美白成分、アルブチンの効果や副作用について



化粧品のCMなどでもよく耳にする美白成分「アルブチン」は、もともとハイドロキノンを参考に開発された美白成分です。多くの化粧品に配合されていることからも、その美白効果の高さが伺えます。

アルブチンはどのような成分で、どんな美白効果があるのかを確認しておきましょう。さらに気になるのは、美白作用や刺激の強さからの副作用はないのかどうかですよね。アルブチンの安全な使用法についても紹介します。


アルブチンってどんな成分?


ハイドロキノンを参考に開発

「肌の漂白剤」と呼ばれ、強力な美白作用が認められるハイドロキノンは、美白力の強さゆえの副作用リスクが存在します。そこでハイドロキノンを参考に、より穏やかで肌に優しい美白成分を求めて開発されたのが、アルブチンです。

このような経緯から、アルブチンは「ハイドロキノン誘導体」と呼ばれることもあります。つまりハイドロキノンとハイドロキノン誘導体とは、全く別の成分ということです。アルブチンは、厚生労働省から美白成分として認可されています。

アルブチンには二種類ある

アルブチンには、α-アルブチン、β-アルブチンの二種類があります。ハイドロキノンにブドウ糖を転移させて作った人工成分がα-アルブチン、コケモモやナシ、ウワウルシといった植物の葉に含まれる天然成分がβ-アルブチンです。

以前はアルブチンと言えばβ-アルブチンのことを指していましたが、近年では効果と安全性の高さからα-アルブチンを採用した商品が多くなっています。α-アルブチンの美白効果は、β-アルブチンの実に10倍と言われています。

そしてハイドロキノンの美白効果は、その100倍とされます。価格で見れば、天然のα-アルブチンを配合した商品の方が若干高くなる傾向です。


アルブチンの美白効果は?


シミができる過程とは

紫外線を浴びるとシミなるといいますが、その過程には皮膚で進むいくつかの化学反応が存在しています。まず紫外線などの刺激を受けた肌では、防御反応の一環としてアミノ酸のチロシンが、酵素・チロシナーゼによって化学変化を起こし、結果的に酸化してメラニン色素になります。

メラニン色素は肌のターンオーバーとともに皮膚表面へと押し上げられます。

健康な肌では、皮膚の新陳代謝とともに排出されていきますが、加齢や生活習慣の影響で代謝機能が低下したり、紫外線量が多くメラニン色素が多くなり過ぎると、排出されずに肌に残ってしまい、沈着してシミとなります。

メラニン色素の生成を抑える

アルブチンには、メラニン色素生成に欠かせない酵素であるチロシナーゼの働きを阻害する作用があります。これによりメラニン色素の発生そのものが抑えられ、シミの元を減らすという、予防による美白効果を期待できます。

アルブチンが持つチロシナーゼへの抑制は、ハイドロキノンでも見られる美白作用です。紫外線を浴びた直後でも、メラニンが黒色化する前であればアルブチンの効果はあると言われるものの、あくまでも予防に対する効果です。

シミ部分にアルブチンを塗布することで、今以上にシミが濃くなるのを防ぐことはできますが、既にできてしまったシミに対してはその他の美白成分でのケアが必要です。


アルブチンに副作用はあるの?


アルブチンの安全性は高い

その強力な美白効果ゆえに、ハイドロキノンには使用法や濃度によっては白斑のリスクがあり、白斑にはならなくても赤みやかぶれが発生することがあります。

アルブチンはそもそも、ハイドロキノンのような副作用の心配がない美白成分を作ることを目的に開発されたものです。ハイドロキノンに劣るとはいえ一定の効果がありながら、皮膚にかかる負担は少ないというアルブチンの安全性が確認されています。


その安全性の高さからアルブチンの配合に関する規制はなく、医薬部外品以外の化粧品にも配合されています。原液に近いものを塗布するようなことはもちろん危険ですが、一般的に販売される化粧品に含まれているものではそのようなリスクはなく、安心して利用することが可能です。

外国人の肌と比較して日本人の肌はデリケートな傾向があり、そんな日本人に適した美白成分と言えるでしょう。


アルブチンの安全な使い方!


用法・用量を守る

安全性が高いからと言って、むやみに使ってよいというものではありません。商品ごとに決められた用法や用量を守って、安全に使用してください。

またアルブチンは、市販の化粧品だけでなく皮膚科やクリニックといった医療施設でのシミ治療で処方されることがあります。医療機関で使うアルブチンは、市販のものよりも濃度が濃くなるため、特に使用方法をしっかり守る必要があります。

また、天然由来のβ-アルブチンより、α-アルブチンの方がアレルギー反応が出にくいとされています。アレルギー体質の方はα-アルブチンを使用した美白化粧品を選んでみてください。それでも赤みやかゆみが出る場合には使用を止めておきましょう。

紫外線対策はしっかりと

アルブチンを使って美白しているからと言って、紫外線を浴びても大丈夫というわけではありません。紫外線対策をしなければ、それだけシミの元が増えやすくなります。

紫外線予防とアルブチンでの美白ケアを同時に行うことで、より予防効果、美白効果が確かなものになります。日焼け止めや紫外線カット効果のある化粧品を使い、塗り直しも忘れないようにしてください。

ビタミンCと相乗効果あり

ビタミンCもメラニン生成を抑える働きがあるので、アルブチンと併用するとより効果的にシミを改善できます。

さらにビタミンCには、コラーゲン生成やターンオーバーを促進する働きがあり、シミやくすみをより薄くしてくれます。このことから多くの化粧品に、アルブチンとビタミンCが同時配合されています。

アルブチンは安全とはいえ、アルブチン以外の肌に合わない成分が入っている可能性があります。敏感肌やアレルギー体質の方は特に、事前にパッチテストをしてみることをおすすめします。希望に合う商品探しでは、美白化粧品を特集した口コミサイトが便利です。

<美白成分、アルブチンの効果や副作用について・まとめ>

  • ハイドロキノンより安全な美白成分として開発された
  • 人工のα-アルブチン、天然のβ-アルブチンがある
  • チロシナーゼに作用してメラニンの生成を抑える
  • 安全性は高く安心して使える
  • 用法、用量を守り紫外線対策はしっかりと
  • ビタミンCと相乗効果がある