シミのない透明感ある手を目指すための美白ケアをご紹介!



シミ対策の美白というと、顔のケアをイメージする方が多いのではないでしょうか。確かに、誰かと話すときは顔を見ますし、鏡で自分の顔を見る機会は多く、視線やシミが気になる場所ではあります。

ただし顔以外にも、意外と目がいきやすい場所、年齢を感じやすい場所が「手」です。手は皮膚が薄くシミやシワが目立ちやすいうえに、場所や時間を問わずに露出しているので、浴びる紫外線量が多くなります。「手を見れば年齢が分かる」という言葉があるほどです。


手のシミケアってどうすればいいのか分からない・・・という方もいると思います。そこで、手に合った日焼け対策、美白ケアのポイントを紹介していきましょう。白魚のような美しい手を目標に、今日から実践してみてください。


手の日焼けを防ぐためにできることは?


日焼け止めは塗り直しと保湿性を重視

美白の基本は紫外線対策です。手は、すぐに日焼け止めが洗い流されてしまいやすいパーツではありますが、かばんの中にいつも日焼け止めを携帯し、手洗いの後などこまめに塗りなおす習慣をつけましょう。スプレータイプの日焼け止めなら、手を汚すことなくサッと吹き付けられて便利です。

日焼け止めクリームを選ぶ際には、PA値やSPF値の確認はもちろん、保湿成分が入っているかを重視してください。手は水にぬれることが多く、皮脂が洗い流されたり、水分の蒸発によって潤いが奪われがちです。日焼け対策でも保湿を忘れないようにしましょう。

車や自転車に乗る機会が多かったり、屋外にいる時間が長い方は、UV加工手袋をするのがおすすめです。

ハンドクリームでの保湿が紫外線対策に

シミ対策では、美白成分のサポートと並行して、肌の油分・水分を補うことが重要になります。乾燥して荒れた手では紫外線のダメージが大きくなってしまいますが、しっかり潤ってキメの整った肌なら、紫外線をある程度ブロックしてくれます。

ハンドクリームを利用してしっかり保湿していきましょう。保湿とともに日焼け止め効果があったり、ビタミンC誘導体などの美白成分を含んだハンドクリームも販売されています。

日焼け対策は屋内でも

紫外線は窓を通して家の中に入ってきます。日の差し込む明るい窓際などで過ごしていると、手はたくさんの紫外線を浴びてしまいます。美白を目指すなら、屋内にいるときでも日焼け止めを忘れないことが大切です。

美容オイルで日焼け止め効果

食事だけでなく美容にも使えるオイルのなかには、日焼け止め効果が期待できるものがあります。

日焼け止め効果ではラズベリーシードオイルが有名で、よりポピュラーなホホバオイルやエキストラバージンオリーブオイルでも効果があると言われます。安心して使える天然由来のオイルで紫外線対策出来るのは嬉しいですね。

<関連記事>
オリーブオイル美容は美白やUV対策にも効果的!


手のシミを改善するための方法は?



手の美白ケアの基本は、上記のような紫外線対策と、美容成分を含むクリームの使用です。ただしそれ以外にも、より美しい手を目指したいときに自分でできるケアが存在します。

古い角質を落としておく

手先や足先など、体の末端部分では肌が生まれ変わる周期がより緩やかになっています。そのため古くなった角質が溜まりやすく、手がくすんで見えてしまうのです。

月に1~2回、古い角質のお手入れができるようなシミ化粧品を使ってみましょう。顔に使用するゴマージュなどもいいですね。肌が柔らかくなって、美容成分がよりしっかり浸透するのを期待できます。角質を落とした後は肌が無防備になるため、紫外線対策を怠らないでください。

ハンドマッサージの方法

手にお休みはなく、寝ている間にも無意識に皮膚をかいたりと、酷使され疲労が溜まっています。親指の付け根の盛り上がった部分を押したとき痛かったり、コリを感じるのは、疲労によって手の老廃物の排出が滞っているサインです。

心臓から遠い手先では血流が悪化しがちですが、マッサージによって血行やリンパの流れが良くなり、老廃物の排出が促されて肌の透明感が増すとともに、ハリや艶が生まれていきます。


お手入れの準備として、またクリームを塗りながら、手をマッサージする習慣をつけましょう。肌に摩擦を与え過ぎないように、気持ちいい程度の力で行います。

はじめに手のひらをこすり合わせて温め、指と指の間の水かき部分を、反対の手の親指と人差し指で挟んで押します。次に親指で、逆の手のひらの真ん中あたりをもみほぐします。


親指の付け根をキュッと5秒ほど握り、少しずつ位置を指先へとずらして、同じようにマッサージしていきます。これをそれぞれの指で順に行います。

今度は爪の根元当たりを反対の手の親指と人差し指で挟むようにマッサージします。手の甲を指先から手首に向けて流すようにさすり、最後に両手を握り合わせて手首をほぐすようにクルクル回して完了です。


時間がないときには、手のひらをこすり合わせたり、親指で手全体をもんだり、何度か両手を握るだけでも血流が促されます。

<関連記事>
マイナス5歳!若返りリンパマッサージ

天然成分のケアで透明感



お酒を造る杜氏の手が白いことは有名ですよね。これを利用して、米ぬかや酒かすでハンドケアをする方法があります。

ハチミツにあら塩を混ぜたスクラブを使ったり、クレイにハチミツやヨーグルトを混ぜてパックすると潤いが増します。身近な天然由来の材料で、安心して使えるオリジナルのクリームを作ってみましょう。

いつものハンドクリームに、ビタミンC誘導体といった美白成分を混ぜて使うのもおすすめ。時間があるときには、化粧水を含ませたコットンで手をパッティングしたり、パックするのもいいですね。ハンドクリームは、冬だけでなく年間を通して使うようにします。

手袋を利用する

洗い物や掃除など、水仕事をするときにはゴム手袋を使う習慣をつけましょう。手袋が洗剤や摩擦の刺激から手を守ってくれます。手の自然乾燥は、水分と同時に肌の潤いを奪います。濡れた手は放置せず、すぐにしっかりと水分を拭きとるようにしてください。

美容クリームで保湿したら、手をラップするように手袋をして就寝します。肌のターンオーバーが活発になる睡眠中に、美容成分が漏れなく手肌に浸透し、翌朝の効果を期待できます。

<シミのない透明感ある手を目指すための美白ケアを紹介!・まとめ>

  • 保湿成分入りの日焼け止めを手洗いの度に塗りなおす
  • 質のよいハンドクリームで手のバリア機能を高める
  • 屋内でも手の紫外線対策を
  • 定期的に手に溜まった古い角質を落とす
  • ハンドマッサージで血流を良くし、老廃物を流す
  • オリジナルの美白ハンドクリームを作ってみよう