シミ・美白化粧品の効果がでる期間は?



効果のありそうな化粧品を新しく使い始めるときは、その期待感から「いつになったら効果が感じられるのか」が気になるものです。

漫然と使い続けていると、実はその商品そのものにあまり効果がなかった、自分の肌に合わなかったという可能性がありますし、かといって見切りをつけるのが早すぎて、もう少し使っていれば効果が感じられたかも・・・というケースもあるでしょう。

一般的に美白化粧品の効果が出るにはどのくらいかかるものなのか、効果がなかなか感じられない場合どんな理由が考えられるのかを知っておけば、自分に合う美白ケア探しの参考になります。


美白化粧品の効果が出るのはどのくらいかかるの?


ターンオーバーがポイントに

美白化粧品の効果が発揮され、シミが薄くなっていくためには、今現在のメラニンや古い角質が排出され、新しい肌に生まれ変わる必要があります。

このターンオーバーのサイクルには個人差があり、28日~45日程度が目安とされ、年齢を重ねるほど遅れる傾向があります。

化粧品の効果を感じられるまでにタイムラグがあるのは、このターンオーバーの影響なのです。化粧品を使い始めて大体1ヶ月ほどで「肌が明るくなったような気がする」という場合、1回のターンオーバーで効果が現れ始めているのかもしれません。

3ヶ月以上~1年を目安に

一般的に、化粧品の効果を実感するためには最低でも3ヶ月程度使い続ける必要があると言われています。ターンオーバーが1~3回繰り返されて、肌が少しずつクリアになっていくかどうかを見ていくということです。

化粧品のサンプルやトライアルセットは、だいたい3日~10日分程度の量です。効果を見るというよりは、使い心地や香り、肌質に合わないことがないかどうかを確認するものと考えるようにします。


商品の性質や肌質、肌状態によっては、効果が出るまでに半年から1年かかることも珍しくありません。化粧品を単品で使うよりも、シリーズをライン使いすることで、より効果が得られやすい傾向があります。

シミの素であるメラニン色素は、肌の正常なバリア機能として常に生成されるものです。この正常な体の反応と、美白成分でメラニンの過剰生成を抑えようとする作用とのせめぎ合いが肌内部で起こっているのですから、美白は一進一退で時間がかかるもの、と考えてください。

<関連記事>
【お肌の生まれ変わり】ターンオーバーと美白・シミの関係

とりあえず1本使い切ってみる



「とりあえず1本使ってみて、効果が全く見られなければ別の商品を検討する」という考え方もいいですね。徳用サイズなどでなければ、多くのスキンケアアイテムは1~3ヶ月で使い切るぐらいの容量になっています。

推奨量よりも使用量や回数を減らしたり増やしたりしない限り、商品の使い切りを目途にしてOKです。

もちろん、3ヶ月や使い切りまでの間に、赤みやかゆみなど肌に合わない症状が出た場合には、すぐに使用を止めるようにしてください。

こんな使い方に注意

「何かのイベントまでに急いで美白したい」というときなど、勝手に推奨量よりも多く使ったりすると、美白成分の刺激が強くなり過ぎて、肌荒れを起こす可能性があります。

特に漂白作用の強い美白成分は、肌の乾燥を招きトラブルにつながるリスクも。たくさん使えば効果が高まるわけではないこと、スポット用の商品を顔全体に使用するのはNG、といった点を覚えておいてください。


日焼け直後の美白化粧品使用もNGです。肌のほてりが落ち着くのを待ってから使用するようにしましょう。

シミが薄くなって肌がクリアになったから、と美白化粧品の使用を止めると、シミが再発するケースがあります。効果を持続させるためには、シミの原因がどこにあるかを見極め、美白化粧品の使用以外の対策もしっかり取っていく必要があるでしょう。

<関連記事>
数年後シミが大発生?!お肌に潜むシミ予備軍とは


美白効果が現れにくい・・・その理由は?


用法容量は守られている?

たくさん使ったからと言ってシミが早くなくなるわけではなく、逆に赤みや腫れ、吹き出物など肌トラブルを引き起こす可能性があります。

逆に、もったいないからと使用量を減らしては、きちんと効果が得られない可能性も。当たり前のことですが、商品によって決められた用法、用量、注意事項をしっかり守るようにします。

紫外線対策をしている?

せっかくの美白成分の効果も、紫外線を浴びてメラニン色素量が増え過ぎれば、相殺されてしまうどころか逆にシミが増え、濃くなってしまう可能性があります。

美白化粧品を使っているのだから大丈夫と慢心せずに、紫外線対策は年間を通して継続することが大切です。

効果が出やすい時期、出にくい時期

美白ケアの効果の出方は、紫外線量や湿度にも左右されます。なかなか効果が感じられない場合、美白効果が出にくい時期なのかもしれません。

一般的に、4月~9月初旬頃までは紫外線量、湿度共に多めで、日焼けや皮脂量が増加し肌がくすみがちです。美白化粧品を使ってのケアが不要なわけではありませんが、目に見える効果を期待するのは難しいかもしれません。


美白の効果が感じられやすいのは、9月中旬~3月頃です。紫外線量、湿度共に落ち着いてきて、肌の白さを感じられやすくなります。

そのなかでも体の周期を考えると、肌状態が安定する生理後が、新しい化粧品を使い始めるベストの時期と言えます。

商品の選択やスキンケアが間違っている?

パッチテストをしないまま使い始めてやはり肌に合わなかったり、美容について詳しいからと、思い込みで自己流のスキンケアをしていれば、せっかくの美容成分も効果を発揮できません。

商品を使うタイミングは合っているでしょうか?ゴシゴシと擦ってしまい刺激を与えていませんか?洗顔では、熱いお湯を使ったり洗い流し過ぎて、肌の乾燥を招いていませんか?


正しい情報を得て毎日のスキンケアに反映させるのも、美白化粧品の効果を引き出すサポートになります。

美白化粧品は医薬部外品であり、医薬品のような即効性はありません。その代わりに、毎日使い続けていけるメリットがあります。


化粧品の効果は、使った直後の使用感、継続することで得られる改善感、そして心理的な効果もないわけではありません。

過剰な期待は逆効果ですが、結果を楽しみにしながら、使用期間の目標をもって使い続けてみてください。美白化粧品選びでは、口コミサイトが参考になります。

<シミ・美白化粧品の効果がでる期間は? まとめ>

  • 効果を感じるまでの時間はターンオーバーが影響
  • 最低でも3ヶ月、場合により1年様子を目安に
  • とりあえず商品を使い切ってみるのもOK
  • 用法容量を守り、紫外線対策で手を抜かない
  • 9月中旬~3月は比較的効果が出やすい時期
  • 適度な期待感で、目標をもってケアを続けよう