美容効果がすごい!鮭を食べて美人になろう


鮭は私たちに最もなじみの深いお魚ですが、「スーパーフード」と言われるくらい美容効果が高い食品だということはご存知でしょうか?

食べやすくて美味しい、便利な食材である鮭は、美容面でも注目したい食品なのです。


今回は鮭の驚くべき美容効果と、美容に効果的な食べ方を詳しく説明します。

鮭のピンク色に隠された秘密は?


食欲をそそる鮭のサーモンピンクの身には、味覚だけではなくもう一つの秘密が隠されています。

私たちの健康や美容に役立つ、鮭のピンク色の秘密とは何でしょうか?

鮭は白身魚!

鮭の身は鮮やかなピンク色をしているので赤身魚と思われがちですが、実はタイやヒラメと同じ白身魚に分類されます。

川で生まれたときの鮭は白身ですが、海に下って数年過ごすうちにあのサーモンピンクに身の色が変化します。


鮭がピンク色になるのは、餌のオキアミに含まれる「アスタキサンチン」を大量に身体に取り込むからです。

オキアミもアスタキサンチンを自分で作る訳ではなく、藻の1種であるヘマトコッカスを食べることで身体がピンク色になります。


藻→オキアミ→鮭という食物連鎖によって、アスタキサンチンが鮭の身に蓄積されます。

スタキサンチンってどんな成分?

アスタキサンチンは非常に強力な抗酸化物質です。

オキアミの餌になるヘマトコッカス藻は、海面で強い紫外線を浴びると活性酸素の害から細胞を守るために、大量のアスタキサンチンを生成して緑色から褐色に変化します。


抗酸化物質として有名なポリフェノールも植物によって作られる成分ですが、アスタキサンチンも植物由来の成分で、動物はそれを食べることで抗酸化力を身につけます。

鮭の身(筋肉)にあるアスタキサンチンは、鮭が川を遡上するときの激しい運動で発生する活性酸素の害から、体を守る働きをしています。


また産卵時には、アスタキサンチンの多くが卵(イクラ)に移行します。

これは浅瀬で孵化する卵を紫外線の害から守るためだと考えられています。


人の体を酸化・老化の害から守る抗酸化物質としては、ビタミンCやビタミンE、β-カロテンなどがありますが、アスタキサンチンにはビタミンEの500倍、β-カロテンの40倍の抗酸化力があると言われています。

アスタキサンチンの美容効果は?

鮭に含まれるアスタキサンチンの強い抗酸化作用は、美容面では酸化による肌細胞の老化を防ぐアンチエイジング効果をもたらします。

肌の若さを保つことでターンオーバーが促進されるので、肌に蓄積しているメラニンの除去がスムーズになり、乾燥を防いで肌のキメが整います。


またアスタキサンチンには、紫外線によって発生する活性酸素を減らして、メラニンの生成を抑制する効果もあります。

肌の酸化による老化を抑制することは、しわの改善や予防にもつながります。


このようにアスタキサンチンの抗酸化力は、肌の酸化を抑制することで、肌トラブルを防いで美容効果を発揮するのです。


アスタキサンチンだけじゃない!鮭の美容効果とは?


鮭が美容効果の高い食品と言われるのは、アスタキサンチンを豊富に含むことだけが理由ではありません。

アスタキサンチン以外の鮭の美容効果には、どのようなものがあるのでしょうか?

コラーゲンで潤いアップ!

鮭の身や皮には、コラーゲンが豊富に含まれています。

また鮭の良質なタンパク質はコラーゲンの合成に必要な必須アミノ酸をバランスよく含んでいます。


タンパク質の1種であるコラーゲンは、肌の潤いと張りを保つために欠かせない物質、肌の真皮層の約70%がコラーゲンでできています。

コラーゲンには細胞と細胞をつなぎ合わせて組織を柔軟にする役割があります。


肌のコラーゲンが不足すると柔軟性と張りが失われて、肌の真皮層から表皮に水分を与える力も低下します。

DHA・EPAの美容効果は?

鮭はイワシやサバなどの青魚に次いでDHA・EPAを豊富に含んでいる魚です。

DHA・EPAは不飽和脂肪酸のなかでもオメガ3系に属する脂肪で、血液をサラサラにして血行を促進する効果が特に高いことが知られています。


血液がサラサラになると毛細血管の血流が促進されるので、皮膚への栄養や酸素の供給が活発になり、新陳代謝が活性化します。

十分な栄養を与えられた肌はターンオーバーが正常化して、キメが整ってきます。


血行促進によって体の中からの水分補給が活発になると共に、キメが整うことで肌の水分保持能力が高まり乾燥しにくくなります。

鮭には青魚の約半分のDHA・EPAが含まれているので、鮭を積極的に食べることで、青魚が苦手な人でも十分な摂取量を確保できます。


鮭のおすすめ調理法は?


鮭の調理法はいろいろありますが、効率的にアスタキサンチンを摂るためにはどのような調理法が良いのでしょうか?

生で食べるのがベスト

アスタキサンチンは熱に対しては比較的安定性が高い物質ですが、120℃に加熱すると10%くらいが失われます。

生で食べるともちろん100%摂取できますが、煮る・蒸すなどの調理法で大きく失われることはありません。


しかし高温の油で揚げる、焼くなどの調理法では20~30%失われる可能性があります。

DHA・EPAも過熱することで減少するので、鮭は生で食べるのがベストと言えます。


お刺身として食べたり、生野菜のサラダと一緒に食べるのもおすすめです。

皮まで食べる

皮は身よりもアスタキサンチンを多く含み、皮の裏側にある脂肪にはDHA・EPAが豊富に含まれています。

お歳暮などでもらう新巻き鮭には頭も付いていますが、鮭の頭の軟骨部分にはコラーゲンが豊富に含まれています。


身だけでなく、皮や頭も残さず食べることで栄養効果・美肌効果が高まります。

おすすめの食べ合わせは?

鮭をビタミンCが豊富な食品といっしょに食べると、アスタキサンチンの効果が倍増します。

ビタミンCの抗酸化作用との相乗効果で、メラニンの生産を抑制する作用も、できたメラニンを排出する作用も高まるからです。


またビタミンCはコラーゲンの合成に欠かせない成分なので、鮭と一緒に食べることで含まれるコラーゲンやタンパク質をより効率よく活用できます。

鮭の栄養素・美肌成分を吸収するのは腸なので、腸内環境を整える食物繊維をいっしょに食べることも重要です。


三平汁や粕汁など、鮭と食物繊維が豊富な根菜類を合わせた料理がたくさんあるのは、とても理にかなったことだと言えます。

また海藻・長芋・オクラなどのネバネバ食品に含まれる水溶性食物繊維は、腸内細菌を元気にするので鮭と一緒に食べることで美肌効果がより高まります。


<美容効果がすごい!鮭を食べて美人になろう まとめ>

  • 白身魚の鮭の身がピンク色なのは、アスタキサンチンを大量に含んでいるから
  • アスタキサンチンには強い抗酸化作用があり、メラニン除去などの美肌効果を発揮する
  • 鮭にはコラーゲンやDHA・EPAなどの美肌成分も豊富に含まれている
  • 鮭はあまり加熱しない方が美肌効果が高まる
  • 鮭はビタミンCと一緒に食べるとより美肌効果を発揮する