【美白美容液】正しく使って美肌を目指そう!


美白がスキンケアの大きなテーマになって、美白化粧品の数も非常に増えました。

もちろんそれだけ「白く美しい肌」にあこがれる女性が多いということですが、とくに美白美容液は種類が豊富で、どれを使ったらよいのか悩んでしまいますね。


かけた手間や費用がムダにならないように、美白美容液の選び方と正しい使い方をお教えします。


美白美容液ってどんなもの?


化粧水の次に乳液・クリームというのが一般的なスキンケアのステップですが、その中間にプラスワンの美容効果を求めて使用されるのが美容液です。

美容液のおもな目的は、化粧水では足りない美容成分を補うことです。


美容液の中にも色々な美容効果を望めるものがあり、美白美容液もその1つです。

美白美容液とは?

美白美容液は、シミやくすみ・消えにくい日焼けなど、肌色に関する悩みを改善する美容液です。

美白美容液にも保湿成分は必ず含まれていますが、その他に美白効果のある成分が配合されています。


美白成分には、一般の化粧品には配合が認められていない、厚生労働省が許可した成分が多くあります。

美白美容液の多くに「医薬部外品」の表示があるのはこのためです。


厚生労働省が認可した美白成分には、ビタミンC誘導体、アルプチン、コウジ酸、トラネキサム酸などさまざまなものがあります。

医薬部外品は一般の化粧品がうたえない効能・効果をある程度表示することができますが、それだけ肌に対する作用が強いということなので、自分の肌質に合うものを選び、正しい使い方をする必要があります。

他の美白ケア商品との違いは?

美白成分が含まれる商品には、美容液だけでなく化粧水や乳液もあります。

しかし「美白と言えば美容液」という私たちのイメージどおり、美白ケア用品の多くが美容液です。


その理由は、スキンケアのステップの中で美容液が美白ケアにいちばん適しているからです。

基礎化粧のもっとも大切な役割は保湿で、「化粧水で潤す→美容液で潤いを保つ→乳液・クリームで潤いを守る」という手順で肌の潤いを保ちます。


美容液は顔全体だけでなく、乾燥しやすいシミの部分や目元などにポイント使いすることもできます。

医薬部外品の化粧品は使い方に注意が必要なので、一時的に使用を控えたり、必要な部分にだけ使うことができる美容液が便利なのです。


美白美容液の使い方は?


美白美容液はふつうの美容液と特に違う使い方をする必要はなく、基本的なスキンケアのステップに従って使用します。

美白美容液を使う順番は?

「化粧水→美容液→乳液・クリーム」という普段のスキンケアのステップは、美白美容液を使う場合も同じです。

洗顔後の肌は乾燥しやすいので、まず化粧水で水分を与えることが必要です。


また、化粧水の水分は美容液の美白成分を角層の奥まで運ぶ役割もするので、化粧水の後に美容液を使うのは理にかなっています。

化粧水と美容液に含まれる保湿成分だけでは肌から水分が失われるので、最後に油性化粧品である乳液・クリームで肌を包み、保護します。

効果的に成分を浸透させるには?

化粧品、美容液を肌に浸透させるのに有効な方法として「ハンドプレス」があります。

以前は肌をぴしゃぴしゃとたたく「パッティング」が推奨されたことがありますが、角質を傷める恐れがあるのでお奨めできません。


ハンドプレスは両手の手のひらと指全体で顔を覆い、手のぬくもりとソフトな圧力で化粧水や美容液を肌に浸透させる方法です。

手の平の位置を少しずつ変えながらトータルで1分間ほどハンドプレスをすることで、有効成分の浸透率が高まり、肌の血行もよくなります。


顔を両手で包み込むことには、心を落ちつかせる癒しの効果もあります。

美白美容液はどうやって選ぶ?


美白成分には多くの種類があり価格にも差があるので、選択に迷うところですね。選び方のポイントは次のような点です。

「美白」、「医薬部外品(薬用)」の記載をチェック

有効な美白成分が配合されていることを確認するには、パッケージに「美白」、「医薬部外品(薬用)」という記載があるかどうかをチェックします。

厚生労働省が許可した美白成分が配合された商品には、必ず「医薬部外品」などの表示があります。


メーカーには表示義務があるだけでなく、セールスポイントになるので、商品名の後ろに大きい字で記載されていることが多いです。

成分を比較する

ひとくちに美白成分と言っても、「シミができるのを予防する成分」、「できたシミを薄くする成分」、「その両方の作用を兼ね備えた成分」など、さまざまな種類があります。

シミを予防する成分の多くは、メラノサイト(色素生成細胞)がメラニン色素をつくるときに必要な、「チロシナーゼ」という酵素を阻害する働きをします。


できたシミを薄くする成分は、メラニン色素を還元・漂白する作用や、ターンオーバーを促進して色素を排出する作用があります。

成分の特徴を知って目的に合う成分を配合した製品を選ぶ必要があるとともに、その成分が肌質に合い、トラブルを起こさないことも重要です。


シミを予防する美白成分には、アルブチン、コウジ酸、トラネキサム酸、エラグ酸、ルシノール、ビタミンC誘導体などがあります。

またシミを薄くする美白成分には、ビタミンC誘導体、4MSK(資生堂の美白美容液に含まれている成分) 、エナジーシグナルAMP(大塚製薬の美白美容液に配合されている成分)などがあります。


これらの中で私たちに最も馴染みのある美白成分は、ビタミンC誘導体ですね。多くの美白美容液にこの成分を使用されてます。

成分の中には資生堂の4SMKなど、メーカーが開発して特許を取得しているものもあります。


美白美容液はこれらの美白成分を単独で配合したものの他に、いくつかを組み合わせて配合したものもあります。

テクスチャーで選ぶ

美容液での美白は、半年から一年以上の期間を掛けて、じっくり取り組むケアです。

したがって製品選びには成分の選定も重要ですが、気持ち良く使えるテクスチャー(質感・使用感)の商品を選ぶことも大切です。


美白美容液の効果は、美白成分によるものと、肌を保湿してターンオーバーを正常化することによる相乗効果です。そのためには毎日気持ち良く使えることが大切な条件になります。

成分の有効性もテクスチャーも、使ってみなければ分からないのが実際のところです。


サンプルやトライアルセットが購入できるブランドもあるので、ぜひ利用したいですね。

美白化粧品には高価なものも多くあります。トライアルセットを試すときは、本格的に取り組む際に、毎月無理なく使えるものを選びましょう。

<【美白美容液】正しく使って美肌を目指そう! まとめ>

  • 美白美容液は、シミの解消などの美白を目的とした美容液
  • 美白成分を配合した美白美容液の多くは医薬部外品である
  • 美白美容液は化粧水の後、乳液・クリームの前に使用する
  • 美白美容液を選ぶ時は、テクスチャーにこだわることも大切
  • サンプルやトライアルセットを利用して、自分に合った商品を選ぶ