美白成分、ビタミンC誘導体について



美白化粧水の配合成分としてよく見られるもののひとつに「ビタミンC誘導体」があります。ビタミンC誘導体はひとつではなくいくつかの種類があり、種類によって性質や効果が違ってきます。

ビタミンC誘導体について理解しておくことは、自分の肌により合った美白化粧品選びに役立つことでしょう。以下の情報をぜひ参考にしてください。


ビタミンC誘導体って何?

ビタミンCは壊れやすい

イチゴやレモンなどのフルーツに豊富に含まれる栄養素・ビタミンCが美容に良い成分であることは広く知られています。強い抗酸化力があることからアンチエイジング効果が期待でき、シミやそばかすの元になるメラニン色素の生成を抑えることから美白成分としても有名です。

しかしビタミンCの分子構造はとても不安定でもろく、まず空気中の酸素に触れただけですぐに酸化してしまいます。そのまま肌に塗ったとしても刺激性によって肌のバリア機能にブロックされてしまい、皮膚への浸透はほとんど望めません。

酸化しやすいために保存性が低いことや、紫外線を浴びると有害物質を発生させてしまう点でも化粧品へと加工するのが難しく、その効果をどうやって美容に、肌に活かすかが問題となっていました。

ビタミンCを加工して安定化

誘導体とは、有機化合物の分子構造の一部が変化してできた化合物を指します。不安定なビタミンCを加工し、安定化させた成分が「ビタミンC誘導体」です。

具体的には、ビタミンCのアスコルビン酸に別の物質を結合させるという加工を施すことで作られ、何を結合させるかで化粧品の特徴や効果が変化します。


ビタミンC誘導体は皮膚内に浸透後、肌自身の酵素であるホスファターゼによってビタミンCに変化し、メラニンの還元作用によるシミの予防、新陳代謝の促進、皮脂分泌のコントロール、コラーゲン生成促進といった様々な美白・美容効果を発揮します。

ビタミンC誘導体の歴史は比較的長いものであり、日本では1980年代半ばから美白成分として使用されています。天然型ビタミンC、速効型ビタミンCとも呼ばれ、外資系のコスメブランドでは、ピュアビタミンCとして配合されるのが一般的です。


ビタミンC誘導体の種類と美容・美白効果



ビタミンC誘導体は、水溶性、脂溶性、そして水溶性と脂溶性両方の性質を持つタイプと、大きく3つに分けることができ、それぞれの特徴を生かして美白化粧品に配合されています。

水溶性ビタミンC誘導体

最も一般的なのがこのタイプであり、リン酸型ビタミンC(リン酸アスコルビルMg、リン酸アスコルビルNa)、アスコルビン酸グルコシド、アスコルビルエチルなどがこれに当たります。水に溶けやすい性質を活かし、ローションや美容液、スプレータイプの化粧水などに配合されています。

水溶性タイプのメリットは、さらっとして皮膚に素早く吸収されるため、即効性が望めることです。デメリットとして、皮脂分泌を抑える働きがあるため、乾燥肌や敏感肌の方にとっては刺激が強くなりがちです。成分ごとにもう少し詳しく見てみましょう。


臨床例が多く皮膚科でも処方されるリン酸アスコルビルMgは、ビタミンC誘導体の定番成分です。皮膚内ではビタミンCとリン酸マグネシウムに分解されます。ピリピリとした刺激は比較的少ないものの、紫外線にさらされることで活性が失われるため、高濃度の商品では要冷蔵となっています。

リン酸アスコルビルNaはリン酸アスコルビルMgよりも低コストで溶けやすいため、主に皮膚科での院内処方に使用されています。ややピリピリ感がありますが充分な臨床例があり、ニキビやニキビ跡にも効果があることが分かっています。


ビタミンCに糖を結合させたアスコルビル酸グルコシドは、その安定性の高さから「安定型ビタミンC誘導体」と呼ばれます。常温で長期間保存できるため、多くの美白化粧品で1~2%配合されていますが、体内でのビタミンCへの変換効率は決して良くなく、美容効果はそれほど期待できません。

脂溶性ビタミンC誘導体

テトラヘキシルデカン酸アスコビルやステアリン酸アスコビルがこれに当たります。水溶性ビタミンCに油を結合させることでエマルジョン、つまり乳濁質の状態にしたものです。親油性から乳液、クリーム・ジェル化粧品などに配合されます。

メリットは、持続性に優れ保湿効果が高いこと、肌馴染みがよいので刺激が少なく、高い浸透率で肌の奥深くにまで届き、細胞に働きかける点です。デメリットとして、約48時間ほどかけてゆっくりとビタミンCに戻っていくため、水溶性のような即効性は望めません。

新型APPS(新型ビタミンC誘導体)



親水性、親油性両方の性質を持たせた成分で、アスコルビン酸-2リン酸-6パルミチン酸(APPS)がこれに当たります。

水溶性が持つ即効性、脂溶性が持つ浸透力を併せ持ち、その浸透力は水溶性ビタミンC誘導体の実に100倍といわれます。肌への刺激や乾燥の心配がない点も魅力ですが、価格の高さがデメリットとなります。

敏感肌の方は様子を見て

アンチエイジング、美白にシワ改善、さらにはニキビ・ニキビ跡にも効果があるなど肌に良い成分ですから「ビタミンC誘導体入りの化粧品をたっぷり使いたい」と思うかもしれませんが、使い始めはやはり肌の調子を見ていく必要があります。

ビタミンC誘導体は皮脂コントロールに作用するために、肌が乾燥しやすくなってバリア機能が低下する可能性があります。


敏感肌、乾燥肌の方はビタミンC誘導体が5%以下の商品を選び、肌の調子を見ながら保湿成分と併用すると良いでしょう。特に高濃度の商品を使う前には、パッチテストをしてからにしてください。

ビタミンC誘導体入りの化粧品はドラッグストアなどでも手軽に購入できますが、敏感肌の方や乾燥が気になる方は、皮膚科で相談したうえで肌に合うものを処方してもらう方が安心かもしれません。

<美白成分、ビタミンC誘導体について・まとめ>

  • 不安定なビタミンCを加工し安定させたのがビタミンC誘導体
  • シミ、シワ、ニキビの改善、肌のハリの回復などの効果
  • 水溶性タイプは即効性があるがやや刺激が強め
  • 脂溶性タイプは即効性はないが浸透率が高い
  • 双方のメリットを兼ね備えるのが新型ビタミンC誘導体
  • 乾燥しがちなため敏感、乾燥肌の方は様子を見る