アラフォーのシミ対策、新陳代謝を上げる



一般的に30歳を過ぎた頃からシミが気になり始める人が多いようですが、40歳前後になると、さらにシミが濃くなったように感じる、という方も少なくありません。アラフォーになるとシミが濃くなるのには、肌の新陳代謝が大きく関係しています。

原因を知り対策することで、アラフォーを過ぎても美白を維持できるようにしておきましょう。肌の新陳代謝=ターンオーバーとは、肌の古い細胞が新しい細胞に入れ替わる現象を指します。新しい肌は、表皮のさらに奥の基底層で生まれ、これが時間をかけて少しずつ変化しながら育ちます。


新しい肌に押し上げられた古い細胞は、角質となって剥がれ落ち、肌が生まれ変わる、という流れです。個人差はありますが、20代の健康な肌では、基底層で生まれた肌が角質層に届くまでには、約28日間かかると言われます。

人体の器官は、年齢を重ねるに従ってそれぞれに老化していくものですが、肌もそのひとつ。老化現象の一部として、35歳前後から肌の新陳代謝サイクルが遅くなっていき、40歳を過ぎる頃には、生まれ変わりまでに約40日間かかるようになるのです。

新陳代謝が遅れると、メラニン色素が肌に蓄積されたまま排泄できず、表皮に沈着してシミとなってしまいます。また、このターンオーバー促進や肌の保湿作用を持つ女性ホルモンの「エストロゲン」は、30代後半から急減する成分の一つであり、このこともターンオーバーの遅れに影響を与えていると考えられます。


新陳代謝の遅れによるシミを防ぐには、代謝をよくする生活習慣を心がけることが重要です。栄養バランスのとれた食生活を送り、適度な運動をすること、そしてぐっすりと眠るように心がけましょう。ストレスを溜めずに発散することも大切です。

そして普段からの紫外線対策も欠かせません。20代の頃には新陳代謝で排泄されていたメラニン色素ですが、ターンオーバーの遅れにより気づかないうちに肌の奥に蓄積しており、これがシミの元となって、アラフォーの頃に表皮へと現れてくるのです。


このシミの元自体を減らしておくことが、後の美白に違いをもたらします。「まだシミがないから大丈夫」と安心せず、きちんと紫外線対策をとってくださいね。

ビタミンCやコエンザイムQ10、ナイアシンなど、新陳代謝を促す作用をもつ成分配合の美白化粧品も多く、それらを利用することも効果的です。下記サイトでは、アラフォーの方にもおすすめの美白化粧品を紹介しています。参考にしてみてください。