目の下・目元のクマの原因は?


目の下や目元にクマがあると顔全体が暗い印象になり、「疲れているのかな?」と思われがちですね。

せっかくのメイクも台無しになってしまいます。今回はそんな目のクマの、原因と解消法について説明します。

目のクマの原因は?


目のクマには、「青クマ」、「茶クマ」、「黒クマ」の3種類があります。

それぞれの原因を詳しく見ていきましょう。

青クマの原因は?

目の下が青っぽく見える青クマは、血行不良が原因です。

目の下は皮膚が薄いので、血流が滞ると暗い色の静脈血が透けて皮膚が青黒く見えます。


酸素をたくさん含んだ動脈の血液は鮮やかな赤色をしていますが、酸素を失った静脈の血液は少し青黒い色に変わります。

血行が悪くなると酸素を放出した血液が増えて、肌の色に影響を与えるのです。


血液の色が影響しているので、皮膚をつまんでみると一瞬クマの色が薄くなります。

体調によって濃くなったり薄くなったりするのも青クマの特徴です。


また鏡を見るときに、顔の角度を変えても目の下の暗い色が変わらないようなら、光の当たり具合でできた影ではなく青クマの可能性が高いと言えます。

茶クマの原因は?

茶色っぽいクマの原因は、目の下にできたシミ(メラニンの色素沈着)です。

顔の他の部分のシミと同じように、おもに紫外線の影響でできますが、目をこする癖や洗顔のときにゴシゴシこするなどの刺激も原因になります。


目の下は皮脂腺が少なく乾燥しやすい所です。

乾燥によってバリア機能が低下すると刺激に敏感になり、それによって起きる肌荒れや化粧かぶれも色素沈着の原因になります。


茶クマは体調の変化で色が変わることはなく、引っ張ったり角度を変えて見ても変化はありません。

黒クマの原因は?

黒クマは、皮膚の凹凸によってできる影が原因です。

目の下がポッコリ膨らむ、いわゆる目袋ができるとその下に黒い影ができます。


反対に目の下の脂肪が少ないと凹みができて、そこが影になりやすくなります。

加齢による皮膚のたるみも、光の当たり具合で黒い影を作ることがあります。


黒クマの正体は影なので、鏡を見るときに顔の角度を変えると濃くなったり消えたりするのが特徴です。

上から光が当たると濃く見えますが、顔を仰向けると薄くなります。

目のクマができるのを防ぐには?


目のクマを防ぐ対策はクマの種類によって違うので、種類別に説明します。

青クマを防ぐには?

青クマの原因は血行不良なので、血行を改善することで防ぐことができます。

温タオルで目元を温めたり、マッサージをすると血行が改善しますが、効果は一時的なのが欠点です。


また、熱いタオルや強いマッサージは茶クマ(色素沈着)の原因になることがあります。

肌への血行不良は、目の周りだけで生じている訳ではありません。


目の下は皮膚が薄いので、滞った血液の色が透けて見えやすいだけです。

青クマを防ぐには目の下の血行だけではなく、皮膚全体の血行を良くするという考え方が大切です。


半身浴やウォーキングなどの有酸素運動で全身の血行を活性化させると、毛細血管の機能が高まって皮膚への血行が改善します。

また自律神経が乱れると毛細血管が収縮し、皮膚の血行を悪くする最大の原因になります。


ストレスを溜めないこと、規則正しい生活習慣を心掛けることも青クマの解消に役立ちます。

茶クマを防ぐには?

茶クマの正体はメラニン色素なので、紫外線対策が予防と改善の基本です。

目をこするなどの肌への刺激も色素沈着の原因になるので注意しましょう。


パソコンやスマホを長時間使っていると、ドライアイによる目の痒みが生じます。

痒みで無意識に目をこすっていると、色素沈着が起きやすくなります。


長時間パソコン仕事をするときは、ときどき目を休める、目薬をさすなどの対策が必要です。

またアイメイクを落とすために洗浄力の強いオイルクレンジングを使っていると、角質層が薄い目の下側が乾燥しやすくなります。


肌は乾燥すると様々な刺激に敏感になり、メラニンの生産が活性化することがあります。

茶クマを防ぐためには、洗浄力の強すぎるクレンジング剤は使わないことと、保湿に気をつけることが必要です。


できてしまった茶クマは美白化粧品でケアするとともに、日ごろのスキンケアで肌のバリア機能を高めて、ターンオーバーを正常化させましょう。

美白化粧品にはいろいろなタイプのものがありますが、目の回りの肌は敏感なので、肌に合うあまり刺激の強くないものを選びましょう。

黒クマを防ぐには?

黒クマの原因は肌の凹凸によってできる影なので、改善にはそれなりの時間がかかります。

目の下に膨らみができる目袋は、加齢によって眼球の周りにある脂肪を支える筋肉の力が衰え、脂肪が下がってくるためできます。

スキンケアで目袋を小さくすることはできませんが、ファンデーションやコンシーラで光を乱反射させることで影を薄くすることは可能です。


目の下の脂肪が少なくて凹んでいることでできる黒クマは、若い人にも生じます。

このタイプの黒クマも、ファンデーションやコンシーラである程度カバーすることができます。


スキンケアで肌のキメを整えることも、黒クマの改善に役立ちます。

角質層が潤ってふくらみを持つと、肌にあたる光の乱反射で黒クマの影を目立たなくする効果があります。


中々治らない目のクマはどうする?


目のクマが日頃のケアでは中々治らない場合はどうしたら良いでしょうか?

そんな時の、1ステップ上の対策や原因の見直しについて説明します。

目のクマは皮膚科で治せる?

目のクマのうち、メラニンの沈着が原因の茶クマは一般皮膚科での治療が可能です。

皮膚科での茶クマの治療は、ハイドロキノンやトレチノインによる美白が中心です。


ハイドロキノンはメラニンの生成を抑制するとともに、できたメラニンを漂白する効果があります。

トレチノインは肌のターンオーバーを活性化して、メラニンの排出を促します。


ハイドロキノンは市販の美白化粧品にも配合されていますが、皮膚科では医師の管理のもとに、市販化粧品よりも高濃度のハイドロキノンを使います。

目のクマを消す美容外科は?

青クマの美容外科での治療法として、ヒアルロン酸の注入やレーザー治療があります。

ヒアルロン酸の注入は、血管の青黒い色が皮膚の上に透けて見えるのを防ぐ効果があります。


費用はクリニックによって差がありますが5万円ほどかかります。

ヒアルロン酸は自然に体に吸収されるので、半年~1年に1回の注入が必要です。


またレーザー治療では、血行改善による青クマの解消が期待できます。

1回の照射で2~4万円の費用がかかり、最初は月に数回の施術が必要です。


こういったレーザー治療は、茶クマにも有効です。レーザー光線でメラニン色素を焼くことで、茶クマを解消します。

2~3週間に1回程度の治療を数回行う必要があります。


黒クマを消す美容外科には、垂れてきた脂肪を引き上げて目袋を解消する方法があります。ただしこの手術には50万円以上の費用がかかります。

目のくぼみが原因の場合は、脂肪を注入するなどの方法があります。

実は病気の可能性も?

目のクマが中々改善しない場合は、病気が原因の場合もあります。

疑われる病気としては、鉄欠乏性貧血、花粉症、うつ病、肝臓疾患などがあります。


鉄欠乏性貧血になると血液中のヘモグロビンの色が暗くなり、目の下の薄い皮膚に青クマができます。

花粉症でアレルギー性皮膚炎を起こすとそれが刺激になってメラニンの生産が活性化して茶クマになることがあります。


うつ病になると自律神経が失調して皮膚の血行が悪くなり、目の下に青クマができやすくなります。

肝臓や腎臓には血液を浄化する役目があるので、病気になると血液が濁ったり血行が悪くなるなどで青クマの原因になります。


<目の下・目元のクマの原因は? まとめ>

  • 目のクマには青クマ・茶クマ・黒クマの3種類がある
  • 青クマの原因は血行不良で、赤クマの原因はメラニン色素の沈着
  • 黒クマは肌の凹凸によってできる影
  • 目のクマの解消にはクマの種類に合った対策が必要
  • セルフケアの他に皮膚科や美容外科で治療することも可能