シミの原因・種類について



目元や頬など、気になるシミが増えてきた…と悩んでいる女性は多いですよね。

今はしっかりと美白ケアしている方でも、若い時に浴びた沢山の紫外線が、今になって姿を現してくる、なんてことは30歳を超えるあたりからざらに出てきます。


できるものなら「昔に戻って若い頃の自分に紫外線の怖さを教えてあげたい!」と言いたいところですが・・・実はシミと言っても種類はさまざま。

必ずしも紫外線だけが原因とは限らないんです。


いくら美白化粧品でシミ対策を行っても全然効果がない!と言う場合には、シミのタイプに注目してみましょう。

シミの種類や原因を知ることで、より効果的なシミ対策が行えます。


シミの種類は?



一口に「シミ」と言っても、実は色々な種類があります。シミの種類について、詳しく見ていきましょう。

シミの種類1 日光黒子(にっこうこくし)

シミの中でも最も一般的なのが日光黒子(にっこうこくし)です。

薄茶~黒色の境界線がはっきりしたシミで、大きさは数ミリから1センチくらいです。


頬やこめかみなど、顔の中でも紫外線に当たりやすい箇所にできるのが特徴で、年齢を重ねるごとに増えていきます。

比較的、シミ対策が行いやすいタイプのシミなので、紫外線対策や美白スキンケア、美容皮膚科でのシミ治療も有効です。

シミの種類2 肝斑(かんぱん)

頬骨や鼻下、額など、目の周りを避けて左右対称に出来るのが肝斑(かんぱん)の特徴です。

ほほ骨に沿って広がるシミが多く、暗く老けた印象を与えてしまいます。肝斑は30~40代女性に多く見られます。


更年期の女性や妊娠中・ピル服用中など、女性ホルモンのバランスが乱れる際に起こりやすいシミだとされています。

シミの種類3 そばかす

そばかすは直径数ミリ以下のまるい小さなシミで、鼻を中心として頬全体に散らばります。

幼少期に出始めて思春期に特に目立つこと言、大人になるにつれて増えたり、色が濃くなる場合もあります。


外国人の子供のような、チャーミングな印象を受けるそばかすですが、このそばかすに悩んでいる日本人も多くいます。

遺伝的な要素が強く、シミよりもスキンケアで消すのが難しいと言われています。

シミの種類4 炎症後色素沈着

ニキビや虫刺されなど、肌の炎症が治った後に褐色のシミが残った状態を、「炎症後色素沈着」と言います。

このようなシミは紫外線にあたると色素沈着をおこしやすいので注意が必要です。


タオルでゴシゴシこするなど、肌に過度の刺激を与えることで、炎症の赤みが引いた後に跡が残ってしまう場合もあります。

洗顔やクレンジング、フェイスマッサージは優しく丁寧に行うよう心掛けましょう。


シミの原因は?



シミの原因にはどんなものがあるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

シミの原因1 紫外線

シミの最大の原因は、何といっても紫外線です。紫外線を多く浴びてしまうと、メラニンが過剰に生成されてシミの原因となります。

メラニンはお肌に入ってきた紫外線を吸収して、細胞が痛むのを防ぐ働きをします。


しかしこのメラニンが代謝されずに肌に残ってしまうと、シミになってしまうのです。

紫外線を浴びる量が少なくなればメラニン色素の生成もゆるやかになります。


日焼け予防だけでなく、シミ予防の観点からも、UVケアは非常に大切です。

シミの原因2 肌の炎症

ニキビが治ったと思ったのに、茶色くニキビ跡として残ってしまった経験ありませんか?

ニキビに限らず、かぶれや火傷、蚊に刺されによって色素沈着して、シミになってしまうことがあります。


ニキビが出来やすい人や肌荒れを起こしやすい人は、跡に残らないようにしっかりとケアする必要があります。

炎症を起こすほどではなくても、肌を強くこするなどの刺激はシミや色素沈着の原因になります。

シミの原因3 加齢

シミの原因となるメラニン色素は、ターンオーバーと共に外へ排出されます。

しかし年齢によって上手くターンオーバーが成されなかった場合、シミとして残ってしまうのです。


自分に合った化粧品を使ってしっかり保湿すれば、肌のターンオーバーが正常に行われて、シミが改善しやすくなります。

シミの原因4 ストレス

一見無関係のように思えますが、ストレスもシミの原因になることがあります。

ストレスを溜めることで発生する活性酸素は、メラニンを過剰に生成します。


また活性酸素は、体の酸化を促し老化を早める働きもあります。

シミ対策を行う時は、紫外線やスキンケアに気を配るだけでなく、ストレスフリーな生活を送ることも大切です。


下記の記事では、これまでに挙げたシミの原因や種類以外にもいくつか紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。


<シミの原因・種類に関する記事>


シミを作らないための対策は?



シミに色々な種類や原因があるように、シミ予防や美白ケアにも、様々な方法があります。

まずは自分のシミがどのタイプであるのかきちんと把握して、自分に合ったお手入れを心掛けましょう。

対策1 紫外線を避ける

日差しが強い時間帯は外出を避ける、日焼け止めをこまめに塗り、日傘や帽子などで日差しをさえぎることが大切です。

また紫外線をたくさん浴びてしまった後は、化粧水でしっかり保湿するなどの対策も忘れないようにしましょう。

対策2 肌荒れを防ぐ

ニキビや吹き出物ができると、痕が残ってシミになってしまう可能性があります。

ニキビや吹き出物ができやすい人、カサカサして炎症が起きやすい人は、クレンジングや洗顔の方法を見直してみましょう。


クレンジングや洗顔では、肌をこすりすぎないようにすることも大切です。

虫刺されや火傷もシミになりやすいため、早めに適切な対処をする必要があります。

対策3 規則正しい生活をする

シミができてしまっても、肌のターンオーバーが正常に行われていれば、シミは次第に薄くなっていきます。

肌の代謝が滞っていつまでもシミが残っていると、色素沈着が起こって余計にケアが難しくなります。


肌の調子を整えるビタミンやタンパク質をしっかり取るなど、バランスの良い食生活を心掛けましょう。

またストレスが溜まるとニキビや肌荒れ、メラニンの過剰生成の原因にもなります。


規則正しい生活をして肌への負担を減らし、ストレスがある場合は積極的にリフレッシュしましょう。


ここまで、シミの種類や原因、対処法を見てきました。

紫外線対策や生活習慣だけでなく、正しい化粧品選びも美白を手に入れる近道となります。


色々なタイプの美白化粧品がありますので、しっかり比較して自分に合った化粧品を見つけましょう。

 シミを消す化粧品、失敗しない選び方は?