美白の点滴、効果と副作用は?



美白効果を得たい場合には、美白化粧品を利用するほか、生活習慣の改善やサプリメントの服用などで長期的な肌質の改善を図ったり、美白成分を内服薬や注射で摂取するといった美容外科的な処置を受けるという方法もあります。

この美容外科での施術のひとつに、美白点滴があります。全身の肌への即効性が期待できる美白法のひとつですが、心配になるのは「副作用はないのか」という点です。


美白の点滴について、その具体的な効果とともに副作用についても確認をしておき、「何もしらないまま点滴を受けて困ってしまった」というようなことのないようにしておきたいものです。

美白点滴では、クリニックにより配合は異なりますが、ビタミンC、L-システインやトラネキサム酸、肝機能促進剤、栄養の宝庫である胎盤から精製されるプラセンタエキスなど、美白効果に役立つ成分が用いられます。


内服薬としてこれらの成分を摂取する場合、消化器官を経由してから全身へと成分が浸透していく仕組みであるため、どうしても成分濃度が薄まり、美白効果の減少が避けられません。このようなデメリットをなくしたのが「美白点滴」であり、美白成分が直接血管から取り入れられ、全身に行き渡るので、即効性があり、確実な美白方法であるといえます。


顔はもちろんのこと、全身に点在するシミやそばかすといった症状の改善に効果が期待でき、ニキビやくすみ、肝斑にも改善が見られます。また、肌内部のコラーゲン生成機能を活性化し、肌のハリや潤いを復活させることができます。

夏の日焼けがある程度落ち着いたあとのケアや、定期的な美白メンテナンスとして、美白の点滴を行う方も多いようです。1回約20分程度で済み、3,000円~10,000円程度で利用できる点も魅力と言えます。


副作用としては、まれではあるものの、発疹、頭痛や腹部の不快感があったり、ごくまれにアナフィラキシー症状が引き起こされる場合があります。また、心臓疾患、高血圧、腎不全の方、血栓性の疾患がある方は点滴を受けることができないため、事前によく確認してください。

点滴中に気分が悪くなった場合などは「そんなものかな」と思わずに、すぐに医師に伝えて処置を受けましょう。


また個人差がありますが、プラセンタを含む点滴では、血圧の低下や喘息の発作が引き起こされる場合もあります。点滴後は献血ができなくなることも、事前に知っておきたいですね。

いくら即効性があるとはいえ、副作用は怖いものです。まずは美白化粧品を用いて、自宅でのケアを続けてみて、効果を見てみてはいかがでしょうか。下記サイトでは安心して使用できる美白化粧品を紹介しています。参考にしてみてください。