美白には冷水洗顔とぬるま湯洗顔どっちが効果的?



スキンケアで一番大切だとされている洗顔ですが、巷では冷水洗顔が良い、ぬるま湯洗顔が良い、などと騒がれています。

美白効果を狙う場合、冷水洗顔とぬるま湯洗顔はどちらの方がより効果があるのかを調べてみました。



冷水洗顔って?どんな美容効果があるの?

スキンケアで一番大切だとされている洗顔ですが、よく耳にする冷水洗顔とはいったいどのようなものなのでしょうか。

冷水洗顔とはその名の通り、冷水で顔を洗うことをいいます。

しかも海外セレブやモデルなんかは、冷水で洗えば美白効果があるということで、リピートしている人達も多いようです。


また暑い夏には嬉しい反面、冬場は寒さに堪えるのが厳しいイメージがありますよね。

冷水洗顔のメリット

冷水洗顔を行うことで、顔の毛穴を一時的に引き締めてくれ 、肌の透明感がアップします。

また、冷水と温水を交互に使うことで温度差が生じて、血行促進にも繋がります。


血行が良くなることで、シミ・シワ・くすみの改善にも繋がり、年齢よりも若々しくみずみずしいお肌が手に入ります。

勿論温水だけでなく、ホットタオルでも同様のことが言えるでしょう。


42・3度のお湯に浸したタオルと冷水を1分毎に交互に顔に当てるだけで、化粧ノリも全然違います。

冷水はやり方さえ間違わなければ、美肌・美白効果をより実感出来るでしょう。


<関連記事>
透明感あふれる美白美肌を手に入れるスキンケア!

冷水洗顔による美容効果とは?

冷水洗顔をすることで得られる美容効果もいくつかあります。

1.小鼻の毛穴が目立たなくなる

女性なら誰でも気になる小鼻の毛穴の開きを、冷水洗顔によって肌が引き締まるので、目立たなくすることが出来ます。


2.きめ細かい肌になる

以前に氷水を使って顔にパッティングするだけで、赤ちゃんのようなきめ細かなる肌になると言う口コミもありました。

冷水洗顔で全体的に毛穴を引き締めるだけで、絹のようなハリや透明感のある肌が作れます。


冷水洗顔のデメリット!注意すべきポイントは?



海外セレブが実践していることもあり、冷水洗顔を行っている人は非常に多くいます。

しかし、冷水洗顔には落とし穴があり、やり方を間違ってしまうと、効果が出ないだけでなく汚肌に繋がる可能性も出てしまうくらい危険なのです。


では、冷水洗顔で何を注意しなければならないのでしょうか?

クレンジングをする時に冷水を使わないこと

クレンジングには化粧を分解する油分が含まれており、化粧品にも油分が含まれています。

いくら冷水で洗っても油分が落ちず、肌によりダメージを与えてしまうので、避けたいところですね。


イメージで言えば、食器を洗う時に油物を水ですすいでも全然落ちないのと同じ事です。

<関連記事>
シミ・美白のクレンジング、注意点は?

敏感肌の方は特に冷水洗顔で赤ら顔になりやすい

実は、冷水洗顔することで顔中に張り巡らされた毛細血管が拡張し血流が悪くなる為、炎症を起こした結果赤ら顔になるというのです。

赤ら顔になることで、毛細血管で運搬している栄養が行き渡らず、シミ・シワ・くすみなどの肌の老化現象が起きてしまいます。


特に敏感肌の方は、冷水による刺激だけで皮膚の炎症を引き起こしてしまう為、より避けた方が良いでしょう。

毛穴が詰まりやすい

冷水洗顔をすることで毛穴が引き締まり、綺麗な陶器肌を作ることが出来るとイメージされている方も多いと思いますが、これも落とし穴なんです。

確かに引き締め効果はありますが、取りたい汚れが皮膚中の毛穴に溜まっている時、冷水では思うように取れません。


奥に詰まった毛穴の汚れは、一旦開いてからかき出してあげないと、汚れの上をただ撫でてるだけで綺麗にはなりません。

毛穴の汚れが溜まったままだと、肌の老化に繋がります。

スキンケアでの浸透率が悪くなる

冷水洗顔による毛穴の詰まりやすさはその後のスキンケアにも影響を及ぼします。

経験のある人の方が多いと思いますが、お風呂上がりにスキンケアをすると、化粧水の浸透率が上がっているのが実感出来たりしませんか?


血行が良くなると程よく毛穴が開き、化粧水や美容液などスキンケアアイテムの吸収率が高まります。

しかし逆に冷水洗顔で引き締め過ぎてしまうと、内側みで吸収せずただ表面を撫でているだけで、全く効果が見られません。


しかもスキンケアをしている本人は、全く気付かないので、気を付けたいですね。


美白にはぬるま湯洗顔がおすすめ!



冷水洗顔についてご紹介致しましたが、冷水洗顔にはデメリットも多く、敏感肌の方には不向きな洗顔方法であることがわかりましたね。

今まで勘違いをして洗顔していた方も数多くいらっしゃるでしょう。


冷水洗顔をやめてぬるま湯洗顔にすると、こんなメリットがあります!

ぬるま湯洗顔のメリット

ぬるま湯洗顔には様々なメリットがあります。

(1)顔の血流を促して、美白効果UP

血行が良くなることで、汚肌の原因であるシミ・ソバカス・くすみを解消でき、結果継続することで、透き通るような透明感のある白くて綺麗な肌を手に入れることが出来ます。


(2)肌の温度に近いので、肌への負担が少ない

冷たすぎても熱すぎても肌は薄い繊維質である為、かなりの負担がかかります。

冷たすぎたら血行が悪くなりますし、熱すぎると肌に含まれている天然の油分や水分が飛んでしまい、結果パサパサ肌になってしまいます。

ぬるま湯なら両方ともに効きますので肌がより良いコンディションになります。


(3)肌を温めることでスキンケアでの効果が上昇する

ぬるま湯で肌を温めることで、毛穴にも緩みが出て、化粧品が中に吸収されやすくなり、化粧品本来の効果が得られます。

他にも良いところが沢山ありますが、何より美白への第一歩がぬるま湯洗顔だと言っても過言ではありません。


肌のコンディションが整うことでシミやくすみを防ぐだけでなく、浸透率が上がるので美白スキンケアを続けることでさらなる効果が期待できます!

<参考サイト>
美肌の秘訣!正しい洗顔方法を極めよう!-ドクターシーラボ


ぬるま湯と冷水のダブル洗顔が最強!



冷水洗顔はデメリットが多いとお話しましたが、ぬるま湯洗顔をした後の仕上げに冷水を利用するのは美肌・美白に効果的です。

ここでは、ぬるま湯と冷水を使ったおすすめの洗顔法についてご紹介します。


(1)まず、ぬるま湯(人肌くらいの温度)と冷水(14〜22度位)を準備します。

(2)ぬるま湯で顔を洗い流して毛穴を開かせ、その後冷水ですすぎます。


これを2〜3回続けます。 

続けることで血行が良くなるだけでなく、美肌・美白効果があるので、是非試してみてください。

仕上げは美白化粧品によるスキンケア!

美白スキンケアといっても、最近では化粧水・乳液・美容液等アイテムが沢山出ています。

どれから手を付けていいか悩んでしまった時は、より美白成分の高いものを選ぶと効果的です。


特に最近化粧水にも含まれていることが多いビタミンC融合体配合のスキンケアアイテムはオススメです!

老けに繋がるシミ・シワに直接届くので、本来の肌色よりもトーンアップし、ハリツヤも出ますよ。


白い肌を手に入れる為には、洗顔が肝心です。ぬるま湯洗顔で肌の基盤を作り、美白化粧品でスキンケアを行って是非みずみずしくて美しい肌を手に入れて下さい!

<美白には冷水洗顔とぬるま湯洗顔どっちが効果的?まとめ>

  • 冷水洗顔は正しいやり方で行わないと、赤ら顔の原因になる
  • 温冷を交互にするだけで、肌のトーンアップが成される
  • ぬるま湯の方が血行促進の為、美白に向いている
  • 美白をするならぬるま湯洗顔がオススメ!