取法は?



美白ケアの商品を探していて「ヒアルロン酸配合」の化粧品が気になる方もいると思います。ヒアルロン酸といえばトロンとしたテクスチャーで保湿成分といったイメージが強いですが、美白にも効果が認められていることをご存知でしょうか。

ここでは、そもそもヒアルロン酸はどんな成分なのか、簡単に解説いたします。気になるその美白効果や効果的な摂取方法についても見ていきましょう。


ヒアルロン酸の正体とは?!

ヒアルロン酸は、1934年にアメリカの大学教授によって発見され、牛の硝子体(hyaloid)に存在していたことから、hyaluronic acid=ヒアルロン酸と名付けられました。

体内にも存在する成分!

ヒアルロン酸は人の体内においても、あちこちに存在する多糖類の1種であり、特に眼球の硝子体、水晶体のほか臍帯や関節軟骨、皮膚などに多く含まれます。

粘度の高いゲル状で、無色透明の液体であるヒアルロン酸水溶液は、例えば関節液内では、骨をなめらかに動かすための潤滑剤として働いています。

代表的な美容効果はこれ!

肌において注目されるのは、ヒアルロン酸の「ハリ」を保つ作用です。

ヒアルロン酸には、1gあたり6リットルもの水分を保持する「保水力」があります。真皮では、コラーゲンやエラスチンなど皮膚の間に存在し、たっぷりの水分を蓄える役割を担っています。

そしてコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸の3つの成分によって、肌にハリ・弾力が生まれます。そのため、若々しい肌をキープするには、3つの美容成分を補う必要があります。

<関連記事>
美白とコラーゲンが関係あるって本当?


ヒアルロン酸には高い保水力があり、アンチエイジングに欠かせない成分であることがわかりました。ですが、本題である「美白」への効果についてはまだ触れられていませんでしたね。

次では、ヒアルロン酸がもたらす美白への作用について見ていきます。


ヒアルロン酸がもたらす美白への作用は?


代謝を活性化させてメラニン排出を促す!

ヒアルロン酸の高い保水力は、温度や湿度などの外的環境の影響を受けにくく、美白の大敵である乾燥から肌を守るのに役立ちます。

年齢とともに乾燥は悪化し、肌のターンオーバーのサイクルが長くなってメラニンが蓄積されずにシミとして沈着してしまいます。しかし、ヒアルロン酸により潤いが保たれることでそのサイクルは整い、メラニン排出を促してシミの解消や予防につながるのです。

つまり、ヒアルロン酸を補うことで、シミの発生しにくい肌環境に整えることができるのです。

<関連記事>
【お肌の生まれ変わり】ターンオーバーと美白・シミの関係


ヒアルロン酸を摂取するにはどんな方法がある?

人体内のヒアルロン酸の量は赤ちゃんの時が最も多く、30代を過ぎるとどんどん減り始め、40代では最高時の約半分にまで減少してしまいます。

赤ちゃんのスベスベでハリのある肌が、高齢になるにつれてハリがなくなり、シワやたるみができ、肌がよりくすんで見えてしまうのは、ヒアルロン酸減少が大きく影響しています。高齢になると関節痛が増えてくるのも同じ理由です。


そのため、美容や健康のためにも、意識的にヒアルロン酸を摂取する必要があるのです。

(1)食事から



ヒアルロン酸は食べ物から摂取することができます。鶏の軟骨や豚足、鮭やフカヒレ、うなぎなどの動物性食品の他、ヤマイモや納豆、もずくなどネバネバが特徴の野菜にも多く含まれています。

このように、身近な食材から摂取することができますが、食材に含まれるヒアルロン酸は分子が大きいので、体内で吸収されにくいといったデメリットもあります。

<関連記事>
美白対策、シミ改善に良い食材と注意したい食材は?

(2)サプリメントから

サプリの場合、体内に吸収されやすいように低分化やナノ化したヒアルロン酸が配合されています。ヒアルロン酸を効率的に摂取したいのであれば、食材からではなくサプリがおすすめです。

ただ、サプリも色々な種類があり、高分子のままのヒアルロン酸が使用された質の悪いものもあります。体内への吸収力を第一に考えるのであれば、少々値は張っても低分子化やナノ化されたサプリを選びましょう。

(3)化粧品から



お肌にダイレクトに働きかけてくれるのが化粧品です。やはり化粧品の場合も、低分子化されたヒアルロン酸が用いられているかどうかが、重要なポイントになります。

高分子のままでは、肌内部までヒアルロン酸が浸透されずお肌の潤いを高めることができません。低分子であれば、角質内部にまで浸透することができるため、あらゆる肌トラブルの改善に役立つでしょう。


また、ヒアルロン酸の作用は、コラーゲンやエラスチンによって影響を受けます。美白のためにヒアルロン酸を摂取するならば、コラーゲンやエラスチン、ビタミン類と一緒に摂ることでさらに美白効果を高めることができます。

下記サイトでは、ヒアルロン酸やその他美容成分配合のものを含む、おすすめの美白化粧品を紹介しています。ランキングページをぜひ参考にしてみてください。

<【美容成分代表!】ヒアルロン酸の美白効果や摂取法は?まとめ>

  • ヒアルロン酸は、筋肉や軟骨、皮膚など体内に多く存在する物質
  • 高い保水力があり、コラーゲンやエラスチンと一緒に美肌を作る成分
  • 皮膚の乾燥を防いで代謝を促すことでシミの発生を予防する
  • 食事やサプリ、化粧品から摂取することができる
  • 角質内部まで浸透させるには、低分子化ヒアルロン酸配合のものを選びましょう!