美白成分「ビタミンCエチル」でシミ予防!



美白成分として有名なビタミンC誘導体の中でも、美白効果が「頭一つ抜き出ている」と言われるのが「ビタミンCエチル」です。

多くの美白化粧水、美白美容液に配合されている「ビタミンCエチル」とはどんな成分で、どこが優れているのかを詳しく解説します。


ビタミンCエチルってどんなもの?



ビタミンCエチルは、美白成分の「ビタミンC誘導体」の1種です。

ビタミンC誘導体の中でも、比較的新しく開発されたビタミンCエチルとはどんな成分なのでしょうか?

ビタミンC誘導体とは

ビタミンCエチルの説明の前に、「ビタミンC誘導体」について確認しておきましょう。

ビタミンC誘導体は、美白成分ビタミンCの弱点を改良した成分です。


ビタミンCには、メラニンの生成を抑制するなどの優れた美白作用がありますが、酸化しやすく、肌に浸透しにくい性質があり、そのままの形で肌に付けても効果がありません。

ビタミンCを「安定化」して「肌に浸透しやすくした」のがビタミンC誘導体です。


ビタミンC誘導体の美容・美白効果として認められているのは、1. チロシナーゼを阻害してメラニンの生成を抑制する、2. できたメラニンを漂白する、3. 皮膚の酸化(老化)を防ぐ、4. 皮脂の分泌を抑制する、5. コラーゲンの生成を促進する、などの作用です。

<関連記事>
美白成分、ビタミンC誘導体について

ビタミンC誘導体の中でのビタミンCエチルの位置づけ

ビタミンC誘導体には、水になじむ「水溶性」と油分になじむ「油溶性」、その両方になじむ「両親媒性(りょうしんばいせい)」の3種類があります。

化粧水や美容液に配合されるのは「水溶性」で、クリームに配合されるのが「油溶性」、乳液などに配合されるのが「両親媒性」です。


ビタミンCエチルは「水溶性ビタミンC誘導体」として、厚生労働省が認可した美白有効成分の1つです。

「薬用」や「医薬部外品」の表示がある化粧水や美容液に配合されています。


ビタミンCエチルは、ビタミンCの頭文字を取って「VCエチル」とも呼ばれ、成分表示では「「3-O-エチルアスコルビン酸」と表記されています。


ビタミンCエチルの特徴と効果



ビタミンCを改良したビタミンC誘導体にも、効果が出るまでに時間がかかるなどの弱点があります。

そういう弱点の多くをクリアしているのがビタミンCエチルです。

ビタミンCエチルの作用の特徴

1.即効性
ビタミンC誘導体の多くは、皮膚に浸透してから酵素によってビタミンCに変換されます。しかしビタミンCエチルはこの酵素反応を必要とせず、肌に塗った直後からビタミンCとしての美容効果を発揮します。


2.浸透力
ビタミンCエチルは、ビタミンC誘導体の中でも皮膚への浸透力が高いことが知られています。そのため表皮層の一番下にあるメラノサイト(色素細胞)に、成分が効果的に作用します。


3.持続性
通常ビタミンC誘導体は6~7時間で効力を失いますが、ビタミンCエチルは肌に浸透してからゆっくり代謝が進み、約72時間効力を保ちます。


4.安定性
ビタミンC誘導体は、酸化しやすく熱に弱いビタミンCの不安定性を改良したものです。その中でもビタミンCエチルは安定性に優れ、肌に塗ったあとに変質することなく効果を発揮します。

ビタミンCの含有量が多い

ビタミンCそのものは、もちろんビタミンCの含有量は100%ですが、それを改良したビタミンC誘導体は、安定度が高まる反面、同じ配合量ではビタミンCの含有量が少なくなります。しかしビタミンCエチルは、ビタミンCの含有量でも、他のビタミンC誘導体より勝っています。


例えば、ビタミンC誘導体の1つのVC-DG(ビスグリセリルアスコルビン酸のビタミンC含有率が49%なのに対して、ビタミンCエチルは86%ものビタミンCを含有しています。

そのためビタミンCエチルは、比較的少ない配合量で高い美白効果が期待でき、肌への負担やリスクを減らすことが可能です。

ビタミンCエチルの優れた美白効果

ビタミンCエチルは、ビタミンC誘導体の中でも最も美白効果が優れた成分とされています。

その理由は、ビタミンC誘導体の「メラニン生成の抑制作用」と「メラニン色素還元作用」に加えて、「紫外線UVA波のメラニン黒色化作用を阻害する」働きがあります。


UVAが黒い日焼けを作るのは、メラニン前駆体と呼ばれる無色メラニンを重ね合わさることで黒色化させるからです。

ビタミンCエチルはこの作用を阻害する、他のビタミンC誘導体にはない性質を持っています。


ビタミンCエチルは、上記の3つのメラニン抑制作用で、シミの予防はもちろん、できてしまったシミの解消にも効果が期待できます。

強い抗酸化作用

ビタミンCエチルは、浸透力・持続力の高さによって、ビタミンC誘導体の中でもとくにすぐれた抗酸化作用を発揮します。

この抗酸化作用によって、肌に紫外線が当たったときに発生する活性酸素を除去する他に、エイジング(肌の酸化による老化)を遅らせる効果があります。

<関連記事>
アンチエイジングに効果的な食べ物とは?

コラーゲンの生成を促進する

肌の奥まで浸透するビタミンCエチルは、ビタミンC誘導体のコラーゲン生成の促進作用が、効果的に発揮されます。

コラーゲンの生成が活発になることによって、肌の柔軟性や張りが増すことが期待できます。

皮脂の分泌をコントロールする

ビタミンCエチルは、過剰な皮脂分泌を抑える作用があります。

皮脂の分泌をおさえることで、「ニキビを予防する」「毛穴を引きしめる」「肌のテカリをなくす」などの効果があります。


ビタミンCエチルのリスクと注意点



数々の優れた特徴を持つビタミンCエチルにも、ビタミンC誘導体に共通のリスクと使用上の注意点があります。

刺激を感じたり、赤みが出る可能性がある

ビタミンCエチルは、ビタミンC誘導体の中でとくに刺激が強い訳ではありませんが、浸透性や持続性が高いだけに、注意が必要です。

人によって、あるいは肌のコンディションによって、ピリピリした刺激を感じたり、肌に赤みが出ることがあります。


肌が弱い人は様子を見ながら使用し、刺激が強いと思ったときは使用を中止しましょう。

とくに肌が弱くない人でも、肌荒れなどでバリア機能が低下しているときは使用を控えましょう。

肌を乾燥させることがある

ビタミンC誘導体は、過剰な皮脂を抑える効果がありますが、その反面肌を乾燥させるリスクも持っています。

ビタミンCエチルを使用するときは保湿に注意して、乳液やクリームで肌をカバーすることを忘れないようにしましょう。

<関連記事>
敏感肌の美白ケア、化粧品選びのポイントと注意点は?

保存するときの注意点は?

ビタミンCエチルは、他のビタミンC誘導体より安定性がありますが、やはり時間の経過とともに徐々に酸化します。

使いかけの製品は冷暗所に保管して、なるべく早く使い切るようにしましょう。


以上、ビタミンCエチルの美容効果について紹介しました。

他のビタミンC誘導体と比べて効果が高い分、使用する際はいくつかの注意点もあります。


ビタミンCエチルは多くの美白化粧水に含まれていますので、購入する際は成分表示を確かめてみて下さいね。

<美白成分「ビタミンCエチル」でシミ予防! まとめ>

  • ビタミンCエチルは美白成分のビタミンC誘導体の1つ
  • ビタミンCエチルは、即効性、浸透性、持続性、安定性に優れている
  • ビタミンCエチルは、ビタミンC誘導体の中で最も美白作用が強い
  • 紫外線UVAのメラニン黒色化作用を阻害するユニークな働きがある
  • ビタミンCエチルには、刺激や赤みが出るなどの、リスクもあるので注意しよう