シミ化粧品選びでお悩みの方

シミ対策の化粧品、失敗しない選び方は?



女性なら誰だって色白美肌に憧れますよね。

シミひとつでも、あるのとないのとでは印象はだいぶ違ってきます。顔がくすんで見えるのはもちろんですが、人によっては5~10歳老けて見られてしまうこともあるんです…!!


そんな憎きシミを解消するのにぜひ利用したいのが、美白(※)化粧品です。最近では、美白成分や浸透技術もバージョンアップし、より効果的にシミにアプローチできる美白化粧品も増えてきました。

ここでは、シミに悩む女性におすすめの美白化粧品を紹介していますが、さらに美白効果を高める3つのポイントについても併せてお話したいと思います!

(※):本サイトにおける「美白」とは、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐことです。

美白になるための3つのアイテム!


UVカットグッズ

美白の基本はやはりUV対策にあります。晴れた日や夏場だけ入念にケアするのではなく、紫外線は毎日降り注いでいる訳ですから、365日欠かさずに行わなくてはなりません。

とは言え、天気や季節によって紫外線の量は異なりますので、それに応じた対策を心がけることが大事です。


例えば、紫外線が強くなる春夏は、日焼け止めの他に帽子や日傘、ストールなどを利用してお肌をカバーします。

紫外線が落ち着く秋冬は、SPF30以下の日焼け止めを使用したり、UVカット機能のついた上着を身に着けるなど、その時々に合わせて調整しましょう。

活性酸素に対抗する食材・サプリ

シミの原因の1つに挙げられるのが、活性酸素です。

活性酸素は増えすぎてしまうと美容だけでなく、健康にも影響が出てしまうため、活性酸素からカラダを守ることは重要です。

守る働きのある成分で最近注目されているのが、サケやカニなどに含まれる「アスタキサンチン」です。

ビタミンCと相性がいいので、食材やサプリなどを利用して積極的に補いたいですね。

有効成分の入った美白化粧品

すでに美白化粧品をお使いの方も多いと思いますが、思うような働きを得られていない方も多いのではないでしょうか。

美白化粧品と一口にいってもタイプは様々です。シミを予防する成分が入ったもの、できたシミを薄くする成分が入ったものなどがあり、目的によって選ぶべき美白化粧品は変わってくるのです。


シミの予防や今あるシミのケア、どっちもしたい!という方は、ビタミンC誘導体が配合された美白化粧品がおすすめです。

さらに効率良く美白成分をチャージするためには、セラミドやヒアルロン酸等の保湿成分も見逃せませんよ!


下記では、そんなシミに悩む女性のために、おすすめの人気美白化粧品を紹介しています。美白化粧品をお求めの方はぜひ参考にしてくださいね。

シミ対策の化粧品、総合ランキング

サエル(saeru)


ポーラ・オルビスが開発した敏感肌専用の美白化粧品です。刺激が弱い割に、美白・保湿・UVケアの美肌対策をバランスよく行ってくれるため、お肌が弱っていると感じてる方は試してみる価値があると思います。トライアルは1,260円で30日の全額返金保証付きです。

トライアル価格:1,480円(約10日間)
配合成分:ビタミンC誘導体(美白成分)、コウキエキス、アルカニエキス(ともに抗酸化成分)他
商品構成:ローション14ml、クリーム9g、デイミルク7g


アスタリフトホワイト
アスタリフトホワイト

フジフィルムから誕生した美容スキンケアブランド「アスタリフト」の美白シリーズです。独自開発したナノ化技術によって、有効成分が角質内部まで浸透し、効果的にシミの元に働きかけます。美白成分、アルブチンとビタミンC誘導体の他、アスタキサンチンやコラーゲンと言った肌ハリ成分も入っている為、エイジングと美白の両方のケアが可能になります。

トライアル価格:1,080円(5日分)
配合成分:アルブチン、ビタミンC誘導体、アスタキサンチン、コラーゲン他
商品構成:先行美容液0.5g×10包、美白化粧水20ml、美白美容液5ml、美白クリ―ム5g、UVクリア美容液(下地)0.7g×5包 

ビーグレン(b.glen)
ビーグレン


テレビCMなどを売ってないのに、その商品力から購入者の高いリピート率を誇る人気の美白化粧品です。人気の秘密は、国際特許を取得した、独自の浸透技術を化粧品に採用し、抜群の浸透力を実現している点です。どの年代層からもまんべんなく評価が高いのも特徴です。全商品、365日の返金保証あり。


トライアル価格:1,944円(7日分)、本体価格:25,380円(4点セット)
配合成分:ハイドロキノン、高濃度ビタミンC、シムホワイト377
商品構成:ホワイトローション、ホワイトエッセンス、ホワイトクリーム1.9、モイスチャーリッチクリーム


ポーラ ホワイトショット
ポーラ ホワイトショット

創業以来、美白にこだわり続けてきたポーラ自信の美白美容液です。本来私たちが持っているセルフクリア機能に注目し、ビワの葉から抽出した新成分SCリキッドを取り入れ美白を強化しました。その他有効成分には、ルシノールやビタミンC誘導体を配合。保湿ケアしながら透明感溢れる素肌へと導きます。

価格:全顔用16,200円(税込)、部分用12,960円/7,020円(税込)
配合成分:SCリキッド(ビワの葉から抽出したオリジナル美容成分)、ルシノール、ビタミンC誘導体…他
商品情報:全顔用ホワイトショットCX(25ml)、部分用ホワイトショットSX(レギュラーサイズ20g/ジュニアサイズ10g)


ラグジュアリー・ホワイト
ラグジュアリー・ホワイト

女性の皮膚科医が市販のシミ化粧品に満足できず、利用者目線で自ら開発した美白化粧品です。女性雑誌で度々紹介され、最優秀コスメ大賞を受賞したこともある実力派コスメです。現在、トライアルセットを割安で購入できます。化粧品の口コミサイトでも常に高評価です。

トライアル価格:1,890円(1週間弱、6,500円相当)
配合成分:ハイドロキノン、ビタミンC誘導体、ヒアルロン酸、カンゾウ根エキス他
商品構成:化粧水20ml、薬用美白美容液8g、スポット美容液3g、洗顔料20gほか



シミに効く化粧品を選ぶ、3つのポイント!



長いこと美白化粧品を使ったけれど働きを全然実感できなかった…と、期待を裏切られてしまった方も多いのではないでしょうか。その原因は、もしかしたら化粧品の選び方を間違えていたのかもしれません。

美白化粧品と一口にいっても含まれている美容成分は様々で、配合量も違えば働きも異なってきます。


美白化粧品=シミを消してくれる化粧品とイメージしている方もいるかと思いますが、シミが増えるのを予防することを目的とした美白化粧品もありますので、自分の目的に合った化粧品を選んであげることが大切です。

では、一体どのようにして見分ければ良いのか?というと、やはり注目すべきは配合成分です。


以下では、美白化粧品を選ぶ上で重要な成分含む3つのポイントを挙げましたので、ぜひチェックしてくださいね。


(1)美白有効成分は入ってる?


医薬部外品の美白有効成分

美白成分も様々ありますが、現在日本で美白有効成分として認可された成分は20種ほどとなっています。ここでは、その中から主要な5つの美白有効成分について簡単にご紹介したいと思います。

美白有効成分 特徴・働き
アルブチン コケモモやウワウルシの葉などから抽出される成分です。シミの元であるメラニン生成を阻害する働きがあるため、シミ予防に効果的です。
ビタミンC誘導体 ビタミンCを、皮膚に吸収されやすい状態に加工した成分です。肌を守る力があり、シミやそばかすの予防に効果的です。
トラネキサム酸 人工的に作られたアミノ酸化合物で、シミの予防に有効です。また、女性ホルモンの影響が原因とされる肝斑にも効果を発揮します。
プラセンタエキス 豚や馬などの胎盤に含まれる成分で、アミノ酸やミネラル、ビタミンなど豊富な栄養を有しています。皮膚の代謝を促す働きがあるため、美白効果の他、アンチエイジングにも効果的です。
コウジ酸 日本酒や醤油の製造過程で発生するコウジ菌が作り出す成分です。メラニン生成に携わるチロシナーゼという酵素の働きを抑制するため、シミの予防に有効です。

<関連記事>
厚生労働省が認める、9つの美白成分

現在は未認可だが大注目の美白成分

化粧品への配合は認められていても、医薬部外品としてまだ認可されていない美白成分もたくさんあります。その中でも、近年その高い美白効果から究極の美白成分と言われているのが「ハイドロキノン」です。


・ハイドロキノン

イチゴやブルーベリーなどにも含まれる成分で、漂白作用が高いことから皮膚科や美容クリニックでは、ハイドロキノンクリームとして主にシミ治療の際に処方されています。

最近では薬事法の規制が緩和されたことで、市販でもハイドロキノン入り化粧品を購入することができるようになりました。


ハイドロキノンは一般的な美白成分よりも何十倍もの美白効果があると言われていますが、配合濃度によっては白斑やかぶれなどの副作用が出る恐れがありますので注意しなくてはなりません。

当サイトで紹介しているハイドロキノン入り化粧品は、いずれも安全性の高い濃度で配合されていますので、安心してお使いいただけます。


(2)お肌を潤わす保湿成分は入ってる?



シミができる原因の一位は紫外線です。私たちの肌は本来、紫外線からお肌を守るための防御反応を持っています。しかし、水分がお肌が乾燥した状態ではそのバリア機能が低下します。

つまり、お肌の乾燥は紫外線に対する抵抗力が落ちてしまい、その結果シミができやすくなってしまうのです。


また、お肌がカピカピに乾燥した状態では、美白成分の浸透も悪くなりいくら高い化粧品を使っても、働きは半減してしまうでしょう。

そのため「シミを作らない・増やさない」、「美白成分をグングン取り入れたい」のであればお肌の保湿は絶対です。なので保湿効果は、長時間持続するものを選ぶべきなのです。そこで重要になってくるのが保湿成分です。

【美白効果を高める保湿成分】

・セラミド

セラミドはもともと皮膚の最も表面にある表皮に存在している成分で、水分を蓄える役割を担っています。しかし年齢と共にその量は減少してきます。

乾燥による肌のバリア機能の低下は、まさにこのセラミドの減少が大きく関係しており、美白効果を高める他、お肌の健康を守るためにも、化粧品などで外から補ってあげる必要があります。


・ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、真皮に存在するゼリー状の成分で、コラーゲンやエラスチンと一緒に肌の弾力や水分を保持する役割があります。40代後半になるとその量はガクんと減少しますので、エイジングケア(※)のためにも欠かせない保湿成分の一つです。

<関連記事>
シミ美白と保湿の関係は?

(※):年齢に応じたお手入れのこと

(3)【敏感肌の方は必見!】肌に優しい低刺激処方になってる?



たとえシミのない美白肌が叶う化粧品だとしても、お肌に刺激を与えてしまっては意味がありませんよね。最近ではオーガニック化粧品が流行っていますが、みなさんの中にも成分を気にして化粧品を選んでいるという方も多いのではないでしょうか。

美白化粧品と言うと、刺激が強くて敏感肌の人には使えない、といったイメージがあるかと思います。しかし、今は敏感肌で悩む女性は急増している背景もあり、成分にこだわった低刺激処方の美白化粧品もたくさん登場してきています。


低刺激処方かどうか見分けるポイントは二つあります。

一つは、ハイドロキノンを配合していないこと。上でも紹介した通り、肌が強い方にはぜひおすすめしたい成分ですが、肌が弱い方には刺激が強すぎる可能性があります。そのため、敏感肌の方は有効成分にビタミンC誘導体を配合している美白化粧品を選ぶのが安心です。

二つ目は、敏感肌専門ブランドであることです。敏感肌のために開発された化粧品であれば、植物エキスなど低刺激成分にこだわった化粧品作りが行われているため、美白化粧品でも肌トラブルのリスクが少ないスキンケアが行えるでしょう。

 シミ化粧品のおすすめは?


そもそもシミの原因って何なの?効率的なシミ美白対策は?!



シミの原因と言って思いつくのは、やはり紫外線ですよね。

では、なぜ紫外線を浴びることでシミができてしまうのか、次ではそのメカニズムについてご紹介しましょう。


シミができるメカニズム

シミの元とよく言われているのがメラニンですが、これは表皮の中のメラノサイトという場所から作られています。

普段、私たちが目にしている皮膚は、わずか0.1~0.3㎜ほどの厚みしかない表皮というもので、外側から角質層・顆粒層・有棘層・基底層の四つの層からできています。


メラノサイトはこのうちの基底層に存在します。紫外線を浴びることで、表皮からメラノサイトへ指令を出し、チロシナーゼという酵素の働きによってメラニンが作り出されるのです。

しかし、これは肌を守るための至って正常な反応であり、メラニン=悪者と決めつけてしまうのはまだ早いです。問題なのは、メラニン色素が過剰に生成されてしまうことなのです。

メラニン色素が過剰になる原因



メラニン色素が過剰に作られてしまう要因はメラノサイトの活性化にあります。このメラノサイトを活性化させてしまう刺激物質には、以下のようなものがあります。

  • 紫外線
  • 活性酸素
  • 衣類などによる摩擦
  • 湿疹やかぶれ
  • 火傷や切り傷などの外傷

この中で特に注目したいのは活性酸素です。


活性酸素とは、体内に侵入した菌から体を守る働きがあり、健康において欠かせないものです。これが適量であれば、人体にとって有り難い存在なのですが、必要以上に増えてしまうと、健康や美容に影響が出てしまいます。

このダメージを和らげてくれる物質として期待されているのがメラノサイトであり、活性酸素が増えることでメラノサイトが活性化し、メラニン色素が沢山作られるようになってしまうのです。

<関連外部サイト>
ポーラプレスリリース(2012/11/20)


活性酸素は、紫外線やストレス、喫煙、飲酒、電磁波、睡眠不足など身近に潜む様々な要因によって増加しますので、気を付けなくてはなりません。

<関連記事>
なかなか消えないシミの原因は加齢とストレスが問題かも!

ターンオーバーの乱れに要注意

若い頃は紫外線をいくら浴びてもシミができなかったのに。今は気を使っているのにシミは増える一方・・・そんなお悩みを抱えている女性も多いのではないでしょうか。


その原因は、ずばりターンオーバーの乱れにあると言えます。

皮膚細胞は、表皮の一番下にある基底層から誕生し、細胞分裂によって有棘層や顆粒層、角質層へと押し上げられていきます。古い角質層はそのタイミングで剥がれ落ち、表皮は新しく生まれ変わります。これをターンオーバーと呼びます。


メラニンが生まれても、古い角質層と一緒に剥がれ落ちるため、本来であればお肌にシミは残りません。しかし、何らかの原因によってターンオーバーの周期が乱れると、古い角質と共にメラニン色素は肌に残り、シミやくすみとなって現れるのです。

ターンオーバーの乱れは、加齢やストレス、心身の疲労、ホルモンバランスの崩れなどが主な原因です。

<関連記事>
【お肌の生まれ変わり】ターンオーバーと美白・シミの関係


さっそく今日から始められるシミ美白対策!!



上で述べた通り、シミを作らせないためには、メラニン色素生成に繋がる活性酸素の過剰発生を抑えることとターンオーバーの周期を整えることが何より重要です。

その点を踏まえた上で、今日から始められるシミ美白対策についてご紹介いたします。

紫外線対策

美白ケアにおいてまず第一に取り組みたいのは、やはり紫外線対策です。


紫外線は活性酸素を生み出し、メラニン色素を作り出します。年齢を重ねるとともにターンオーバーが遅れがちになるため、紫外線を浴びることでシミやくすみに繋がりやすくなります。

紫外線は365日地上に降り注いでいますので、毎日の紫外線対策が大切になってきます。そして、最も効果的で手軽にできるのが日焼け止めクリームによる対策です。


日焼け止めは、2度塗りが基本です。汗や水で落ちてしまう場合があることと、1度塗りではムラができて、まだらに日焼けしてしまう危険性があるためです。紫外線の強い夏場は3時間おきに塗り直してあげるのがベターです。

また、使用する日焼け止めクリームの量が少ないというケースも多いです。顔にはだいたい500円玉ほどの量を使い、顔全体に満遍なく塗りましょう。このほか、帽子や日傘など、UV対策グッズを利用することもお忘れなく。


<関連記事>
日焼け止め効果をアップさせる方法は?

食事による美白対策



シミの原因となる活性酸素を抑制するためには、毎日の食生活も重要になってきます。

食材には様々な栄養成分がありますが、美白のために積極的に摂取したいのが、ビタミンAやビタミンC、ビタミンE、リコピン、アスタキサンチンなどの守る力のある成分です。

美容成分 含まれる食材
ビタミンA
  • にんじん
  • ホウレンソウ
  • かぼちゃ…など
  • ビタミンC
  • ブロッコリー
  • パセリ
  • レモン
  • じゃがいも…など
  • ビタミンE
  • いわし
  • たらこ
  • モロヘイヤ
  • 赤ピーマン…など
  • リコピン トマト(ジュースやケチャップなど加工品でも可)のみ
    アスタキサンチン
  • エビ
  • カニ
  • イクラ…など
  • 健康と美容のためには栄養バランスのとれた食生活が基本です。栄養の偏りが出ない程度に、毎日の食事でこれら美容成分を意識して摂るようにしましょう。

    <関連記事>
    美白対策、シミ改善に良い食材と注意したい食材は?

    睡眠による美白対策



    そして、睡眠の見直しも重要になってきます。シミを残さないために大切なのがターンオーバーであることをお話しましたが、これは睡眠中によってもたらされます。

    「美肌は睡眠中のゴールデンタイムに作られる」という話を耳にしたことありませんか?これは、成長ホルモンの分泌が最も多くなる22時~2時までの時間帯を指します。


    成長ホルモンとは、体の成長を促したり、皮膚細胞の分裂や再生が盛んになる物質で、つまりは肌のターンオーバーを整えるために必要不可欠なものです。

    紫外線をたくさん浴びてしまっても、睡眠によって成長ホルモンの分泌が高まれば、ターンオーバーの働きでシミの元は古い角質と一緒に排出されるため、シミのない美白肌に近づくことができるでしょう。


    そのため、夜更かしが多い方は早寝を心がけたり、眠りの浅い方は睡眠の質を高めるよう対策をとることが大切です。

    <関連記事>
    【寝る子は綺麗!】シミ美白と睡眠の驚くべき関係とは?!

    スキンケアによる美白対策



    シミ予防や今あるシミのケアのためには、スキンケアにも力を入れる必要があるでしょう。

    美白化粧品に即効性を求める方も多いと思いますが、1度ケアしただけでは実感を得られませんので、毎日コツコツとケアを続けることが重要になってきます。


    クレンジングはたっぷりの量で優しく肌に馴染ませてからメイクをオフしましょう。少ない量だと肌に摩擦を起こしてシミの原因になってしまいます。

    オイル、ミルク、クリーム、ジェルなど様々なタイプがありますが、相性がありますので、サンプルなどで試して自分に合うものを選ぶことをおすすめします。


    化粧水の浸透を良くするためにも、毛穴の汚れや皮脂は洗顔でしっかりと落としましょう。クリーミーでたっぷりな泡を作り、その弾力を利用して肌に負担をかけることなく洗いあげます。

    その後は、美白化粧水、美白美容液、乳液、クリームで美白保湿スキンケアを行います。


    加齢やストレスなどでターンオーバーが乱れてしまうと、古い角質は肌に残ったままの状態ですので、美白化粧品で入念にお手入れしても、せっかくの美白有効成分が浸透できなくなります。

    その場合は、ピーリング作用のある石鹸や化粧品を使用して、古い角質を剥がしてあげるケアも必要になってくるでしょう。


    働きを実感するまで、だいたい3か月ほどかかると言われていますので、焦らずに、こうした美白スキンケアをコツコツ続けてみてください。

     シミ化粧品のおすすめは?


    即効性を求めるなら、やっぱりレーザー治療?



    美白化粧品でシミへの効果を実感するまでには、どうしても時間がかかるものです。

    美白化粧品による美白ケアは、手軽にできて、シミの改善はもちろん予防に効果的だったり、アンチエイジングにも繋がる点などが大きなメリットだと言えますが、「来月までに確実にシミを消したい!」と、第一に即効性を求める方も少なくないと思います。


    その場合は、やはり美容外科クリニックや皮膚科での美容治療に頼るしか方法はありません。

    長年の悩みが1日にして解消できるのであれば、高い費用を払ってでも治療を受けたいと考える方も多いはず。シミ美白の最後の砦と考える人もいるかと思いますが、美容クリニックにもデメリットはあります。


    あとあと後悔しないためにも、私たちが思うほど美容治療は万能でないことを理解しておかなくてはなりません。

    レーザー治療のメリット

    ・即効性がある

    どんなに高価な美白美容液を使ってケアしたとしても、濃いシミを完全に消すことは難しいでしょう。しかし、クリニックのレーザー治療であれば、短期間で綺麗にシミを消すことができます。

    術後、10日ほどでかさぶたになって剥がれ落ちます。患部が治癒し、シミが薄くなったことを実感できるのは3か月ほど経過してからです。半年も経てば、ほとんど見えないほどシミは消滅していくでしょう。


    ・シミをピンポイントに除去できる

    レーザーは、黒い色素に反応する特性があるため、気になるシミをピンポイントでアタックすることができます。シミのない皮膚にはダメージを与えないため、効率良く

    レーザー治療のデメリット



    ・1回では終わらない

    小さなシミや薄いシミ、イボのように膨らみのあるシミの場合は、1回の治療で綺麗になりますが、真皮に及ぶ深いシミや濃いシミの場合は、複数回の治療が必要になります。

    化粧品による美白ケアに比べて早く効果が現れますが、それでも数か月はかかってしまうことは理解しておきましょう。


    ・費用が高い

    シミにも様々ありますが、美容目的のシミ治療の場合は保険が適用されないため、数万~数十万の費用がかかってしまいます。

    肝斑にも有効とされて今人気の「フォトシルクプラス」は、1回の施術で4~5万円かかりますので、全5回の施術となるとトータルで20~25万円はかかるでしょう。

    <関連記事>
    シミ治療、フォトシルクプラスの経過や効果、リスクを教えて!

    下で紹介するリスクを考えると、なかなか手が出ない金額ではないでしょうか…。


    ・シミが悪化する場合がある

    術後の肌はとても敏感な状態ですので、シミもできやすくなります。患部が紫外線に当たってしまうと、メラニン色素が増殖してシミが濃くなる炎症性色素沈着に見舞われる場合があります。

    また、シミの種類も様々ですので、症状にあった適切なレーザーを選ぶ必要がありますが、中には皮膚科医でも見分けの難しいシミもあります。


    間違ったレーザーで治療を行った場合も、濃いシミへと悪化する可能性がありますので、クリニック・医師選びは慎重にならなくてはなりません。


    ・周りにバレる可能性も

    施術後は、1週間ほど患部に絆創膏などテープを貼って保護する必要があります。また、絆創膏が剥がれた後も、シミがとれた箇所は他の肌色と異なるピンク色をしており、馴染むまで数か月を要します。

    そのため、シミ治療をしたことが周りに気づかれやすいという点もデメリットです。


    <関連記事>
    顔のシミ取り、レーザー治療のリスク


    レーザー治療と比較して。美白化粧品によるシミ美白ケアのメリット!


    (1)今あるシミのケアとシミ予防が同時にできる!

    レーザー治療は、ピンポイントに気になるシミを取り去ることができますが、シミを予防する働きはありません。シミが取れたとしても、紫外線対策を怠るとシミが再生するリスクは高まります。


    美白化粧品であれば、メラニン色素の発生を抑える成分が配合されていますので、今あるシミのケアと、新しいシミを作らせない予防ケアの2つを同時に実現することが可能です。

    (2)周りにバレずにシミ美白できる!

    レーザー治療は即効性があるとはいえ、患部が自然な状態に落ち着くまで早くても3か月は要します。

    そのため、シミ治療をしていることが周りの人にバレてしまう可能性がありますが、美白化粧品は少しずつ働きを実感できますので、誰にもバレずに美白肌へと導くことができるでしょう。

    (3)リスクが少ない

    レーザー治療は、必ずしも成功する訳ではありません。失敗した場合は、今までよりもシミが濃くなってしまったり、火傷を起こす場合があります。高い効果が期待できるとはいえ、高額な費用を払うのですからこうしたリスクは絶対に避けたいものです。

    美白化粧品は、配合成分によって合う合わないがありますが、敏感肌の方でも安心して使えるよう低刺激処方の商品が増えてきました。


    肌に合わなかった場合でもシミが濃くなるようなことはありませんし、今はトライアルセットで使い心地を確認することもできますので、少ないコストで自分の肌との相性を見極めることができます。


    レーザー治療を受けるのには抵抗がある・・・という方は、ぜひ下記のランキングページを参考にして、美白化粧品を試してみてください。

    国認定の美白有効成分もばっちり配合されていますので、本格的な美白スキンケア化粧品を求めている方にもおすすめです。

     シミ化粧品のおすすめは?




    【当社運営サイト】
    脱毛サロン、部位別の人気ランキング!
    脱毛しようと思ったら、脱毛サロンでやってもらうのが一番です。ですが、どの部位を脱毛してもらうかによっても、オススメの脱毛サロンは違います。ここでは、部位別の脱毛サロンを人気ランキング形式で紹介します。


    ニキビ跡を消す化粧水、選ぶなら?
    ニキビ跡の化粧品は数が多すぎて迷ってしまいますよね。このサイトは、ニキビ跡に悩む方のために最適な化粧品・化粧水・美容液を紹介する情報サイトです。


    ほうれい線を消す化粧品、おすすめは?
    法令線・しわは、女性の肌年齢が衰えてきたことを示すサインです。ほっておいて自然に消えることは決してありません。でも、そのためにはどんな化粧品・美容液・クリームを使えばいいのでしょうか?ここでは、ほうれい線対策の化粧品の選び方を紹介します。