エステサロンの美白・ホワイトニングコースはどんな感じ?



美肌といえば、透明感、ツヤ、ハリをあわせもつ、まるで赤ちゃんのような卵肌ですよね。透き通るような白い肌は多くの女性の憧れです。一方で、加齢とともに肌の細胞は衰え始めシミやくすみが多くなるのが一般的で、美肌を保つには努力が必要です。

毎日の美白化粧品でのお手入れを頑張ったり、肌に良い食べ物を摂るようにするといった努力も大切ですが、エステサロンでの美白も気になりませんか?


エステでは実際にどんな美白・ホワイトニングコースが用意されていて、それぞれどんな悩みに有効なのか、最近のエステ事情を覗いてみましょう。


美白成分を使うコース


美白といえばハイドロキノン

エステのホワイトニングで代表的なのは、美白成分・ハイドロキノンを用いたメニューであり、アメリカでは最もポピュラーなエステコースとなっています。

ハイドロキノンは、メラニン色素の発生に関与する酵素・チロシナーゼの活性を阻害することで、シミの元となるメラニンの黒色化そのものを抑えます。このハイドロキノン配合のクリームを使ってエステを行います。

皮膚再生を促す美白・ケミカルピーリング

続いて代表的な美白エステが、ケミカルピーリングです。ケミカル=化学物質を用いて、ピーリング=古い角質を剥がすことで、新しく美しい肌に生まれ変わらせます。紫外線によるシミやくすみの改善、予防に効果を発揮します。

ピーリングでは、皮膚の新陳代謝を促し、蓄積してしまった色素を積極的に排出させて、シミやくすみのある肌を新しく、きれいにしていきます。


リンゴ酸などを使ったAHAピーリング、トリクロル酢酸を使ったTCAピーリング、アルミニウムの粉を使うクリスタルピーリングなどがあり、化学物質であることから使用濃度や使いかたに知識や経験が必要です。

皮膚科医など医療機関で受けるピーリングよりも、エステ用いられるピーリング剤の方が濃度は弱くなっています。

美白成分でのトリートメント



ビタミンC誘導体などの美白成分やオイルを使ってマッサージを行うことで、顔やデコルテ、手足など、希望する場所の美白を目指すメニューです。肌質や手に入れたい美白に合わせて、美容成分やトリートメントの仕方、パックなどを選ぶことが出来ます。

美白効果を高めるためには継続してエステを受けるのがベストですが、疲れた肌へのご褒美にビジターコースでリラックスしながら美白、というのも良いですね。

より穏やかな美白・和漢エステ

最近話題なのが、穏やかな美白成分を使った和漢エステです。コスメでもよく見かけるようになった和漢植物エキスですが、知られるようになったのは最近でも、その知恵は古くから伝えられてきた歴史あるものです。

メラニン生成を抑えるユキノシタ、抗酸化作用のあるドクダミ、代謝や血行を促進するトウキなどは、よく耳にするコスメ成分ですね。

そのほかに、チロシナーゼの生成を抑えるフラボノイド、肌再生を促すブクリョウなどが使用されます。これらのエキスを目的に応じてブレンドしたクリームやパックなどで、美白ケアを行います。


美容機器を使ったコース


フォトフェイシャル

肌の気になる部分に特殊な光を照射することでメラニン色素にダメージを与え、出来てしまったシミを薄く、さらにシミの元にもアプローチするメニューです。

紫外線によるシミの改善や予防に効果があり、光の照射域が広いのが特徴で、<顔全体に広がってしまったくすみの解消/span>にも適しています。小じわにも効果が見られ、アンチエイジングを意識したい方におすすめです。

イオン導入

イオン導入の美顔器を使って、肌の奥に美白成分を浸透させるエステです。ビタミンC誘導体やプラセンタエキス、エラグ酸といった美白成分が利用され、メラニン色素によるくすみに効果を発揮します。

レーザー治療

美容に用いるレーザーの開発は目覚ましく、IPLやYAGレーザー、CO2レーザーなど、目的に合わせてシミやくすみ、そばかす、糖化肌の改善など、様々な美白効果が期待できます。


その他のエステ


リンパドレナージュ

リンパの流れに沿ってマッサージすることで滞った老廃物の排出を促し、その結果肌の老廃物が取り除かれて肌色がワントーン明るくなります。

肌がスッキリするだけでなく、高いリラクゼーション、ストレス改善効果があり、ホルモンバランスの乱れの調整に役立ちます。ホルモンバランスと肌には深い関係があり、シミの改善や血行不良による顔のくすみにも有効です。

ゴマージュ

天然素材を使用したスクラブを使って、古い角質を優しく除去する方法です。新陳代謝が促されて新しい美肌へと生まれ変わらせますが、化学成分のような肌への負担がありません。

加齢によって免疫力が低下している方でも安心で、新陳代謝の遅れによるシミが気になる年配の方に嬉しい美白コースです。

各種パック

乾燥は健やかな肌の敵であるだけでなく、シミやくすみを始め様々な肌トラブルの元になります。

海藻成分を使ったタラソパックや、コラーゲン・セラミドなどの潤い成分を使った保湿パックで、ふっくらとハリ・ツヤのある肌を取り戻します。施術の後には美容液やクリームで蓋をして、潤いを逃さないようにしましょう。

エステ事情、セルフケアとの違いは?

フォトフェイシャルにプラセンタ導入や美顔マッサージ、毛穴洗浄を合わせたり、ホワイトニングしながらの小顔矯正、ヘッドスパとの組み合わせなど、エステではお店ごとに特色のある美白コースが用意されています。

美容の本場・お隣の韓国では、1日の施術で効果があるレーザー治療や、マッコリの乳酸菌を使ったマッコリエステ、純度の高い美白成分を豊富に含んだクリームを肌に注入するメニュー、個人の肌悩みに合わせた韓方薬を調合して肌の内側からホワイトニングする「韓方(ハンバン)など、魅力的なエステがいっぱいです。美白に興味がある方なら一度は訪れてみたいですね。


美白は、化粧品を用いて自宅でも行うことが出来ますが、エステサロンでの美白は「プラスのホワイトニング」と呼ばれ、自宅で用いる美白化粧品よりもより効果の高い美白成分や美容機器を利用することができます。

相性や腕のいいエステティシャンのいるサロンを探し、より効果的な美白を目指すのもいいでしょう。ただし自宅での毎日の美白ケアも大切であり、自分に合った美白化粧品を選ぶことが重要です。

<エステサロンの美白・ホワイトニングコースはどんな感じ?・まとめ>

  • ハイドロキノンやケミカルピーリングがポピュラー
  • 美白成分とマッサージ、パックを組みわせたメニューも
  • 和漢エステはより穏やかに美白にアプローチ
  • フォトフェイシャルやイオン導入も人気
  • リンパドレナージュやパックも美白に有効
  • 自宅での美白ケアが基本