シミを消すには美容外科・皮膚科へ行くのが一番?



美容外科でのシミ治療と言うと、費用は高額だけど、あっという間にシミ取りができるというイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

加えて、お医者さんによる治療であるため、失敗がほとんどなくリスクが非常に低いと考える方が多いと思います。


ですが、残念なことに美容外科や皮膚科のシミ治療は、皆さんが考えるほど万能ではありません。期待していた効果が得られない可能性もありますので、シミ治療を検討している方は注意が必要ですよ。


ここでは、そんな美容外科・皮膚科で行うシミ治療やそのメリットやデメリットについてご説明します。


美容外科・皮膚科ではどんなシミ治療があるの?

美容外科・皮膚科では、ボトックス注射、ヒアルロン酸注射など様々な美容メニューがありますが、シミ取りが目的で行われるのは、レーザー治療やフォトフェイシャル、ケミカルピーリングなどが代表的です。

他にも、美白有効成分の外用薬や内服薬によってシミ治療を行うケースもあります。

レーザー治療



レーザー治療と一口に言っても種類は様々あります。

炭酸ガスレーザーや、YAGレーザー、Qスイッチルビーレーザーなど、いずれもシミであるメラニン色素に反応するレーザーを用いて表皮や真皮にあるシミをピンポイントで攻撃し破壊する治療法です。


それぞれ特徴は微妙に異なりますので、シミの種類や費用、痛みの有無など自分の症状や希望に合わせて治療法を導き出します。

即効性がありシミへの効果が高い反面、費用やダウンタイム、失敗の可能性など様々なリスクがあることを理解しておく必要があります。

フォトフェイシャル

フォトフェイシャルとは、レーザーよりも肌に優しいIPLと呼ばれる光を使用して行われる光治療のことで、レーザーと同様にメラニン色素に強く反応する性質を利用してシミやそばかす、赤みなど様々な症状に働きかけます。

顔全体に光をあてられることや、肌のダメージが少なく、痛みやダウンタイムのリスクが少ないことなど色々なメリットがあり、最近人気のシミ治療です。

ケミカルピーリング



ケミカルピーリングとは、グリコール酸や乳酸、リンゴ酸など自然界に存在する酸を使用して、お肌の古い角質を除去する施術です。角質を落とすことでターンオーバーが促され、新しい皮膚へと生まれ変わります。

表皮に近い薄いシミであれば解消することも可能です。シワやニキビへの効果もあり、レーザーに比べて挑戦しやすいですが、強い薬剤を直接肌につけるため、施術後は赤みや腫れ、乾燥を伴い、刺激に弱い敏感肌に陥るリスクもあります。

<関連記事>
【お肌の生まれ変わり】ターンオーバーと美白・シミの関係

シミ治療薬

シミ治療薬として皮膚科などで処方されているものの一つにトランサミンがあります。

トラネキサム酸を主成分とするトランサミンは、止血剤やアレルギーの炎症緩和薬としても使用されている薬ですが、色素沈着を防ぐ効果が認められているため、シミ治療にも利用されています。

最強の美白成分と言われるハイドロキノンよりも安全性が高い成分であるため、シミ治療薬として人気がありますが、止血作用があることから服用には注意が必要です。



美容外科・皮膚科で行われるシミ治療について、下記でさらに詳しく紹介しています。こちらも合わせてご覧ください。

美容外科・皮膚科でのシミ治療、関連記事



美容外科・皮膚科へ行く前に知っておきたい!シミ治療のメリット・デメリット

様々な対策を行っても消えないシミには、最後の砦として美容外科・皮膚科でのシミ治療に頼りたくなりますよね。しかし、先ほどからお話しているように、シミ治療は想像しているほど万能なものではなく、リスクがつきものです。

「失敗した・・・!」と後悔しないためにも、美容外科・皮膚科へ行く前に知っておきたいシミ治療のメリット・デメリットについてご紹介いたします。


美容外科・皮膚科でのシミ取り、メリットは?



まず美容外科や美容皮膚科でのシミ治療のメリットについて説明します。

(1)効果が高い

1つ目のメリットは、やはりその効果の高さにあります。

どんなに効果の高いしみ化粧品を使っても、濃いシミの場合、そのシミを完全に消す事は簡単なことではありません。

ですが、シミのレーザー治療に成功した場合、ほぼ完全にシミを消し去ることができます。

(2)即効性がある

美容外科でのシミ治療の第二のメリットは、より短期間で効果を上げられることです。

顔にできた濃いシミの場合、いくら効果の高い美白化粧品を使っても、そのシミがある程度薄くなるまでに1年以上かかる場合もあります。

ですが、レーザー治療を行った場合、 遅くてもだいたい3から4ヶ月程度でシミを消すことが可能です。言うまでもないことですか、シミがあるだけで女性の見た目年齢はぐっと上がります。


たとえ費用がかかっても、より短期間でまたより完璧にシミを消したいと思うのは、女性であれば当然でしょう。こうしたこともあり、美容外科や美容皮膚科は一部の女性から高い支持を集めているのです。

<関連記事>
【諦めないで】濃いシミを消す!美白ケアの方法は?


美容外科・皮膚科でのシミ取り、デメリット・欠点は?



次に美容皮膚科でのシミ治療のデメリットについて説明します。

(1)費用が高額

1つ目のデメリットは、やはり費用が高額であることです。

保険適用が効かないこともあって、費用が50万から100万円になることも珍しくありません。

ある程度お金にゆとりのある女性ならば簡単に支払うこともできるかもしれませんが、一般の女性からすれば簡単に払える額ではありませんよね。


また、困るのは料金体系が分かりづらいことです。事前にHPで価格表を見てから行ったのに、実際に治療を受ける段階になって、色々とオプションを付けられ、当初の予算を大幅にオーバーしたなんて話を時々聞きます。

美容外科は確かに「病院」なんですが、同時に美容エステと同じ民間企業であるのです。

どの美容外科もそうだとは言いませんが、中には美容エステと同じくらい儲け主義に走るところもあり、治療以上の費用を請求されないよう注意が必要です。

(2)失敗のリスクがある

2つ目のデメリットは、 (より根本的な問題ですが)シミ治療に失敗のリスクがあることです。

具体的には、レーザー治療を受けることでシミが以前よりも濃くなってしまった、などと後悔する人は少なくないです。


例えば、シミの一種である肝斑(かんぱん)はレーザー治療では消せないと言われていますが、お医者さんが見立てを間違えて肝斑を通常のシミとしてレーザー治療を施してしまい、その肝斑が却って濃くなったと言う失敗例が時々見られます。

また、レーザーの出力が高すぎて、シミ周辺の肌に熱が及んで火傷を起こすケースも挙げられます。シミを消すための治療で火傷を起こしてしまっては元も子もありませんよね。

(3)お医者さんの腕にかかってる

3つ目のデメリットは、 2つ目と関連するのですが、お医者さんの腕次第でシミ治療の結果が変わってくることです。

これは美容外科のお医者さんに限らず、美容院などでもよく見られるトラブルですよね。こうした技術職は、その人の腕で結果が変わってきますのでクリニック選びには注意しなくてはなりません。


残念なことに美容外科のお医者さんの中にも、技術がイマイチな方がいらっしゃり、シミを満足に消せないケースがあります。

せっかく高額な費用を払っているのに、相応の効果が得られないのであれば納得がいかないのも当然です。


シミ治療を受けた後も美白化粧品によるシミ予防は効果的!



以上のように、美容外科や美容皮膚科でのシミ治療は万能ではなく、事前に知っておくべき事柄が様々あります。

高額な費用をかけたくない、余計なリスクは取りたくないなどの方は、よほど腕の良い美容外科の先生が見つからない限り、あえて選択しない方が良いかもしれません。


「そうは言っても、今まで使っていた美白化粧品も効果がなかったし、どうやったらシミ消しができるの」という方がいるかもしれません。

もしかしたらそれは、美白化粧品の選び方に問題があったのかもしれません。美白と謳っていても、美白化粧品にはシミを予防するタイプと、できたシミへ働きかけるタイプが存在します。


どちらのタイプか自分に合ったものを選択し、そのうえで美白有効成分がきちんと入っていることを確認しましょう。即効性はありませんが、肌を健やかに整えながらシミに働きかけてくれます。

当たり前ですが、美容外科や皮膚科でシミ治療が成功したとしても、シミが一切できなくなる訳ではありません。これまで以上にシミができないよう予防ケアに努めなくてはなりませんので、そんな場合も美白化粧品は役立ちます。


以下ではシミ化粧品の選び方やおすすめのアイテムについて紹介していますので、よかったら参考にしてください。

 シミを消す化粧品、失敗しない選び方は?