夏、絶対日焼けしたくない人のためのシミ予防・美白対策!



肌にしみができたり、しわができる大きな原因ともいえるのが紫外線の影響です。紫外線を浴びた肌の中では活性酸素というものが作られ、どんどん肌が老化してしまいます。

しかし、紫外線対策をうっかり忘れてしまうという方もいるのではないでしょうか。そういったことがないようにしっかり対策を取ってみてくださいね。

1年を通して紫外線対策をとったほうが良いのですが、夏の紫外線は特に注意が必要です。なぜそこまで夏の紫外線に問題があるのかについてご紹介しましょう。


夏は紫外線量がピーク!シミ発生に要注意!

夏になると紫外線を防ぐために日焼け止めを塗っているという方は多いですよね。ですが、実はそれほど大事なことだと思っていないという方もいるのではないでしょうか。

しかし、紫外線対策というのは美肌を維持するために非常に大切な役割を持っています。


紫外線を浴びると体の中では皮膚を守るためにメラニン色素というものが作られるのですが、これがうまく排出されなかった場合にシミに繋がってしまうのです。

若いうちは肌の生まれ変わり機能でもあるターンオーバーというものが整っているため日焼けをしても秋がくれば元通りの肌色になりますよね。しかし、年をとるとそうはいきません。


20代後半あたりから徐々にシミができやすくなり、紫外線対策を怠ると顔中がシミだらけになってしまうことも考えられるのです。


1年を通して対策を取ろう



1年の中で最も紫外線量が多いのは夏場の時期です。7月多すぎてから慌てて対策を取る方もいますが、5月頃から紫外線量は徐々に増え始めるので早めの対策を心がけてみてくださいね。

5月・6月・7月・8月くらいの時期は非常に紫外線が強まります。中でも6月と7月が特に強いので十分な対策をとりましょう。

夏におすすめのシミ予防

シミ予防に最も効果的ともいえるのが日焼け止めクリームを塗るということです。しかし、日焼け止めを塗っているのに十分に効果が発揮できない方も珍しくありません。

例えば、朝に日焼け止めを塗って出かけ、一日中そのままという方も多いはず。しかし、汗をかいたりメイクが崩れた際に日焼け止めクリームの成分も落ちてしまうのです。


そのため、外出時に汗をかいた際には日焼け止めを塗り直す必要があります。ただ、女性の場合はメイクをしているわけなのでメイクの上から日焼け止めクリームを塗るのは抵抗があるかもしれませんね。

そういった方はUVカット効果のあるファンデーションを使ってみてはどうでしょうか。この方法であればとても手軽に紫外線対策ができます。


ファンデーションを活用したUVカットは1年を通して活躍するのでぜひUVカット効果のあるファンデーションも検討してみましょう。

ちょっとした外出にも注意が必要



長時間外に出かける際にはしっかり日焼け止めを塗るものの、近所のコンビニへの外出やゴミ出し、洗濯物を干す間くらいのちょっとした時間ならば紫外線を気にしないという方もいるのではないでしょうか。

しかし、夏場の紫外線というのは非常に強いため、短時間の外出だったとしても紫外線対策はしておいた方が良いでしょう。


ただし、長時間のお出かけとちょっとしたお出かけでを同じ日焼け止めクリームを使うのはおすすめできません。日焼け止めの効果というのは商品によって大きく違い、SPFやPAの値が強いものほど効果は高まります。

それならば常に効果の強い日焼け止めを使った方が良いのでは?と思うかもしれませんが、効果の強いものは肌に与える負担も大きいため、ちょっとしたお出かけでアウトドア用の成分の強いものを使うのは避けておきたいですね。


シーンに合わせて使い分けられるようにいくつか用意しておくのがおすすめです。

日焼け止めだけでは100%紫外線をカットできない!

夏場の紫外線対策として日焼け止めを塗っているから完璧!と思っている方もいるのではないでしょうか。しかし、日焼け止めを塗っているからといって100%紫外線を防げるわけではありません。

外に出る際には帽子や日傘を活用してみてくださいね。また、首元はストールで隠したり、UV手袋を使うというのもおすすめです。

夏の紫外線は強力であるため、直射日光だけでなく、地面や壁から反射する紫外線にも注意しましょう。うっかり髪の生え際や耳、首、顎に日焼け止めを塗り忘れてしまうという方もいるようなので、このあたりにも注意が必要です。


夏におすすめの美白対策



肌にはバリア機能が備わっています。しかし、そのバリア機能は肌の潤いが足りていないと十分に発揮されないのです。

つまり、肌が乾燥した状態で紫外線を浴びると潤った状態で浴びるのに比べて大きなダメージを受けてしまうということ。そこで、夏の時期は保湿にも力を入れましょう。

夏場はクーラーや扇風機の風に肌がさらされることも多いですよね。すると乾燥もしやすくなるため、外出先でも気軽に保水・保湿できるようにスプレータイプの化粧水などを持ち歩いてみてはどうでしょうか。

アミノ酸も取り入れよう

シミ対策というと日焼け止めクリームを使うことばかりを考えてしまいがちですが、もう一つアミノ酸の摂取についても考えてみてくださいね。

確かにシミができる大きな原因は紫外線を浴びたことによるメラニンの過剰摂取が関係しています。しかし、それ以外にもアミノ酸が減少した場合にシミができやすくなってしまうのです。


アミノ酸は肉類や魚介類、乳製品などに幅広く含まれていますが、好き嫌いの激しい方や食生活が乱れている方の場合、不足してしまうこともあります。

食事からアミノ酸を摂取しても必ずしもそのすべてが顔に働きかけてくれるとは限らないので、直接的に顔にアミノ酸を届けたいと思っているのであれば、スキンケアで取り入れていくことをおすすめです。


化粧品であれば顔に直接的に美白のために必要な栄養素を届けることができます。

シミの予防と改善、どちらの効果も期待したいのであれば、ビタミンC誘導体配合の美白化粧水がおすすめですよ。

<夏、絶対日焼けしたくない人のためのシミ予防・美白対策!まとめ>

  • 1年を通して紫外線対策をとったほうが良い
  • 1年の中で最も紫外線量が多いのは夏場の時期
  • 女性はUVカット効果のあるファンデーションもおすすめ
  • 日焼け止めは使い分けられるようにいくつか用意しよう
  • アミノ酸の摂取と美白化粧水によるケアも忘れずに!