なかなか消えないシミの原因は加齢とストレスが問題かも!



シミはいつの間にか現れ、増えたり濃くなったりしていきます。「紫外線には気をつけていたのに、どうして?」と思う方もいるかもしれません。確かにシミの主な原因は紫外線ですが、その他にもシミの原因はいくつかあり、なかでも気にしたいのが「加齢」と「ストレス」です。

加齢は誰にでも訪れるものであり、ストレスもまた現代社会では避けられないもの。この2つがシミの原因となる理由や対策を知り、情報を白く美しい肌作りに活かしてくださいね。


シミができる原因「加齢」について


加齢によってシミができる理由は?

年齢を重ねるにつれ様々な機能が低下していくのを感じます。肌の乾燥が進んで血行が悪化し、ターンオーバーの周期が遅れ始めます。加齢による変化には個人差がありますが、だいたい30歳を超えた頃から肌トラブルを感じる方が増えてくるようです。

肌の潤いはプルプル肌に必要なだけでなく、肌のバリアという重要な役割を果たすものです。水分量、皮脂分泌量が低下するとバリア機能が低下し、紫外線のダメージ、つまり光老化を促してしまいます。


紫外線はメラニン色素を増やすと同時に、コラーゲンを破壊して肌の弾力を失わせます。水分量が足りないと角質層が厚みを増し、メラニン色素の排出、つまりターンオーバーの周期が遅れがちになるのです。

血流は、酸素や栄養を体の隅々まで届ける役割を担います。加齢によって血流が悪化すれば肌細胞の栄養が不足し、新陳代謝が滞ってシミの元を排出できなくなります。このように、加齢はいくつもの面からシミの原因となっています。

加齢によるシミを防ぐには



紫外線対策の強化が、シミの元であるメラニンの増加や、弾力の元であるコラーゲン破壊を防ぐこに繋がります。日焼け止めやUVカット化粧品、帽子や日傘での予防を徹底しましょう。

加齢による保水力の低下は、毎日の保湿ケアで補います。肌に優しく刺激の少ない洗顔やメイクを心がけ、化粧品では美白成分だけでなく保湿力も重視したいですね。


保湿力のあるコスメをなじませる時には、コットンなどを使ったパッティングで刺激を加えるのでなく、手のひらで優しくなじませるように繰り返し沁みこませます。

血行や新陳代謝を整えるには、生活習慣を見直し、心身のバランスを良くすることが大切です。なかでも充分な質のよい睡眠は、肌のターンオーバーを促してシミを防ぐために欠かせません。


現代の食生活で陥りがちな炭水化物・糖質の摂り過ぎは、血糖値を急上昇させ、皮膚を構成するタンパク質を老化させます。栄養バランスの良い和食を中心に、食事のタイミングもできるだけ整えたいですね。


「ストレス」でシミが増える理由とは


ストレスでシミが増えてしまうのはなぜ?

ストレスが増えると胃が痛くなったり下痢や便秘になる・・・という自覚症状は少なくないと思いますが、ストレスが肌の不調まで引き起こしているというのは、なかなか気づきにくいかもしれません

ストレスを感じた体は、ストレスホルモンとも呼ばれるコルチゾールを分泌します。多量のコルチゾールが、体を錆びさせてしまうエイジングの素・活性酸素を増やし、これが肌細胞を直接攻撃し、シワを増やします。


大量発生した活性酸素は、メラニン刺激細胞ホルモンの生成を促し、メラノサイトが刺激されメラニン色素が過剰になってシミの原因となります。日焼け止めに気をつけているのにシミが・・・という場合、ストレスによってメラニンが増えているのかもしれません。

さらには紫外線同様に、活性酸素がコラーゲンを破壊することも分かっています。コラーゲンが不足すると弾力不足になるだけでなく、ターンオーバーの遅れにつながります。


ストレスは自律神経のバランスを崩し、ホルモンバランスも乱れてしまいます。ホルモンの異常は皮脂分泌を増やしたりターンオーバーを狂わせ、ニキビやシミなどの肌トラブルが増えます。

女性ホルモンは肌を整えるサポートをしますが、ストレスによってその分泌量が低下し肌トラブルが増えることがあります。ストレスからくる暴飲暴食で栄養バランスが乱れたり、寝つきが悪くなって新陳代謝が遅れがちになるケースもありますし、ストレスからくる血流の悪化もまたシミに影響します。


社会人になりたての時期など、環境の激変からストレスが溜まりがちですが、肌が荒れたりしてもすぐにシミにはなりませんよね。若い年代ではまだまだ抗酸化力がありターンオーバーも正常なので、シミの元はきちんと排出されます。

しかし加齢によって抗酸化力が低下、ターンオーバーも遅れがちになり、溜まってしまったストレスの影響がシミになって現れてくるのです。

ストレスによるシミを防ぐには



出来るだけストレスの元を断つことが大事ですが、環境を変えられない場合も多いでしょう。その場合、自分に合ったストレス解消法を見つけて、習慣にすることがシミ予防になります。

1日の終わりにはゆっくりと入浴する時間を作りましょう。神経がリラックスしてストレスが抑えられるだけでなく、発汗による老廃物排出、血行の改善がシミ対策になります。


精神を落ち着かせるにはアロマテラピーがおすすめです。不安な気持ちにはマジョラム・スウィートやラベンダーの香り、やる気がでないときにはレモンやオレンジ、ローズマリーの香りを選んでみてください。

しっかり眠ることは、ストレス発散に役立つだけでなく、成長ホルモンや睡眠ホルモンの分泌量を増やして肌の生まれ変わりを促します。良い眠りのためには日中充分に活動、運動し、就寝前には間接照明やアロマで入眠しやすい環境を作りましょう。


適度な運動は、ストレス発散だけでなく健康にとっても理想的な習慣です。ウォーキングもいいですが、たまには汗をかくような運動をすることでリフレッシュしてストレス解消になります。

血流が良くなり自律神経が安定すること、肉体的疲労でぐっすり眠れることなど、運動はいろんな面からシミ予防に役立ちます。


栄養成分では、ビタミンBやビタミンCがストレスに有効です。サプリで補うのもいいですが、食事でも積極的に摂り入れてみましょう。

シミ対策には美白化粧品でのケアも欠かせません。加齢に対抗する抗酸化作用がある美白成分なら、ストレスから発生する活性酸素の増加も防げます。目的に適う美白化粧品は、インターネットの口コミ・ランキングサイトで見つけることができます。

<なかなか消えないシミの原因は加齢とストレスが問題かも!・まとめ>

  • 加齢による乾燥で紫外線ダメージが悪化
  • 血流悪化で肌の栄養が不足しターンオーバーが遅れる
  • 紫外線予防、保湿、生活習慣の見直しでシミ対策
  • ストレスで活性酸素が発生、メラニン色素が増える
  • ホルモンバランスの乱れもシミに影響
  • 日中は活動的に、就寝ではリラックスしてストレス解消