30代、シミが気になりだしたら・・・



「あれ、こんなところにシミが・・・」と、鏡を見て朝からショックを受けた経験がある30代女性も少なくないのではないでしょうか。

20代の頃には、徹夜や日焼けなどをしても、大したシミ対策をせずに乗り切れたのに、 30代になったらシミができやすくなった、という人も多いはずです。


お肌の曲がり角は20代半ばと言われていますが、実際のところ、シミの急増など明らかな変化を実感するのは30歳を超えてからだったりします。

ここでは、30代女性におすすめの美白(※)化粧品を紹介する前に、これから悪化する恐れのあるシミを予防するためにも、なぜ30代はシミができやすくなるのか、その理由について簡単にお話したいと思います。

(※):メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐこと

30代、シミが一気に増える原因とは?


(1)10代20代にUVケアを怠ったつけ

10代20代前半は、特にケアしなくてもお肌は良いコンディションが保たれていますよね。肌トラブルを強いて挙げるならニキビくらいでしょうか。

しかし、10代20代に浴びた紫外線は、積もり積もって20代後半~30代に現れ始めます。日中、たくさん太陽を浴びていた元運動部の方は特に注意したいところです。

(2)仕事のストレスや睡眠不足

30代となると仕事でも役職がついたり重要なポジションを任されるなど、今まで以上に仕事の責任が大きくなる年代です。そのため、ストレスを感じることも多く、忙しさも相まって睡眠不足に繋がりやすくなると言えます。

疲労や睡眠不足によって、肌のターンオーバーが低下すると、メラニンが排出されずシミができやすくなってしまいます。

(3)妊娠・出産によるホルモンバランスの乱れ

妊娠や産後など、女性ホルモンが崩れることで両頬など左右対称にぼやんとしたシミが現れることがあります。これは、「肝斑(かんぱん)」と呼ばれるシミで、ホルモンバランスの乱れが原因で起こります。

肝斑の場合は、レーザー治療は効果がなく、むしろ悪化する可能性もあるため行えません。肝斑の治療ではトラネキサム酸の内服が効果的で、自宅で行える対策としてはハイドロキノン入り美白化粧品によるスキンケアが有効です。



このように、シミの原因は紫外線だけではないことをちゃんと理解しておきたいですね。40代、50代になって後悔しないためにも、30代のシミ予防と美白ケアはとても重要になりますので、シミ・美白化粧品は慎重に選ぶことにしましょう。

ここでは、30代女性におすすめの美白化粧品を紹介しています。どの化粧品がいいのかわからない…とお困りの方は、ぜひこちらを参考にしてくださいね!


30代のためのシミ対策化粧品、人気ランキング

サエル(saeru)
サエル(saeru)

ポーラ・オルビスグループが開発した敏感肌専門の美白化粧品です。美白有効成分がたっぷり配合された美白クリームの評判が非常に高く、その人気ぶりは数々の美容誌で特集されている程です。低刺激でありながら頑固なシミにも効果的ですので、30代女性特有のゆらぎ肌の方でも安心して美白ケアができますよ。

アスタリフトホワイト
アスタリフトホワイト

フジフィルムの独自技術を活かして誕生した美白ケア化粧品です。ナノ化したアルブチン、ビタミンC誘導体といった美白成分が、シミの元となるメラニンに効果的に働きかけ、透明感を甦らせます。アスタリフトの代表成分であるアスタキサンチンやコラーゲンが加えられたことで、シミの予防だけでなく肌の弾力アップなどアンチエイジングにも期待できますよ。


ビーグレン(b.glen)
ビーグレン(b.glen)

ピーグレンの美白化粧品には、国際特許を取得した独自の浸透技術の他、最強の美白成分として名高いハイドロキノンやビタミンA・Cの力でシミのない透明感溢れるお肌を導き出してくれます。テレビCMなどの広告媒体を使っていないのに美白化粧品としてこんなに人気があるのは365日の返金保証といった安心性がひとつの理由かも知れませんね。



エファージュ
エファージュ
サントリーが提供するエイジング(※1)化粧品です。人気の秘密は独自に開発した「ラビス™」と呼ばれる酵母エキスです。 年齢肌のために開発された化粧品で、肌にハリを与えるとあって、40代以上の女性から特に高い評価を得ています。 
※1:年齢に応じたお手入れのこと

トライアルセットは2種類ありますが、美白(※2)タイプを選ぶと良いでしょう。 
※2 :メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐこと

ラグジュアリー・ホワイト
ラグジュアリー・ホワイト
人気女性雑誌40誌以上に掲載された実力派の美白化粧品です。女性の皮膚科医によって開発されたラグジュアリーホワイトシリーズ。美白の効果はもちろんのこと、女性目線から作られた高級感のあるテクスチャーや香りはたまりません。コスメの口コミサイトでの評価が高い所も魅力的ですね。



「30歳になって、肌の質感が変わった」82%



化粧品メーカーの日本ロレアルが、2011年に30代・40代の女性に、肌質に関するアンケート調査を行いました。

こちらのアンケートの結果、大部分の女性が30歳になる頃には自分の肌の質感が変わったと感じているようです。また半数近くの女性が、スキンケアに使うお金・時間が増えたと回答しています。


繰り返しになりますが、女性にとって30代は大事な時期です。10代20代で知らず知らずのうちに溜めこんだ肌にとっての悪い習慣がある日突然、「シミ」「しわ」「くすみ」となって現れてくるのが30代です。

ここで諦めずに、そういったお肌の邪魔者たちとどう戦うかでこれからの肌年齢が決まる分かれ道です。


ですので、30代という時期のスキンケア次第では、40代・50代になってお肌の質のちがいに差が出ることも珍しくありません。

20代の頃のような肌を取り戻すことはできなくとも、同年代の女性たちに憧れられる素肌を目指したいものですね。あとあと後悔しないためにも、お肌のお手入れには気をつけましょう。


 30代のためのシミ対策化粧品は?


目立つ前に予防を!シミ対策と同時に行いたい30代のしわ対策!



最近はとっても若々しい素敵な30代女性が本当に多いですよね。

若々しく見えるポイントって実は色々あるんです。


くるくる変わる表情や、華やかなカラーの洋服にメイク、またスマートな体型や背筋をぴんと張った美しい姿勢に気を使うことで、周りの人達に若々しい印象を与えることができます。

そして、もっとも若々しいと感じる理由は、やはり「お肌」が重要であることは間違いありません

シミやくすみのない透明感あふれるお肌はもちろん、毛穴レスでシワのないつるんとした陶器のようなお肌は女性の永遠の憧れですよね。


「シワ」は、30代ではまだ心配している方が少ないお肌の悩みではありますが、スキンケアは早め早めに行って損はありません。

シミもそうですが、特にシワは出来てしまったらそう簡単に改善できるものではありません。それにシワは、メイクでも隠せないからさらに老けた印象を与えます。

まだ大丈夫と思っていたら、数年後にはシワだらけに・・・なんて恐ろしいことにならない為には、シワが気にならない30代のうちに、まだ見ぬしわの対策を徹底的に行う必要があるんです。



シミやしわって全く別物のように見えて出来る根本的な原因はだいたい同じです。

それは、「紫外線」や「乾燥」です。

しわには、別名笑いじわと呼ばれる目元や口元にできやすい表情じわや、それとは反対に表情をあまり動かさないことでできる筋肉老化じわなどいろいろタイプがありますが、ここでは紫外線じわや乾燥じわについてご紹介いたします。

紫外線じわ

紫外線じわとは、シミを作り出すのがUV-B波であるのに対して、UV-A波が原因です。

UV-A波とは、お肌の奥深くにある真皮層まで届き、ハリの源であるコラーゲンを壊されることによって肌はゆがんでしわができます。

20代のうちはいくら紫外線ダメージを受けても、再生する力があるのでしわはできにくいのですが、30代になるとその再生能力はグンと下がってしまいます。


ですから、紫外線じわを防止するには、今まで以上に紫外線対策を入念にする
ことが大切です。

日焼け止めクリームは、一年中欠かさずに塗るようにしてください。


しかし、紫外線の量は季節によって異なりますので、SPFやPAの数値がちがうものを用意して使い分けることがポイントです。

紫外線の強い春から夏にかけてはSPF30~50・PA+++のもの、紫外線が弱い秋から冬にかけてはSPF20・PA++のものがおすすめです。


日焼けしてしまったときはビタミンCを摂るように心掛けましょう。ビタミンCの多い野菜・果物、サプリでもかまいません。また、ビタミンC誘導体が含まれた化粧品でケアすれば、しわだけでなくシミ対策にも心強いですね。

乾燥じわ

乾燥じわは、お肌に潤いがなくなることで肌表面はカサカサになり、細かいしわしわができ始めます。

それは、ちりめんじわと言って最初はあまり気にならないほどの小さなしわなのですが、ちりめんじわがどんどん増えることによって大きな目立つしわに変化していきます。


このような乾燥じわを防ぐには、お肌にたっぷりと水分を与え保湿することが大切です。

保湿効果の高い化粧品を使用したり、空気が乾きやすい冬、夏はクーラーがきいて室内は乾燥しやすいので、化粧品をスプレーボトルに入れて乾燥が気になる時にシュッと吹きかけるなどの対策をとりましょう。


ちなみに乾燥は、肌のバリア機能を低下させ紫外線を受けやすくなるので、シミができやすい状態でもあるんです。

つまりしわを防ぐことは、しみ防止にも効果的というわけです。

いつまでもお肌の若々しさをキープするためには、最低でもこの2つのポイントはしっかりと心得ておきたいところですね。


ここで紹介している美白化粧品は、保湿力に優れていて乾燥対策にばっちりですし、また出来てしまったシミ対策にも良いのでシミ・しわダブルでケアしたいという方におすすめですよ。

30代のためのシミ対策化粧品は? 
 詳しくはコチラ

40代のためのシミ化粧品は? 
 詳しくはコチラ

50代のためのシミ化粧品は? 
 詳しくはコチラ