男性の美白ケア、何をすればいい?



化粧品やおしゃれに気を遣う男性が増えた現代では、美白ケアも女性だけのものではありません。ある調査によれば、30歳以上の男性の肌悩みの1位はシミであり、2人に1人がシミを気にしているという結果が出ています。

せっかくの働き盛りの中年期に顔がシミだらけでは、実際よりも老けて見られてしまったり、第一印象が悪くなってしまう可能性があり、プライベートでもビジネスでもマイナスの影響となってしまいます。


健康で美しい肌は周囲に好印象を与えるだけでなく、自信にもつながります。そこで、女性とは微妙に異なる点もある男性のシミの原因や、おすすめの美白ケアについて紹介します。


男性のシミ、その原因とは?


一番の原因は紫外線

男性の場合も、シミの主な原因が紫外線であることは女性と変わりありません。強い紫外線を浴びたり、長時間紫外線を浴び続ける生活によって、肌の防御機能としてメラニン色素が過剰に生成され、これが蓄積されてシミとなって現れます。


過去には「日焼けして引き締まった男性の肌は精悍でよい」という見方もありました。若い世代なら日焼け肌もいいですが、中高年を過ぎてそのダメージが全てシミになってしまっては残念です。

紫外線はシミをつくるだけでなく、肌の弾力を失わせて老化を促し、シワやその他の皮膚疾患の原因にもなりえます。

洗顔やひげ剃りの刺激

ほとんどの男性は、女性のようにスキンケアに気を遣うことがありません。顔をさっぱりさせることだけを目的にゴシゴシと顔を洗い、タオルで雑に水分を拭きとっている、という方が多いと思います。

そのときは爽快感があっていいかもしれませんが、肌への余計な刺激はダメージとなって、炎症性の色素沈着を引き起こします。同様に、毎日のひげ剃りもまた、肌の炎症の引き金となっています。


傷つけたまま保湿もせずに放置することで肌のバリア機能は低下し、女性よりも弱い肌になってしまいます。こうして紫外線などのダメージをより受けやすく、よりシミのできやすい肌となりがちなのです。

男性の肌は女性と比べ皮脂量が3倍多く、逆に水分量は半分しかないという調査結果があります。肌の乾燥が余計に皮脂分泌を促して、過剰な皮脂でニキビの炎症も悪化しやすくなります。

加齢

40歳頃から頬や腕など日光が当たりやすい場所にシミが現れ始めるのは、若い頃には規則正しくシミの元を排出していた肌のターンオーバー周期が加齢によって遅れ始め、だんだんと肌の生まれ変わりがゆっくりになってしまうためです。

ストレス

仕事の忙しさなどでストレスが過剰になると、自律神経のバランスが乱れてメラニンを刺激するホルモンが増加し、シミの原因になります。そのほか、遺伝性のそばかす(雀卵斑)が見られる男性もいます。


男性におすすめの美白ケアをご紹介!


男性もしっかり紫外線対策

最も大切なのは、やはり紫外線を浴び過ぎないようにすることです。それほど日差しが強くないと感じる日や、ちょっとした通勤時間の間だけでも、浴びる紫外線量は少なくありません。女性同様、夏だけでなく年間を通したUVケアが必要です。

男性は皮脂分泌が多めなので肌がベタツキがち。日焼け止めはサラッとしたジェルタイプなどを選び、衣類から露出する顔や首筋、うなじ、手や腕にしっかり塗りましょう。


朝に日焼け止めを塗ってそのままにするのではなく、こまめな塗り直しをしないとせっかくの日焼け止めの効果が得られません。昼食後や休憩時に塗りなおす習慣をつけましょう。塗り直しの前に肌をさっぱりさせたいときには、携帯ウェットティッシュが便利です。

UVBカット率を示すSPF値が高いほど日焼け止め効果は高まりますが、同時に肌へのダメージも強くなります。外回りや屋外で働く場合には高いSPF値の日焼け止めでOKですが、デスクワーク中心であればSPFは低めのものを選び、むしろ塗り直しを忘れないことで効果を高めます。


男性が日傘を使用するのはまだまだ勇気がいるかもしれませんが、キャップでなくつばのある帽子を使ったり、シャツの襟をたてて首の日焼けを防いだりすることはできますよね。雨の日の傘は紫外線カット効果のあるものを選んでみてください。

スキンケアで積極的にシミ対策



男性用のスキンケア商品の中には、ホワイトニングやブライトニングなど、美白効果を謳う商品が増えてきています。洗顔料や日焼け止め、美容液やシートマスクなどが見られます。

高級な化粧品でなく、コンビニやドラッグストアで販売されている商品でも、充分効果を期待できます。ピンポイントでケアできるスティックタイプの商品や、保湿クリームなどは男性も使いやすいのではないでしょうか。


男性用の商品に限らず、女性用の美白化粧品を男性が使用したとしてもなんら問題はありません。

ただし、皮脂が多めで顔のべたつきが気になる場合には、あらかじめ化粧品の使用感を確認したほうがいいですし、顔の大きさが男女で違ってくるので、シートマスクの大きさには注意してください。


美白のためというと照れくさいかもしれませんが、肌の健康のため、老化を少しでも遅らせるためと思えば決して恥ずかしいものではありません。スキンケアは継続することで変化が感じられます。購入を続けられるかどうかも、商品選びの基準のひとつにしてくださいね。

どんな美白化粧品がいいのか分からない・・・という方は、インターネットの口コミサイトやランキングサイトを参考にすると選びやすいでしょう。

肌ダメージは最小限に

洗顔やひげ剃りのときには、肌に余計な刺激を与えないよう、優しく丁寧にケアしましょう。洗顔では、泡で肌をなでるイメージで洗い、時間をかけすぎずしっかりすすぎ、顔を拭く際にはこすらず、そっと水分を拭きとります。

ひげ剃りではできるだけ摩擦の少ない道具やフォーム、クリームを選んでください。洗顔後は化粧水でしっかり保湿し、肌のバリア機能を高めることがシミ対策につながります。化粧水と乳液の機能が一緒になったオールインワンタイプの化粧品も便利です。


体の中からのシミ対策として、栄養バランスの良い食事を心がけ、充分な睡眠をとることが大切です。紫外線によって発生しシミの元となる活性酸素を抑えるため、抗酸化作用が高いビタミンCを含む食材や緑黄色野菜を食べるようにしましょう。

充分な睡眠をとるのが難しい場合にも、眠る直前はスマホやPC、テレビなどの明るい光を避け、睡眠の質を上げるようにしてみてください。

<男性の美白ケア、何をすればいい?・まとめ>

  • 日焼けのほか、ひげ剃りや洗顔のダメージがシミに
  • 男性は乾燥しがちで皮脂が多く、炎症を起こしやすい
  • 加齢やストレスもシミを増やす原因
  • 年間を通ししっかり日焼け対策を
  • 男性用の美白化粧品も増えている
  • 肌への刺激を避け、生活習慣の見直しを