美白になれる?プラセンタ注射の効果と副作用



美肌・美白に効果的な美容法を探していると目につくのが、「プラセンタ注射」です。「注射を打つだけで美白効果が得られるなら嬉しい!」と魅力を感じる方は少なくないでしょう。

だからといって、すぐに施術に踏み切ってしまうのは待ってください。即効性や効果があるものだからこそ、プラセンタ注射とは何なのか、安全なのか、副作用はないのか、自分の肌を守るためにきちんと理解しておく必要があります。


どんな美容効果が得られるのかといったプラス面と合わせて、考えられるマイナス面についてもしっかり確認していきます。


プラセンタ注射って何?

栄養豊富な胎盤のエキス



プラセンタとは、母親と胎児とを連絡する器官である「胎盤」のことです。哺乳類の胎盤から抽出・精製した栄養成分のエキスのことを、医療・美容分野においてプラセンタと呼んでいます。

母体の栄養や酸素を胎児に送る胎盤には、アミノ酸、タンパク質、脂質、糖質といった主要な栄養素のほか、ビタミン、ミネラル、核酸、酵素など、体を作り身体機能を維持するのに欠かせない各種栄養が含まれています。


美容面で着目すると、エイジングケアに重要な核酸、免疫力を上げる酵素、抗酸化力をアップする活性ペプチド、細胞をつないで肌のキメを整えるムコ多糖体、新陳代謝促進成分など、魅力的な栄養が含まれています。

プラセンタの摂取法として、ここで取り上げている注射のほか、配合サプリを経口摂取したり、配合化粧品を皮膚に塗ることもできます。


プラセンタ注射薬は、厚生労働省で認められた医薬品です。注射薬の原料は国産のヒト胎盤エキスであり、サプリに使用されるプラセンタの場合、馬・豚などの動物性、もしくは植物性のエキスとなっています。ヒト由来のプラセンタは、医療機関でのみ取り扱いが可能です。

注射の方法

プラセンタ注射には皮下注射と筋肉注射があり、筋肉注射の方が即効性があります。腕に打つのが一般的ですが、痛みに弱い方はお尻に打つこともできますし、顔への美容効果を高めるため顔に直接注射する方法もあります。

個人差がありますが、2~3回の注射で効果を感じ始める方が多いようです。注射1回につき2~3日効果が持続し、最初のうちは週に2回、効果が定着してくる2~3ヶ月目以降は週に1回の注射を続けるのが一般的です。


プラセンタ注射の効果は?


細胞分裂を促す美容効果

1個の小さな受精卵をどんどん分裂させ、妊娠期間の間に3kg前後の胎児にまで成長させるのに使われる胎盤。そこから抽出されるプラセンタエキスには、細胞分裂促進の作用が備わります。

細胞を生まれ変わらせ肌の若返りを促す成分「グローシング・ファクター」によって、老廃物やメラニンが除去され、シミが改善する美白効果があります。またプラセンタにはコラーゲンやヒアルロン酸も含まれるため、肌に潤いとハリが戻り、シワやたるみの改善を期待できます。

豊富な栄養による体調の改善

人間以外の哺乳類は、出産後自分の胎盤を食用にします。これは胎盤の栄養によって産後の体力回復をする意味があると考えられています。古代ギリシャの医師・ヒポクラテスが治療に用いたという説もあるほど、古来からプラセンタ成分の治癒力は活用されてきました。

美容目的での注目度が高いプラセンタですが、医療機関では肝硬変、胃潰瘍、更年期障害などの治療に用いられており、下記のような効能が期待できます。

  • 自律神経、ホルモンバランス調整
  • 組織修復
  • 抗酸化作用
  • 免疫力強化
  • 抗アレルギー、抗炎症作用
  • 代謝促進、臓器機能の活性化
  • 肝臓の働きを高める

より具体的には、肩こり、冷え性、眼精疲労、便秘、ぜんそく、花粉症、生理不順、生理痛、高血圧、糖尿病、不眠症、心身症に、美容では美白、肌荒れ、ニキビ、乾燥、湿疹、肌の老化に効果があると考えられます。


プラセンタ注射は安全なの?副作用はある?


エキスの安全性は向上

プラセンタ注射による感染症や拒絶反応のリスクはないのかが懸念されるところですが、このような副作用が多かったのは、胎盤の消毒など安全性管理が不十分だった戦前の頃の話です。

血液製剤では使用リスクが存在しますが、プラセンタ中のホルモンや血液は、現代では製造過程において完全に除去され、有効成分のみが抽出されるようになっています。塩酸による加水分解など何工程もの安全処理を施され、各種汚染がないことを確認して出荷されています。


こうして保険適用の認可から数十年、一度もプラセンタそのものによる重篤な副作用報告はなく、継続使用による問題もありません。

人によって注射行為による腫れや痛み、あざなどの可能性がありますが、これらはほとんどの場合半日程度でなくなります。


重篤ではないものの、たまに悪寒、悪心、発熱、発疹などの反応が起こることがあり、この場合すぐに注射を中止してください。また、タンパクアミノ酸製剤に対しアレルギーがある方は投与ができません。

治療費は自己負担

美容目的の場合のプラセンタ注射費用は保険適用外となり、全額自己負担となります。一般的な価格は、1アンプル(2ml)1,000円程度ですが、プラセンタ注射は定期接種によって効果が得られるものです。そのため1回に2アンプルを週2回・・・というように継続していくと、結果的にある程度の費用が必要になります。

プラセンタ注射後は献血ができない

2006年の厚生労働省の通達により、BSE関連の疾病感染防止策の一環として、プラセンタ注射をしている方は献血をすることが禁止されています。

実際に病気の原因物質が胎盤に含まれるかどうかは分からず、実際の感染報告はないものの、人の臓器から作られたものであり理論上はリスクを否定できないということで、このような対策が取られています。

現代でのプラセンタによる感染リスクはかなり低下していると考えられるものの、プラセンタ注射をすれば献血ができないことは、覚えておいてください。

静脈注射は許可されていない



プラセンタを静脈注射すると、血圧低下やショック状態、チアノーゼ、ホルモン異常などの症状が起こる可能性があるうえ、プラセンタエキスがすぐに体外へ排出されてしまい効果を期待できません。そもそも投与法として許可されていないので注意してください。


また同様の理由で、プラセンタ配合のカクテル注射にも注意が必要です。クリニック独自の配合で、プラセンタにビタミン剤などをプラスしたカクテル注射を勧められることがあります。

美容効果がアップしそうに思いますが、カクテル注射は静脈注射や点滴などで直接血管に注入します。そのため、やはり先のような静脈注射のリスクが発生するのです。

リスクもを理解しておくことが大事

実際に、医師にカクテル注射を勧められ、最初は肌調子が良かったものの1ヶ月経過した頃から生理周期がおかしくなり、怖くなってプラセンタ注射を止めたところ周期が正常に戻った、という体験談があります。

異常を感じて医師に相談しても「添付文書にそんな副作用は書いていない」と言われたそうです。


医師の言うことだからと鵜呑みにするのではなく、皮下注射や筋肉注射以外の注射法になっていないか、何をどのぐらいのペースで投与するのか、わかりやすく説明をしてくれ、信頼できる医療機関を選ぶことが大切です。美容目的であっても注射は、あくまで治療のひとつなのです。

プラセンタ注射以外でも美白効果が得られる方法はあり、美白化粧品もそのひとつです。肌に安心して使え、かつ肌悩みに合った美白化粧品は、美白情報サイトで探すことができます。

<美白になれる?プラセンタ注射の効果と副作用・まとめ>

  • 胎盤から抽出、精製した栄養豊富なエキス
  • 皮下注射か筋肉注射で継続することで効果が出る
  • 肌細胞が生まれ変わり、シミ、シワ、たるみが改善
  • 臓器機能強化などの作用が医療でも活用される
  • 現代では安全管理がなされ副作用のリスクは低い
  • 献血ができないことや注射法などを理解して利用する