日焼け止めが効かない!紫外線を浴びてないのに日焼けした!その理由は?



「毎年日焼けがひどいので、SPF値、PA値の高い日焼け止めを使っているのに全く効かず、やはり真っ黒に日焼けしてしまいます。何が悪いのでしょうか?」といった質問があります。「わたしも!」という体験をした方もいることでしょう。

このように日焼け止めをしていても黒くなってしまう方もいれば、それほど日焼け止めを使っていないのに黒くならない方もいます。そこにはいくつかの原因が考えられ、これを知ることが対策のヒントとなります。


どうせ日焼けしてしまうからと美白を諦めるのではなく、なぜ日焼け止めが効かないのか、なぜ紫外線を避けているつもりなのに日焼けしてしまうのか、その原因を知り、対策を見直してみてください。


「日焼け止めが効かない!」考えられる理由と対策


紫外線に対する肌の抵抗力が強い

日焼け=肌ダメージという印象があるかもしれませんが、日焼けした肌が黒くなる現象を単純にダメージとは言えません。肌が黒色に変化するのは、紫外線に対する皮膚の防御機能だからです。

紫外線の肌への刺激に対して、メラノサイトでメラニン色素が作られ、このメラニン色素が紫外線を受け止めることで、紫外線が皮膚の深層に届くのを防ぎます。メラニン色素で肌が黒くなっているということは、この防御機能がしっかり働いている、つまり肌の抵抗力が強いということなのです。


肌ダメージの注意が必要なのは、この抵抗力がうまく働かず、紫外線で肌が赤くなってしまうケースです。しかしいくら正常な反応だと言われても、美容のためにはできるだけ日焼けで黒くなるのを防いで、白い肌を保ちたいものです。

例えばドレスアップの予定があるなど「今だけは絶対に日焼けしたくない」という場合、皮膚科の専門医に相談すると専用の日焼け止めを処方してもらえますが、日常でのケアとしては、自分でできる方法で日焼けを防いでいきたいですよね。


抵抗力が強く黒くなりやすい肌質であっても、日焼け止めや日焼け後のケアの方法によって黒色化を防ぐことは可能です。日焼け止めの効果を十分に活かせていない原因と、その対策を見ていきます。

効果がなくなる前に塗り直し



高価でSPF値の高い日焼け止めを使っているのに日焼けしてしまう・・・。そんなときはまず、SPF値はある程度抑えて、その分塗り直しをきっちり行うようにします。塗り直しを重視したいのは、汗をかいたり顔を触ることで日焼け止めが落ちてしまうから、という理由だけではありません。

日焼け止め成分は、肌の代わりに紫外線を受け止め反応を繰り返すことで肌を守ります。反応を繰り返していると効果は少しずつ薄れていき、塗布後2~3時間で反応が弱まってくるのです。日焼け止め効果を維持するには、効果が薄れる前に塗り直しをします。


また、容器の中でも成分は少しずつ光に反応してしまうので、購入後1年も経過するとその効果はほとんど残っていません。紫外線は一年中降り注いでいます。「また来年の夏に使えばいい」と思わずにしっかり使い切るようにしましょう。

夏には、海やプールのときだけでなく普段の外出でもウォータープルーフタイプのものを使うことで、汗をかいても日焼け止め効果をより長く維持できます。普通のメイク落としで洗い流せる商品など、日常使いしやすいものを選んでみてください。

日焼け後のケアを怠らない

日焼けしてしまったとしても、肌の新陳代謝がしっかりできていれば、シミとして沈着してしまう前にメラニンを排出して肌の色を戻すことが可能です。

ちょっとした日焼けでもすぐに冷却してたっぷりと保湿し、新陳代謝を重視した集中ケアを忘れないでください。美白化粧品で目的に合うものを探してみるといいですね。


「紫外線を浴びていないのに日焼けした!」考えられる原因と対策


秋・冬の紫外線対策が不十分

日差しが強くなり始める春~夏はきちんと日焼け止めを塗ったり帽子をかぶったりしても、秋~冬など日差しが和らいできたら日焼け止めはもう必要ない、と思っていませんか?

紫外線を浴びていないのに日焼けしてしまう、と思っている方の多くは、冬場の日焼け対策が不十分な可能性があります。確かに、夏場に比べれば冬場の紫外線量は少なくなるとはいえ、冬でも夏の25%程度の紫外線は降り注ぎます。


特にスキーやスノーボードで雪山にのぼると、標高が高いために、さらに雪に反射するために相当量の紫外線を浴びることになり、雪焼けを起こします。そんな冬に浴びた紫外線によるメラニンがどんどんたまっていき、時間を経てシミとして表れてくるのです。

紫外線量が減るとはいえ、何の対策もしなければどんどんメラニンが発生してしまいます。日焼け対策は年間を通して続ける必要があります。

短時間の外出、屋内でも日焼け止めを

洗濯物を干すとき、ごみを出すとき、コンビニに行くとき、車で少しだけ出かけるときなど、短時間だから日焼けはしないだろうと思ってしまっていませんか?

短時間の外出による少しずつの日焼けが、いつの間にか蓄積しダメージが進行します。短時間の外出であっても日焼け止めを怠らないことが、美白のための積み重ねになります。


また屋内にも紫外線は降り注いでいて、窓などの開口部に近いほど紫外線量は多くなります。窓に紫外線防止フィルムを貼る、紫外線防止効果のあるカーテンをつける、そして日焼け止めを塗るのが効果的です。

日焼け止めの量が足りない



日焼け止めはこのぐらいでいいだろう・・・と勝手に思い込み、少量を薄く伸ばして済ませていませんか?ベタついたり白くなるのが嫌だから、と少量にしている方もいるのではないでしょうか。

顔に塗る日焼け止めの適量は、だいたい500円玉程度です。さらに日焼けを避けたいときには、重ね塗りをします。さらに夏用の紫外線対策されたパウダリーファンデーション、メイク崩れを防ぐフェイスパウダーと、少なくとも3重に塗り重ねると、よりしっかりと紫外線を防げます。

外出の直前に塗っている

日焼け止めを塗るタイミングが、外出の直前になってはいませんか?日焼け止めは肌に十分になじんでからでないと効果が発揮されず、塗ってからすぐに外出したのでは、なじむまでの間に肌が紫外線を吸収してしまいます。

時間に余裕をもって、少なくとも外出の30分前には日焼け止めを塗ってから外出の準備をするようにしましょう。

肌ダメージをゼロにすることは難しい

美白のために完全に紫外線を浴びないというのも問題で、健康のためには、15分程度紫外線を浴びる必要があります。これは紫外線を浴びることで体内でビタミンDが生成され、ビタミンDによりカルシウム吸収が促されて骨を丈夫にしてくれるためです。

また紫外線以外にも排気ガスやストレス、喫煙など肌ダメージを引き起こす要因は複数挙げられ、それらすべてを避けることは難しいといえます。


日焼け止めを正しく使ってその効果をしっかり引き出すとともに、できるだけ肌ダメージになるものを避けたら、今度は美白にプラスの成分を、化粧品を通して肌に浸透させましょう。人気の美白化粧品を探す口コミサイトが、化粧品選びの参考になります。

<日焼け止め塗ったのに効かない!その理由は?・まとめ>

  • 日焼けが黒くなるのは肌に正常な抵抗力があるため
  • 効果がなくなる前に2~3時間で塗り直す
  • 日焼け後はすぐに充分な冷却、保湿を行う
  • 日焼け止めは秋、冬も含めて一年中必要
  • 外出30分前には充分な量を塗ってなじませる
  • できる対策をしたら美白化粧品で有効成分をプラス