今年こそ美白デビュー!色黒・地黒を色白にする方法は?



同じ日本人でも色白の方もいれば、逆に色黒・地黒の方もいます。お肌の色が黒めだと「本当に美白なんてできるのだろうか」「どうせ色黒だから・・・」と考えてしまうかもしれません。

色白を美肌と捉える方が多い風潮から、自身が色黒・地黒であることを長い間コンプレックスに感じてきた方もいるのではないでしょうか。しかしそんな方こそ、色白を目指して頑張りたい気持ちも強いですよね。

肌色が黒くなる原因はいくつかあり、原因への対策をすることで色白を目指すことは可能です。また、できるだけ色白に見せるメイクやファッションにはコツがあります。美白を目指す色黒・地黒の方に役立つ情報をまとめていきます。


「人より黒いのが悩み・・・」色黒・地黒の原因とは?


メラニン量の違い

遺伝的な原因として、メラニン量の違いがあります。人種で見れば、黒人はメラニン量が多く白人はメラニン量が少ないのです。色黒・地黒の方も、もともと持っているメラニン量が多い可能性があります。

メラニン量が多いことは、色白にとってはハードルとなりますが、肌の健康にとっては大きなメリットとなります。

そもそもメラニン色素は肌を紫外線などのダメージから守るために存在するものです。色黒・地黒の方の肌はダメージに強く、日焼け跡が悪化するリスクや、シミ、シワなどができるリスクが少ないと言えます。

ちょっとした日焼けの蓄積

メラニン量はそれほど多くなくても、日常生活の積み重ねの中で少しずつの日焼けダメージが積み重なって、本来の肌以上に色黒になっている可能性があります。

洗濯を干している間や近所への買い物、ゴミ出しなどのちょっとした外出でも、紫外線の影響を受けます。環境では海や山に住んでいる場合、普段から紫外線量が多めになっているかもしれません。

生活習慣の影響



美白に悪影響を及ぼす生活習慣を続けた結果、地黒・色黒に見えてしまっていることがあります。例えば、肌の新陳代謝に欠かせない睡眠をおろそかにしていませんか?睡眠不足や睡眠の質の低下は肌をくすませます。

メイクは毎日きちんとクレンジングしていますか?仕事や遊びで帰宅が遅くなり、疲れたから今日はこのまま寝てしまおう・・・とメイクしたままで眠ると、毛穴に詰まった化粧品が酸化し、汚れとなって顔を黒ずませてしまいます。


そのほか、運動不足や冷えが原因で血行不良になり、肌色がくすんで黒く見えている可能性も考えられます。

こんな方は美白効果の期待大!

新陳代謝の周期は健康な肌でも約1ヶ月と長めで、美白ケアを始めればすぐに肌色が変わっていくということはありませんが、色黒になりがちな原因を減らし美白ケアを続けていくことで、肌色の変化を期待することはできます。

特に下記のような特徴に当てはまるほど、美白への効果がはできると言えるでしょう。

  • 露出している肌と、二の腕や腹部など隠れている肌の色が違う
  • 日焼けしている
  • 乾燥肌である
  • 肌のキメが乱れがち
  • 野菜や果物を普段食べない
  • 日焼け止めを使っていない
  • スキンケアに注意を払わない
  • 美白化粧品を使っていない


色黒・地黒さん必見!色白見せメイクとファッション


色白に見せるメイクのポイント

色黒・地黒の状態で単純にファンデーションの色を白めにすると、顔が浮いて見えてしまいます。色を白くするというより、「透明感を引き出す」ことを意識してみてください。

まず、メイク前にはマッサージで顔の血行を良くします。肌に余計な摩擦を与えないようクリームを使い、手のひらや指の腹で優しくマッサージすることで、血行ぐすみを防ぎます。


透明感を引き出すメイク下地・コントロールカラーのおすすめはブルー系です。白くなり過ぎないように薄付きにします。

目指すのは、陶器肌の透明感。ファンデーションの色は顔と首の間の色を、ツヤ感のあるものよりマットなものを選びます。最後に、細かいパールが入ったハイライトを軽く入れて、顔を明るく見せます。ハイライトを加えることで、淡い色のポイントメイクがなじみやすくなる効果があります。

色白見せファッションのポイント

色は、合わせる色によって見え方が大きく変わります。例えば灰色は、周りを白で囲めばより暗く、周りを黒で囲めばより明るく見えます。同じ灰色でも、合わせる色で視覚的に錯覚を起こさせているのです。

色黒・地黒が気になる方は、明るく鮮やかなビタミンカラーよりも、深みのあるシックな色の衣類を合わせることで顔色が明るく白めに見えます。

もちろん明るい色の服を着たい日もあるでしょうから、ショッピングで色を決める時の参考にしたり、「この日はどうしても色白に見せたい」という特別な日に、このポイントを意識してみてください。


色黒・地黒さんにおすすめの美白ケアをご紹介!



まず、これ以上日焼けをしないように、日焼け止めを正しく使い、帽子や日傘なども利用して日焼けをしっかり防ぎます。そのうえで美白化粧品を使って、肌を黒くする要因を減らしていきましょう。

色黒・地黒さんにおすすめの美白成分

元々多めのメラニン量をこれ以上増やさないように、メラニン生成を防いでくれる成分が理想的です。メラニン生成をブロックする成分には、ハイドロキノンやアルブチン、ルシノールなどがあります。

ただしハイドロキノンなど美白作用が高いものは、肌への負担も大きくなります。肌質や商品によっては肌トラブルにつながりかねないため、慎重に商品を選ぶようにしてください。


高い抗酸化作用をもつビタミンC誘導体もおすすめです。紫外線や大気汚染のダメージ、さらにストレスなど様々な要因で発生する活性酸素は、肌トラブルの大きな原因です。活性酸素を減らすには、美白化粧品で抗酸化成分を補うと効果的です。

抗酸化作用とともに肌のターンオーバーを促すエラグ酸や、新しい肌細胞の生成に役立つプラセンタエキスは、黒ずんでしまった肌を、新しくより白い肌へと生まれ変わらせてくれます。

保湿も大切に

お風呂上りの肌は角質が水分で満たされ、透明感が増します。潤った肌はキメが整い、光が乱反射して色白に見えるのです。地黒・色黒の肌でも、保湿が美白のカギになります。

また、美白成分は潤った肌に良く浸透します。入浴後は、すぐに化粧水で十分に保湿してから美白化粧品を使いましょう。美白成分と一緒に保湿成分の入った化粧品なら、より潤いが増します。

例えばメラニン生成をブロックしつつ、保湿・血行促進作用もあるカモミラETは、血行ぐすみも防いでくれます。

体の中からの美白法



抗酸化物質は食べ物からも取り入れることができます。抗酸化作用が高い成分と言えば、果物や野菜に豊富に含まれるビタミンCが有名ですが、その食べ方にはポイントがあります。

紫外線に反応し吸収しやすくしてしまう「ソラレン」がビタミンCと一緒に入っている食材を朝に摂ってしまうと、昼間の紫外線のダメージが増える可能性があります。


ソラレンを含むレモンやオレンジ、グレープフルーツ、キウィ、きゅうり、人参、セロリなどは、朝よりも夜に摂るようにすると安心です。

またビタミンCは、ビタミンACE(エース)という言葉があるように、ビタミンA・Eと一緒に摂ることで相乗効果が見られます。肌のアンチエイジングに役立つビタミンEはアボカドやうなぎ、アーモンド、モロヘイヤなどに、ターンオーバーを促すビタミンAはレバーや人参、卵、春菊などに含まれます。


肌代謝のためには、成長ホルモンの分泌が盛んになる睡眠時間とその質を大切にしたいですね。昼間はたっぷりと太陽光を浴びることで、睡眠の質を上げてくれるメラトニンの元・セロトニンを分泌させます。

就寝の2時間前には食事を済ませ、寝る前はテレビや携帯のライトを浴びないようにしてリラックスできるように工夫し、眠りにつきましょう。


色黒の肌は一朝一夕に白くできるわけではありませんが、正しい美白ケアや生活習慣を続けることで、少しずつ肌が変わってくるはずです。以上のおすすめ情報を参考に美白化粧品を探すなら、ネットの口コミサイトが役に立ちます。

<色黒・地黒を美白にする方法は?・まとめ>

  • メラニン量の多さや、少しの日焼けの蓄積などが色黒の原因
  • 睡眠、運動の不足や血行不良も肌色を黒く見せる
  • メイクは透明感のある陶器肌をつくるのがポイント
  • 深みのあるシックな衣服が顔を明るく見せる
  • 美白化粧品の前にしっかり保湿を
  • 理想の肌をイメージして美白ケアを習慣に