シミの原因・種類について



目元や頬など、気になるシミが増えてきた…と悩んでいる女性は多いですよね。

今はしっかりと美白ケアしている方でも、若い時に浴びた沢山の紫外線が、今になって姿を現してくる、なんてことは30歳を超えるあたりからざらに出てきます。


できるものなら「昔に戻って若い頃の自分に紫外線の怖さを教えてあげたい!」と言いたいところですが・・・実はシミと言っても種類はさまざま

必ずしも紫外線だけが原因とは限らないんです。


いくら美白化粧品でシミ対策を行っても全然効果がない!と言う場合には、シミのタイプに注目してみる必要があるでしょう。

シミの種類や原因を知ることで、より効果的なシミ対策が行えますので、これから高価な美白化粧品を購入しようとしている方は、高い買い物が無駄にならないように、ぜひこちらをご覧になってから検討されてみてはいかがでしょうか?


まずは、シミの種類から見ていきましょう。


シミの種類① 老人性色素斑

シミの中でも最も一般的なのがこちらです。薄茶色で大きさは数ミリから1センチくらいのもので、年齢を重ねると増えてくる憎きシミです。

頬やこめかみなど、顔の中でも紫外線に当たりやすい箇所にできるのが特徴。

比較的、シミ対策が行いやすいタイプのシミなので、紫外線対策や美白スキンケア、美容皮膚科でのシミ治療も有効です。


シミの種類② 肝斑

主に、30代から40代女性に見られるのがこちらのシミです。頬骨や鼻下、額など、左右対称に出来るのが肝斑の最大の特徴です。

肝斑は、閉経前の女性(更年期)や妊娠中、ピル服用中など、女性ホルモンのバランスが乱れる際に起こりやすいシミだとされています。


シミの種類③ そばかす

一見、色素の薄い外国人の子供のような、チャーミングな印象を受けるそばかすですが、このそばかすに悩んでいる日本人も多いんですよね。

そばかすは、鼻を中心として頬全体に散らばりを見せる薄茶色で細かいシミが特徴です。遺伝的な要因が大きく、大人になるに連れて増えたり、色が濃くなる場合もあります。



シミは紫外線や加齢、女性ホルモンなど様々な原因が関係していることが分かっていただけたかと思いますが、この他にもストレスや大人ニキビによってシミが出来ることもあります。


では、次にシミの原因についてです。ここではストレスと大人ニキビに絞って見ていきましょう。



シミの原因① ストレス

シミができるメカニズムは、メラニン色素が大きく関係しています。一般的に、メラニン色素とは紫外線などダメージの大きな外敵から肌を守るために、肌内部で生成されるものです。

メラニン色素は通常、ターンオーバーと共に外へ排出されるものですが、年齢によって上手くターンオーバーが成されなかった場合、シミとして残ってしまうのです。


また、紫外線は同時に、メラニン色素を過剰に作り出す活性酸素を生み出します。

活性酸素は、メラニンを必要以上に生成するだけでなく、体の酸化を促し老化を早めてしまう女性の敵です。

ストレスを溜めることでも活性酸素は発生しますので、シミ美白を行う際は、UV対策と併せて自分なりのストレス解消法を用意しておくと良いでしょう。


シミの原因② 大人ニキビ

ニキビが治ったと思ったのに、茶色くニキビ跡として残ってしまった経験ありませんか?

これは炎症後色素沈着と呼ばれるシミの一種です。ニキビに限らず、かぶれや火傷、蚊に刺されによって色素沈着する場合も多いです。

ニキビが出来やすい方は、跡に残らないようにしっかりとケアする必要がありますよ。


下記では、上記に挙げたシミの原因や種類以外にもいくつか紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

シミの原因・種類に関する記事


シミに効果のある美白ケアとは?

一口にシミと言っても、原因や種類は様々です。シミ美白を目指すには、まずは自分のシミがどのタイプであるのかきちんと把握しておくことが大切です。

第一に紫外線対策を万全にし、美白化粧品も合わせて使用することでシミ美白の効果はアップします。透き通るお肌を目指して、毎日のケアに力を入れましょう!

 シミを消す化粧品、失敗しない選び方は?