サングラスでシミ美白対策ができる?その理由は?



強い紫外線から目を守り、また眩しさを抑えて視界をよくする「サングラス」。男女問わず、1つは持っているという人がほとんどではないかと思います。

そんなサングラスが、最近ではシミの予防に効果があるとして話題になっているようです。

ここでは、サングラスがシミを防いでくれる理由や、より予防効果の高いサングラスの選び方などについて解説していきたいと思います。


サングラスは美白対策の必須アイテムである理由とは

目から吸収した紫外線がシミの原因に!?



シミができる原因にはいろいろなものがありますが、紫外線によるものが一番多いです。

皮膚に紫外線が当たると、紫外線から守るためにメラニンを分泌することでシミとなってしまうのですが、実は紫外線によるシミは、直接皮膚に紫外線が当たらない場合でもできてしまうことがあり、それがサングラスと大きく関係してきます。


紫外線は皮膚だけではなく、目の角膜からも吸収されます。目の角膜が紫外線を受けると軽い炎症を起こし、すると脳に紫外線をキャッチしたということが伝わります。

紫外線を吸収したことを感知した脳は、体を全体から守るために、目だけではなく全身にメラニンの分泌を促す司令を出し、それによって体にシミができてしまうのです。


サングラスをかけることによって、目の角膜から紫外線を吸収することを防いでくれるため、全身のシミ予防に大きな効果があるということが理解できますね。

物理的にも紫外線を防いでくれる

目から受ける紫外線の影響を防ぐとともに、サングラスをかけることで目の周りの皮膚を保護できるため、物理的な面でもシミの予防につながります。

目の周りは皮膚が薄く、シミができやすいため、サングラスによって紫外線をカットすることはとても有効です。


紫外線の種類とその影響は


UV-AとUV-Bの違い

一言で紫外線といっても、その種類はいくつかに分けられます。紫外線の種類は大きくUV-A、B、Cの3種類あり、UV-Aは「日常紫外線」と呼ばれ、長時間浴びることでメラニンが生成される元となるものです。

肌の奥まで入り込み、メラニンはもちろん、コラーゲンを破壊するなど、シミやシワ、肌荒れの原因となります。

UV-BはAよりも強い紫外線で、肌の奥まで吸収されることはありませんが、日焼けで炎症を起こしたり、水ぶくれのようになってしまう原因となります。UV-Cは地上まで届くことのない紫外線なので、人体に影響することはありません。

目の日焼けが招くトラブルとは?

目から紫外線を吸収してしまうことで起こるトラブルは、シミだけではありません。経験したことのある人も多いかと思いますが、目の充血や乾燥、目を開けにくくなるといった症状が起こることがあり、日常生活に支障をきたすことがままあります。

また、これらの症状がひどくなると白内障の原因となるなど、深刻な状態を招く恐れもあるのです。サングラスで紫外線を予防することは、とても大切だということがわかると思います。


シミを防ぐにはサングラスの選び方が重要!


UVレンズを使ったサングラスを選ぶ

最近のサングラスは、ほとんどの商品がUVレンズを使用していると思われまずが、購入時には必ずレンズにUV加工が施してあるかどうかを確認した上で購入しましょう。

中には99%も紫外線をカットしてくれるレンズがあるようですので、できるだけUV効果の高いものを選ぶとよいですね。

サングラスはレンズ色が濃ければよいというわけではない

サングラスは、レンズの色が濃いほど紫外線を防ぐ効果が高いイメージがありますが、レンズ色が濃いからといってUV効果は高くなりません。

むしろ効果としては逆で、レンズの色が濃いほど紫外線を吸収しやすくなります。目の瞳孔は、明るい場所では閉じ、暗い場所では開くといったように、より見えやすくなるよう大きさが調整されています。

サングラスのレンズ色が暗いと、視界が見えにくくなるため瞳孔が開き、より紫外線を吸収しやすくなってしまうのです。UVレンズを使用する場合でも、あまりレンズ色が濃すぎず、瞳孔が開きにくい商品を選ぶことをおすすめします。

顔にフィットしたものを選ぶ

サングラスは実にたくさんの商品が販売されていて、サイズもさまざまです。かけたときに顔とサングラスの隙間が多いものだと、隙間から紫外線が入り込んで目の角膜で吸収してしまいます。

このため、必ず試着をして、でいるだけ顔にフィットした製品を選ぶようにしてください。また、UV効果を狙うなら、できるだけ大きいフレームの商品を選ぶのがおすすめです。

フレームが大きければ、その分カバーできる範囲が広くなりますので、物理的にも目からの紫外線を防ぐ上でも、UV効果が高まります。

UV効果のある伊達メガネでもOK

最近は多くの人がサングラスを愛用していますが、中には視界が悪くなるためあまり使いたくないという人もいるかもしれません。その場合、サングラスでなくても、UVレンズを使用した伊達メガネをかけるのも効果的です。

紫外線を防ぐことができれば、レンズの色は関係ありませんので、メガネ類が苦手という人も外出時だけはUVレンズの伊達メガネをかけるよう意識してみるとよいと思います。

帽子や日傘などとダブル使いで効果アップ

サングラスをかけるだけでも十分なUV効果を得ることができますが、さらにしっかり紫外線を予防したいという人は、日傘や帽子をサングラスと合わせて活用するとよいでしょう。

日傘は顔から肩にかけて、広い範囲でカバーすることができますし、帽子も顔全体の日焼けを予防できます。

帽子をかぶるだけでも50%の紫外線をカットできるそうで、サングラスと合わせればなんと90%もの紫外線を予防できるそうですので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

<サングラスでシミ美白対策ができる?その理由は?・まとめ>

  • 目が紫外線を吸収すると、その情報が脳に伝わり全身にメラニンを生成してしまう
  • サングラスは目の日焼けを予防するためにとても有効なアイテム
  • サングラスを選ぶときは、UVレンズを使用したフレームの大きいを選ぶ
  • サングラスに合わせて日傘や帽子を併用すると、さらにUV効果が高くなる