シミ美白の改善グッズ



美白ブームの影響もあり、今では様々なシミ対策グッズがたくさん売られています。

日焼け止めクリームはもちろんのこと、UV加工した日傘や帽子、サングラスといったファッション小物を始め、紫外線を99%カットする車の窓ガラスを採用した自動車まで誕生しました。


UVカット使用のものだと、持っているだけで気持ちが安心できますよね。こうしたグッズなら日常生活においても手軽に取り入れられるので、忙しい女性でもばっちりと紫外線対策ができます。

しかし、このページを覗きにきた女性達が望むのは対策ではなく「改善」です。できてしまったお肌のシミやくすみを薄く、あわよくば消すためにはどのようなグッズや方法があるのでしょうか?



ここでは、シミ・くすみ改善グッズとしてオススメのスクラブ洗顔料ついて
ご紹介したいと思います。




スクラブ洗顔料とは、ツブツブとした細かい粉末が含まれた洗顔料のことです。粒の摩擦により、泡だけでは落とし切れなかった毛穴奥深くの汚れをキレイに掃除してくれます。

毛穴がキレイになってお肌が綺麗になるのはわかるけど、なぜシミやくすみに効果があるの?と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。

シミ解消の秘訣は「お肌の生まれ変わり」がキーポイントです。


シミのない美肌を保つ為の条件はいくつかありますが、その中のひとつに「ターンオーバーが正常であること」が挙げられます。

ターンオーバーとは、約28日をかけて新しい角質細胞に生まれ変わることを言います。


人間の皮膚には、表皮・真皮・皮下組織と主に3つの層から成り立っています。真皮は、新しい細胞を生み出す能力はありませんが、表面に位置する表皮は、ターンオーバーによって次々と新しい細胞に生まれ変わることができます。

紫外線を浴びて、シミのもとであるメラニン色素が発生しても、この表皮層に留まっていてくれれば、ターンオーバーの流れに乗ってお肌からシミを追い払うことが可能なのです。


しかし、このターンオーバーの働きは年齢を重ねるごとにどんどん衰えていきます。

20代のうちは28日周期だったのが、50代にもなると50日・・・シミができやすく、くすみがちになりやすいのはターンオーバーの低下が原因だと考えられます。


そこで、救世主となるのがスクラブ洗顔です。

スクラブが、ターンオーバーが遅れてお肌に残ったままの古い角質をきれいに落とし、新しい細胞を生み出す手伝いをしてくれるわけなのです。

スクラブ洗顔1回しただけでも、お肌のトーンアップを実感したという方は多いんです!


また、新しい角質はお肌が柔らかい状態なので、化粧水の浸透力もアップするので、美白効果の高いスキンケアを合わせて使用することをおすすめ致します。(スクラブ洗顔の正しい使用方法、注意については下の方でご紹介いたします。)



下記では、シミ改善に効果的なグッズやケアについて紹介しています。どれも簡単でお金もかからずに出来るものなので、シミでお悩みの方はぜひ一度お試しくださいませ。

シミ美白の改善グッズ


スクラブ洗顔、やりすぎはシミができるかも?



スクラブ洗顔は、誤った方法で雑に行うと思わぬ肌トラブルを招きますので注意しなくてはなりません。

スクラブ洗顔は週に1~2回ほどが理想です。


これ以上やりすぎてしまうと、スクラブによって薄いお肌の角質層は傷付きやすきなり、摩擦によって色素沈着を起こしやすくなるといったリスクがあります。

スクラブ洗顔は、洗い上がりがツルツルになって毛穴もキュッと引き締まった感覚を味わえるので、ついつい毎日でも使いたくなってしまうのですが、やりすぎは逆にお肌の機能を低下させてしまいますので絶対に使用方法や回数は守りましょう。


では、シミ美白の為のスクラブ洗顔の正しい方法についてご紹介いたします。

①洗顔前は、ぬるま湯で顔に水気を与えるように優しく濡らしましょう。

普通の洗顔料同様にスクラブ洗顔料もネットなどでよく泡立ててから洗顔することが大切です。

皮脂量の盛んな鼻やおでこから洗い、目の周りなどの薄い皮膚の部分は最後に優しくさっと洗いましょう。ゴシゴシではなく泡だけで洗うように意識して優しく行います。


②洗顔が終わったら、ぬるま湯ですすぎ落としが無いように丁寧にすすぎます。

③清潔なタオルでぽんぽんとこすらないように水気をふき取ります。

その後は、お肌が乾燥しないように直ちに保湿力の高い美白化粧水やクリームでお肌に水分と美白成分を補給します。



スクラブ洗顔料は色々な種類が売られていますが、低刺激なものやスクラブの粒子が細かいタイプのものを選ぶのがポイントです。

スクラブ洗顔料は自宅で簡単にできるシミ美白グッズのひとつなので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?