シミ取りの美白成分、マグノリグナンの効果と副作用



年齢を重ねるほどにシミは増えていき、気になるようになります。いつの間にかシミの数が増え、濃くなったりして目立ちますし、シミがあると老けて見られがちになってしまいます。

そこで気になるのが美白化粧品ですが、何を基準に商品を選べばいいのか迷うことがありますよね。

ここでは、人気が高まっている美白成分のひとつ・マグノリグナンに注目し、どんな成分でどのような美白効果を期待できるのか、副作用の可能性や使用上の注意点をまとめます。


美白成分「マグのリグナン」とは

天然由来の化合物

マグノリグナンは、モクレン科の朴(ほお)の木の樹皮などに多く含まれる「フェノール性二量体」というポリフェノールの一種・マグノロールを安定化させた美白成分です。フェノール性二量体は、漢方の厚朴にも含まれています。

大手化粧品メーカーのカネボウがその効果に着目し、13年にわたる開発を経て、2005年に医薬部外品として認可されることとなり、様々な美白化粧品に配合されています。


マグノリグナンの美白効果とは


チロシナーゼの成熟を阻害

シミの元になるメラニン色素の生成で重要な役割を果たすのは、チロシナーゼという酵素です。紫外線ほかの刺激でメラノサイトが活性化すると、チロシナーゼも活性化します。

このチロシナーゼの働きにより、メラノサイトに移動して成長していたアミノ酸の一種・チロシンが、メラニンへと作り変えられます。


マグノリグナンには、このチロシナーゼの成熟そのものを阻害する作用があります。成長しなかったチロシナーゼはチロシンと結合することがないために、結果的にメラニンの発生を予防するのです。

美白成分で代表的なアルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ビタミンC誘導体、プラセンタエキスなどは、チロシナーゼに働きかけることでメラニン生成を抑制する仕組みを持っています。


これに対しマグノリグナンでは、チロシナーゼの成長自体を抑えることで、より早期の段階でのシミ予防に効果を発揮するのです。マグノリグナンは特に、軽度~中度のシミに対し優れた効果をもたらします。

肝斑の改善にも効果

30~40代の女性の頬に現れる独特なシミ・肝斑に効果がある成分といえばトラネキサム酸が有名ですが、マグノリグナンには、トラネキサム酸に匹敵する肝斑改善効果があるとされています。

肝斑は、紫外線などの刺激が原因のシミとは違い、妊娠中や避妊用ピルの服用時などに発生しやすいことから、ホルモンバランスの変化が原因ではないかと考えられています。


一般的な美白成分では肝斑の改善は期待できませんが、その他の成分とは異なるアプローチの美白効果があるマグノリグナンには、肝斑治療にも有効性が認められているのです。

美白化粧品を使っているのになかなかシミが消えない・・・というとき、そこには肝斑が混じっているのかもしれません。そんな場合にマグノリグナン配合の化粧品を使うことで、シミが改善する可能性があります。


マグノリグナン、副作用や使用上の注意点はある?



樹脂に含まれる天然成分から作られたマグノリグナンの安全性は高く、重篤な副作用の報告はありません。もともと人の肌に対し安全に使用できるように開発された成分であり、マグノリグナンを利用し続ける方が多いことからも、その安全性や効果の高さが伺えます。

肌質に合わないことも

いくら安全性が高い成分であっても、個人の肌質の差は大きく、肌に合わないという方もいます。まれではありますが、かぶれや肌荒れが生じる可能性がないわけではありません。症状が出たときには無理をせず使用を止め、ひどい場合には皮膚科で診てもらうようにしましょう。

「せっかくの化粧品がもったいない」と無理に使い続けると、かえって炎症性のシミを招いてしまうかもしれません。

白斑発生の可能性は?

美白化粧品といえばどうしても気になってしまうのが、社会的に問題となった「白斑被害」は起こらないのか、という点です。結論として、マグノリグナン単体で配合されている化粧品では、白斑被害を含めて副作用の報告はありません。

マグノリグナンは、先述の通りその他の美白成分とは異なるアプローチの美白作用を持ちます。そこで美白効果をより確かなものとするため、その他の美白成分と同時配合される傾向がありました。


白斑被害の原因となったロドデノールとマグノリグナンが同時配合された商品も多く、それらは回収対象となっているために「もしかしてマグノリグナンも」という不安が聞かれますが、マグノリグナンそのものは安全と考えてよいでしょう。

通常のシミだけでなく肝斑にも効果的なマグノリグナンですが、気になるシミがかなり濃い場合や、より確実に美白したいときには、マグノリグナンだけでなくその他の美白成分によって効果が強められた化粧品がおすすめです。


インターネットの美白化粧品サイトであれば、落ち着いて各商品の成分を比較しながら、自分に合った商品を選ぶことができて便利です。

<シミ取りの美白成分、マグノリグナンの効果と副作用・まとめ>

  • 朴の木の樹皮のポリフェノールを安定化した成分
  • チロシナーゼの成長を阻害することでメラニン生成を予防
  • 他の美白成分より早い段階でのシミ予防になる
  • マグノリグナンは肝斑にも効果的
  • 天然成分で安全性は高い
  • 肌質に合わない場合は無理をしない